引越し業者の選び方と大手引越し業者を費用・サービス別に比較した結果

引っ越し業者はいくつもあり、いざ引っ越しを行おうとしたときに、どの引っ越し業者を選んでいいかわかりませんよね。

インターネットで口コミなどを調べても、どの引っ越し業者も良い評価と悪い評価に別れてしまいます。

実は引っ越し業者の選び方にはコツがあります。ここではそのコツと、引っ越し料金を相場よりも安くするための方法について紹介しますので、引っ越し業者選びの参考にしてください。

引っ越し業者の選び方

最低限行いたい引っ越し業者の選び方

引っ越し業者には基本的に店舗や窓口はありません。

ただ急に電話で依頼するとなると何をどこまで聞いたり伝えていいかわからず、結局業者の言われるがまま損した料金で契約してしまいかねません。

引っ越し一括見積もりサイトならあらかじめ決まった必要事項を入力し、あとはあちらからのアプローチを待つだけなので誰でも簡単に引っ越し依頼することができます。

損をしないためにも最低限行いたい引っ越し業者の選び方が次のとおりです。

引っ越し業者の選び方

  • 多くの業者から相見積もりをもらう
  • プラン内容で決める
  • 大手か地元業者両方を比較する
  • 引っ越し料金の見積書はなるべく多くの業者さんからもらった方がいいですが、各業者に電話で一件一件お願いするのではなく、インターネットがあれば、引越料金比較サイトから複数の業者の見積もりが取れますので、利用されることをおすすめします。

    そして荷物の量によって変わりますが、やっぱり自分で梱包した方が安くなります。

    大手引っ越し業者を費用・サービス別に比較


    相見積もりをお願いする業者を最大10社までに絞るわけですが、業者にどういったプランがあるのかもあらかじめ把握しておくことで業者も絞りやすくなります。

    タイプ別に引っ越し業者のポイントを比較して紹介します。

    荷物が少ない単身引っ越しの場合

    単身者の場合は、比較的荷物も少ないことが多いと思いますので、あらかじめ引っ越し業者もパック料金を設定してありますので紹介します。

    ヤマトホームコンビニエンス

    プランと価格(関東同一市区内)
    単身引越サービスフルサイズ
    1BOX(1.04m×1.04m×1.7m)
    最安12,000円〜
    単身引越サービスミニサイズ
    1BOX(1.04m×1.04m×1.30m)
    最安11,000円〜

    ※すべて税抜き、割引適用後の最安価格の場合

    日通

    プランと価格
    単身S
    1BOX(1.08m×0.74m×1.55m)
    最安15,000円~
    単身L
    1BOX(1.08m×1.04m×1.75m)
    最安16,000円~

    ※すべて税抜き、割引適用後の最安価格の場合

    赤帽

    プランと価格
    単身引っ越し標準プラン
    ・ペットと引っ越しプラン
    最安15,000円〜
    単身引っ越し節約プラン最安13,500円〜

    ※すべて税抜き、割引適用後の最安価格の場合

    単身者の場合は、比較的荷物も少ないことが多いと思いますので、あらかじめ引っ越し業者もパック料金を設定してあります。

    各引っ越し業者の詳細はこちら
    【クロネコヤマトの引っ越しプラン&サービス】引っ越しする利点と注意点とは日本通運の引っ越しサービスの引越しプラン&サービス徹底調査赤帽引越しの口コミと評判からわかる赤帽の仕組み

    家族での引っ越しは大手の特徴をつかんで比較

    次に、家族での引っ越しの場合です。大きな荷物もあることが多いので、引っ越し業者にお願いすることも考える人が多いと思います。

    この場合、荷物の量が家庭によって様々ですので、訪問見積もりが必須になります。

    ここで大手引っ越し業者ごとのサービスについて紹介します。

    サカイ引越センター

    サカイの引越しプランは次の6コースから選べます。

    プラン
    らくらくコースプレミアム荷造りから荷解き、新居の掃除まですべての引っ越し作業をサポートしてくれるプランです。
    らくらくAコース荷造りから荷解きまでの引っ越し作業をサポートしてくれます。引っ越したその日から普段の生活ができます。
    らくらくBコース荷造りは作業員が行い、大型の荷物以外の荷解きを自分で行うプランです。
    らくらくCコース一番荷物で大変な食器と大型の荷造りと荷解きを作業員が行ってくれます。自身で荷造り荷解きします。
    せつやくコース大型の家具・家電のみを梱包から設置まで行ってもらえるプランです。小物荷物は自身で荷造り荷解きします。
    建て替えコース自宅の建て替えやリフォームなどで荷物を長期間預けたい方のためのプランです。
    特徴

    最上クラスのらくらくコースプレミアムでは、梱包・荷解き作業だけでなく引っ越し後6ヶ月以内に3回新居のダスキンお掃除サービスがついてきます。

    梱包材は無料で貸し出してくれますが、段ボールの引き取りは1,000円かかります。

    どのコースにも「10分サービス」とう引っ越し完了後の10分間手伝ってほしいことや、掃除などをしてくれます。

    アート引越センター

    アート引越センターでは以下の4つのコースから選べます。

    プラン
    おまかせパック大型の荷物だけを梱包から設置まで行ってもらいたい等引っ越しの基本作業を選んで依頼できるコースです。
    学割パック学生のためのお得プランです。入学や就職で実家から引っ越す場合、実家へ帰省する際などの利用におすすめです。
    レディースパック女性スタッフだけで引っ越しを行ってくれる珍しいプランです。女性の方で一人暮らしを始める方には安心のプランです。
    シニアパック60歳以上から利用可能のプランです。整理・整頓などをアドバイスを受けられます。
    特徴

    上記のコースでは、さらに作業内容によって基本コース、ハーフコース、フルコースが選べるので細かいコース設定で費用を安く抑えることも可能です。

    レディースパックというのは、女性の引っ越しスタッフによるサービスで、女性の衣料や荷物にはデリケートなものにも対応できます。

    シニアパックでは、60歳以上の人のいる引っ越し専用で、溜まってしまった思い出の品などを整理するために、暮らしの整理士がアドバイスをしてくれます。

    日通

    日通の家族の引っ越しは次の3コースから選べます。

    プラン
    セルフプラン小物の荷造り荷解きは自身で行うプランです。大型荷物の梱包からセッティングは作業員が行います。
    ハーフプラン荷造りは作業員が全て行い、荷解きだけ自身で行うプランです。
    フルプラン荷造りから荷解きまですべて作業員に行ってもらえます。
    特徴

    近距離の同日の引っ越しにかぎりますが、反復資材のレンタルを行っており、食器用トランクやシューズボックス、ハンガーボックスと梱包に困ることも多いものを、簡単に梱包できる独自のものがあります。

    各プラン&サービスに関することは以下の記事でも解説しています。
    アート引越センターの引越しプラン&サービス徹底調査サカイ引越センターの引越しプラン&サービス徹底調査日本通運の引っ越しサービスの引越しプラン&サービス徹底調査

    引っ越しで無理は禁物

    プラン選びを慎重に行い、引っ越し費用を上手に節約しましょう。節約も大事ですが時間が無い方や体力に自身がない方は無理をせずにフルコースやおまかせプランを依頼し無理のないように引っ越しを完了させましょう。

    地域密着の引っ越し業者にも魅力がある

    テレビCMでよく耳にする、大手の業者さんを選ぶ人も多いとは思いますが、ただ聞いたことがあるというだけで選ぶのも、注意が必要だと思います。

    テレビCMを放送しているということは、それだけ費用を使っているということです。

    長距離なら大手のほうが安心ですが、近距離の場合は最低1社には地元引っ越し業者の現地見積もりに来てもらいましょう。

    地元の小さな引っ越し業者は広告などをあまり出していないため、大手よりも引っ越し料金の下げ幅に余裕があります。

    不安もあるかも知れませんがきちんと保険に加入している引っ越し業者なら心配はいりません。

    例えば、東京や千葉では下記のような地域密着型引っ越し業者があります。

    • らくーだ引越センター
    • まつり引越サービス
    • アップル引越センター
    • 町の引越屋さん
    • ワクワク引越サービス
    大手と違い、それぞれ引っ越し対応エリアが絞られてしまいますが、そのエリアに関しては経験豊富なプロですし、なにより大手より費用も安くですませられるのなら是非検討してみたいところです。

    引っ越し一括見積もりサイトをチェック

    東京都内の単身引っ越しはまつり引越サービス
    【まつり引越サービスの口コミと評判】引っ越しプラン&サービス徹底調査

    良い引っ越し業者の探しの流れとコツ


    最終的に一つの引っ越し業者に絞るために必ずやってもらいたいのが、引っ越し一括見積もりサイトを利用して相見積もりをもらうことです。

    相見積もりとは?
    同業他社から同じ条件で見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。

    相見積もりをすることで複数の業者の料金を比較することができるので、最も安く良い条件の業者を選ぶことができます。

    一括見積もりを利用したときの引っ越しの流れ

    STEP.1
    見積り依頼(4〜10社)をする
    STEP.2
    簡易見積りをもらう
    STEP.3
    訪問見積り依頼する業者を絞込む
    STEP.4
    訪問見積りを(3〜5社)してもらう
    STEP.5
    業者を確定し予約する

    この流れはどの引っ越し見積もりサイトを利用しても同じです。

    次にそれぞれのポイントと注意点を紹介します。

    見積り依頼をする

    まずは最初の見積依頼の段階でなるべく10社近くに見積もりを依頼をします。会社規模や方針が似ていないバラエティ豊かに絞り込みましょう。

    大手ばかり4社集めても、それぞれの見積金額が高いため、競い合ってもそれほど見積金額は下がりません。

    大手2社、中規模1社、地元密着1社という構成にしておくと、引っ越し業者から入ってくる情報にも偏りがなく、いい見積りができます。

    簡易見積りを出してもらう

    引っ越しを行うときに一括見積もりを依頼すると各社、簡易見積もりを出してきます。

    利用者はこの簡易見積もりを基準に引っ越し業者の絞込をおこなうのですが、簡易見積もりの金額があいまいだったり、「見積金額は現地を見ないと出せない」と言ってくる引っ越し業者がいます。

    「この条件で簡易見積もりをください」と言っているのに、「引っ越し料金は120,000円〜」のような書き方をして「現場を見ないとわからない」という業者はすでにコミュニケーションが取れない引っ越し業者ということになります。

    また、似たような金額の2社がある場合は、できるだけ見積もり内訳が明確になっている引っ越し業者から選びましょう。

    訪問見積もり依頼する業者を絞込む

    実際に訪問見積に進めるのは3〜5社程度になります。訪問見積もりを行ってもらう業者の絞り方ですが、まず簡易見積りで他社よりも圧倒的に高い金額を提示してきた引っ越し業者はここで除外します。

    相見積もりだとわかっているのに、明らかに高い金額を提示する引っ越し業者は、最初から「断りのための見積もり」か、後から大幅な値引きでお客さんを獲得しようと考えている業者です。

    ネットで引っ越し業者の口コミや評判を見ても、本当に良い業者かどうかは実際に話してみないとわかりません。実際には交渉を行ったり、訪問見積もりをしていく過程で引っ越し業者を選ぶことが大切です。

    訪問見積り(3〜5社)をしてもらう

    いよいよ訪問見積もりです。訪問見積もりの際は次のことに注目してみてください。

    • 営業担当者が信頼できるか
    • 利用できる特典やサービスが豊富にあるか

    引っ越しを気持ちよく出来るかどうかの50%近くが、引っ越し業者の営業担当者にかかってきます。

    脅すような口調の人もいれば、平気で嘘をつく人もいます。そんな中から、「この人なら任せられる」と思える営業担当者のいる引っ越し業者を選びましょう。

    また、引っ越しに必要なダンボールを無料でくれたり、引っ越しで出たゴミを無料で回収してくれるような引っ越し料金に見えてこないプラスアルファのサービスをどれだけ受けられるかも有能な業者なら自ら説明してくれるはずです。

    注意
    見積もりをしてもらってもすぐに返事をしない
    引っ越し費用の見積り時に、ほぼ全員の営業マンが「いま決めてくれたら、この金額だけど、後になるとわからない」と言って決断を迫ってきます。

    この場合は、「複数の業者に見積もりをお願いしているので今日か明日必ず回答するので待ってください」とはっきり伝えます。

    業者を確定し予約する

    引っ越し見積もり明細
    訪問した営業マンの態度や簡易見積りに近い金額かそれより安くなっているかなどを考慮し、一つの業者に絞ります。

    例えば引っ越し代は最安値だけどエアコンの設置費用が高いという場合や、荷物の総量制限を超えると割高な追加料金がかかるなどがあるので必ず正確な明細を確認しておきます。

    明細を見てサービス内容と料金に納得ができたら業者に連絡し、引っ越し予約は無事完了となります。

    おすすめの引っ越し一括見積もりサイトの紹介

    引っ越し一括見積もりサイトにも提携引っ越し業者数が多いところや、そのサイトだけの特典がついていたりとさまざまですので、ここでおすすめの引っ越し一括見積もりサイトを紹介します。

    1

    引越し侍


    最もオススメしたい引っ越し一括見積もりサイトが引越し侍です。

    引越し侍は270社以上(2019年3月現在)の引っ越し業者と提携しており、提携業者は一括見積サイトの中ではダントツで、引っ越し業者紹介件数3,110万件以上の実績と36,355件以上の良い口コミも悪い口コミも紹介しているので業者選びの参考にする方も多くいます。

    引っ越し準備に必要な知識や情報も豊富に紹介しているため引っ越しをあまりしたことのない初心者の方には特におすすめです。

    また、大手の引越し業者だけでなく地元の引越し業者などから相見積もりを行うため、費用をとにかく安く抑えたい方や長く付き合いたい安心できる業者を探したいという方にもおすすめします。

    引っ越し一括見積もりサイトをチェック

    2

    引っ越し達人セレクト


    引っ越し達人セレクトは、見積もりサイトの中でも最大55%OFFになるため割引率が高いのが特徴です。

    引っ越しの達人210社以上の引っ越し業者と提携しており、大手の主要引越業者はもちろん抑えておあります。

    引っ越し条件を入力することでおすすめの引っ越し業者をピックアップして業者の特徴や口コミをわかりやすく解説してくれているので、業者が多すぎて迷ってしまうときにオススメです。

    オススメする引っ越し業者を実際に利用したお客様の口コミやオプションプラン、サービス内容をその場ですぐにチェックできるので、自分の引っ越しに合った業者を見つけられますし、特典も豊富です。

    引っ越し達人セレクトで一括見積もりをする

    3

    LIFULL引っ越し

    もう一つ紹介したいのがLIFULL引っ越しです。登録業者数が130社以上(2019年3月現在)と少なめですが、主要な引っ越し業者はもちろんおさえてあり、格安の「赤帽」も見積もり可能ですので、荷物が少ない単身の引っ越し時にオススメしたいサイトです。

    またレディースプランやシニアプランなど、自分に合ったプランから業者を探すことができます。

    LIFULL引っ越しは利用時の特典も多く、特典を組み合わせることで最大50%も引っ越し料金を下げることが出来るのもLIFULL引っ越しを利用するメリットのひとつになります。

    今ならこちらのサイトから見積もりをして引っ越しをされた方へ最大10万円キャッシュバックのキャンペーンを行っています。

    LIFULL引っ越しで一括見積もりをする

    まずは引っ越し一括見積もりサイトで引っ越し業者と接点づくり

    冒頭でもお伝えしたとおり、最初に一つの業者に絞って依頼すると相場がわからず業者の言い値で契約してしまい、人に言えないような大損をしかねません。

    ただ、それを回避しようと別の業者1社1社に電話するのはやはり大変です。そこで引っ越し一括見積もりサイトを利用して、複数の引っ越し業者との接点をここで作るのです。

    いずれも少なくとも4社以上の相見積もりを出してもらうにしてください。

    引っ越し費用を安く抑えるテクニック


    引っ越し一括見積もりサイトを利用すれば何もしなくても相見積もりで安い業者を探すことができることがわかりましたが、どうせなら最安値を狙いたいですよね。

    ここで少しでも見積り金額を安くおさえるテクニックを紹介しますので、交渉が苦手な方や最終的な業者選び時に是非参考にしてみてください。

    基本的な見積り金額を安くする初級テクニック

    引っ越し見積もりサイトで簡易見積りを出してもらうわけですが、見積もり画面の入力の際に以下のことに注目すると最初から値段を下げることができます。

    基本的に安くおさえるコツは引っ越し時期と荷物の量をとにかく減らすことと、荷造り・荷解きなどの引っ越し作業の一部を自身で行うことで費用を抑えることができます。

    • 時期(閑散期のほうが繁忙期より安い)
    • 距離(近いほうが安い)
    • 荷物の量(トラックの大きさにより費用が変わるため、少ないほうが安い)
    • 必要な作業員数(少ないほうが安い)
    • 荷造り(業者に頼まず自分で荷造りをするほうが安い)
    引っ越しのタイミングを調整するのも一つのポイントです。少し時期をずらすことで料金に違いがでます。

    特に、繁忙期の3月、4月の引っ越しは避けましょう。閑散期にくらべて2倍近く費用が高くなってしまいます。

    引っ越し費用が安くなると言われている時期は6月、11月、2月は人の動きが最も少ないためそちらと比べてみるのがいいでしょう。

    また、梱包を自分で行うことで作業員数を減らせるので費用を安く抑えることができます。

    引っ越し業者に梱包を頼んだ場合の追加料金の目安

    1K~1LDK(単身)1万円~2万円
    2DK~3LDK(夫婦・カップル)2万円~4万円
    2LDK以上(家族)3万円~5万円

    さらに引っ越し費用を安くする中級テクニック

    ここからは実際訪問見積もり際に役立つ交渉テクニックになります。

    基本的に、引っ越し日や時間帯などを引っ越し業者におまかせにすると安くしてくれます。しかし、そのためにはこちらのスケジュールを調整しなくてはいけなかったりするため、とにかく費用を安く抑えたいという方向けの方法になります。

    • 引っ越し日までのスケジュール(早く決めたほうが安い)
    • 引っ越し日の候補(多いほうが安い日を選べる)
    • 引っ越し日の曜日(平日のほうが土日祝日よりも安い)
    • 引っ越しの時間帯(時間指定なしのフリー便が安い)
    • そのほかの希望(業者におまかせにするほうが細かく指定するよりも安い)
    引っ越しの日は変えたくない場合は、時間指定無しのフリー便で依頼してみましょう。

    引っ越し業者の都合のいい時間に引っ越しをしてもらうことで、引っ越し料金を下げることが可能です。

    見積依頼時には幅を持ったスケジュールで提案してみましょう。

    最後に引っ越し費用を安くする上級テクニック

    ここでは価格競争も限界かなと思ったところからあと1万円安くなるための引っ越し業者の選び方を紹介します。

    • 他社を引き合いにして交渉(訪問見積もりの際に相見積もりであることをあらかじめ伝えておく)
    • 一発勝負の見積金額を提示してもらう(その業者が設定できる最安を提示させる)
    • 地元密着タイプの引っ越し業者に依頼する(コストパフォーマンスに長けている)

    これを繰り返すかは依頼者しだいですが、最初に1社目が見積もりを出してくれたら、2社目にはその金額を提示します。1社目の見積もり金額より安く見積もりを出してくれるか、安くするための提案をしてくれるはずです。これを繰り返していきます。

    交渉が面倒な方は、一発勝負の見積金額を提示してもらいましょう。引っ越し業者にあとからの値引きのチャンスを与えないようにするのです。

    これは依頼先決定後にしつこく言ってくるのを回避する効果もあります。

    また近距離引っ越しの場合は、最低1社には地元引っ越し業者の現地見積もりに来てもらいましょう。大手よりもサービス内容は劣りますがその分料金が格安です。

    引っ越し一括見積もりサイトをチェック

    特殊な引っ越しに対応した業者の探し方

    引っ越しには、海外への引っ越しやオフィスや病院の移転、ピアノやペット、仏壇など特殊な荷物の運搬などもあります。

    こういった特殊なケースはどの引っ越し業者でも請け負ってもらえるわけではないので、簡易見積もり依頼の段階で伝えて対応している業者のみと交渉を行います。

    オフィスや海外引っ越し


    オフィスの引っ越しとなると、荷物がとにかく多いのと、機器の配線関係も重要で複雑になってくるので、オフィスの移転先のレイアウトなども引っ越し業者に任せたいという会社がほとんどです。

    これらの場合費用も重要ですが、担当者がどれだけ海外やオフィスの引っ越しについて熟知していて、痒いところに手の届く存在になり得るかを見ておきたいものです。

    オフィス引っ越し対応業者
    • ヤマトホームコンビニエンス
    • アート引越センター
    • 日通引越センター
    海外引っ越し対応業者
    • ヤマトホームコンビニエンス
    • サカイ引っ越しセンター
    • 日通引越センター
    オフィスや海外の引っ越しについて詳しくはこちら
    法人や個人事業主の引越し料金はどこまで経費?勘定科目は?海外への引越し費用相場と見積もりが安いおすすめの業者ランキング

    ペット・ピアノ・仏壇の引っ越し

    一般的な家庭に置かれているピアノや仏壇は分解や組立が必要な場合があるため業者によって断られることもあります。

    また、ペットなどの生体は管理が難しいため通常の引っ越し業者では運搬できません。犬や猫などのペットは飼い主と一緒に自家用車や公共機関などで移動も可能ですが、小動物や水槽はそうはいきません。

    しかしほとんどの業者が専門業者と提携しており、引っ越し業者を窓口として依頼することも可能です。

    万が一提携していない場合は専門業者をあらためて探すしかありません。

    ピアノ、仏壇、ペットの引っ越しについて詳しくはこちら
    【ピアノの引っ越し方法】運送にかかる種類別費用相場と運搬業者の選び方【仏壇の引っ越し料金相場と移動方法】引越しができる業者はどうやって探すのか犬や猫などペットと引越しする時に注意するポイントと必要な手続き

    簡易見積りは書類選考、訪問見積りは面接と考える


    簡易見積もりをもらって訪問見積をしてもらうことで、最終的な見積もりが出てくるのですがここで金額が大幅にアップしたとしてもそこに対して怒ってはいけません。

    家の前までトラックが入れない住宅であったり、想像以上に荷物が多かったりと、ちゃんと査定をしたから出せる正しい見積もりがあります。

    引っ越し料金を安くるための最大のポイントは相見積もりによる交渉です。

    引っ越し業者が出してきた見積もりをそのまま比較するのではなく、他の引っ越し業者が安い値段を提案するチャンスを作ることで、もう一段安い引っ越し料金の提案をしてもらえますので、しっかり交渉をして引っ越し料金をさらに1万円安く下げてもらいましょう。
    引っ越し一括見積もりサイトであれば、幅広いタイプの引っ越し業者の相見積もりができますので、無駄な交渉を減らすことができます。

    引っ越しの予約以外にも、引っ越し当日までにやっておきたいことは他にも多くありますので、時間に余裕を待って、自分にあった引っ越し業者を選べるようにしてみてください。