ピアノは引越しの時にどう運ぶ!?業者の運び方やお値段とは?

のでしょうか。ピアノは調律師がいることからもわかるようにとても繊細な楽器なので、振動を与えたり、動かしたりすると音が狂ってしまう可能性があります。

キーボードタイプの電子ピアノなら自分たちで新居まで運べるでしょうが、アップライトピアノやグランドピアノは家庭用の車には乗らないので、「どうやって運ぼうか」と悩んでいる人もいると思います。とはいえ、ピアノを所有したまま引っ越す方法はあります。

安全に安く引越しをしたい人に役立つ情報です

ピアノは安いものでも、新品で買えば10万円以上の値段がします。さらに高級なグランドピアノであれば、100万円どころか1,000万円以上の値段が付くものもあります。そんな大切なピアノなので、「引越しをした時に壊れてしまった」ということは絶対に避けたいですね。

とはいえ、引越しの際は他の家具の引越し費用や、不用品の処分費用など何かと費用が発生します。そのため、「引越し費用はできるだけ安く抑えたい」という人もいるでしょう。なので、この記事では、あなたの大切なピアノを安全に安く新居まで運ぶための情報をまとめました。

せっかくの引越しなのに、新居についたら「運送中にピアノが壊れていた」という経験をしたくない人はぜひ参考にしてください。

引越し業者と専門業者の違い

ピアノの引越しに関しては、ピアノの運送を専門で行っている業者がいます。果たして、このピアノの運送を専門で行っている業者と通常の引越し業者の違いはなんなのでしょうか。そこには大きく分けて以下の違いがあります。

「わざわざ、ピアノだけ別の業者に頼むのは面倒」と思っている人もこれを読めば、ピアノの運送を専門に行っている業者に依頼をしたくなると思いますよ。

楽器に関する知識

引越し業者の人は、引越しや荷物を運ぶプロですが、残念ながら、楽器であるピアノに関しての専門知識は持っていません。そのため、ピアノをどんな風に運べばいいのか、どんな風に取り合えばいいのかということを把握してはいないでしょう。

それに対して、ピアノ運送を専門に行っている業者は、専門業者ゆえにピアノに精通しています。そのため、取り扱いも安心してお願いすることができるでしょう。餅は餅屋ということで、ピアノの運送に関しては、引越し業者にお願いするより、専門業者に頼んだ方が良いと思います。

クリーニングサービス

ピアノは大型の楽器のために見える部分以外の掃除がおろそかになっている可能性があります。埃が入るのひゃ仕方ないですが、ピアノの中に虫の卵が入っていたり、ネズミのすみかになっている場合もあるようです。さらに、湿気が多いためにピアノの中で、金属部分が錆びたり、カビが繁殖していたりしている場合もあるそうです。

なので、ピアノの業者に頼めば、新居への引越しの際にピアノクリーニングをしてくれます。これも専門業者だからことできる技ですね。「調律は定期的に頼むけど、クリーングはしばらくやっていない」という人はぜひ、専門業者の方に「運搬と一緒にクリーングサービスもお願いできますか」と確認をしてみましょう。

移動後の調律サービス

ピアノは繊細な楽器なので、運送後は音を整えるために調律が必要になる場合があるようです。そんな時、ピアノの運送を専門で行っている業者に依頼した場合は、ピアノの調律も合わせてやってくれます。なので、運送後に調律師の人を自分で探してくる手間が省けます。

専門にやっているだけあって、通常の引越し業者にはないサービスがあって、便利ですね。

引っ越しの際の運送方法

引越しの際のピアノの運送方法にはどんな方法があるのでしょうか。運送方法としては、通常の引越し業者のようにトラックにピアノを積み込んで運んでいく方法もあれば、それ以外の特殊な運送方法もあります。なので、この章では、それぞれの運送業者についてお伝えをしていきます。

トラックで運搬する場合

もっとも一般的な方法です。新居や現在の住宅が特殊な状態でない場合、ピアノに傷がつかないようでにカバーをして、トラックに乗せて運送をします。「トラックで運んで大丈夫なの?」と感じるかもしれませんが、そこは専門業者なので、ピアノを安全に運ぶために傷がつきにくいような仕様が施されたトラックで運んでくれるようです。

解体して運搬する場合

「新居の入り口が狭くて、ピアノが入らない」という場合もあるかもしれません。そんな時はどうするのでしょうか。そんな時は、ピアノを解体して運びます。特にグランドピアノは幅があるので、入り口に入れることができないっばいがあるので、グランドピアノを引越し先に送る際はお世話になる搬送方法でしょう。

なお、ピアノをすべてバラバラにするわけではなく、必要な幅に応じて本体からパーツを外して、搬入するようです。

グランドピアノは分解して運搬ができると聞いたのですが、各パーツはどれくらいの大きさまで分けることができるのですか?また、玄関から真正面の部屋だったら、部屋の入り口が特別大きくなくても入れることは可能ですか?

脚とペダルを外して、本体を縦にして運搬することができますので、一般家庭のドア(幅90cm弱、高さ180cm弱)や廊下を通すことは可能です。
玄関の真正面の部屋だったら、ほぼ大丈夫じゃないでしょうか。

新居の入り口を見て「ピアノが入れられるのか?」と感じていても、解体して細かいパーツにして、搬入できるなら安心ですね。

クレーンを使う場合

ピアノの搬送にクレーンを使う場合があります。どういう場合かというと、現在の住まいが2階なので、ピアノを1階に下ろす場合です。または、新居の2階の部屋にピアノを設置したい場合です。ピアノを外から、2階に入れるので、「本体と足を外しても、階段にピアノが通らない」という場合も安心ですね。

運搬後の音色の変化

「引越し後にピアノの音色が狂ったりしないの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。いくら無傷で搬送が終わったとしても、肝心の音色が狂っていたら、嫌ですよね。

実際にピアノを搬送した人の声によれば、搬送後に調律をしてもらうので、搬送前と音色は変わらないようです。音色を変えることなく、ピアノを運ぶあたりは、さすが専門業者ですね。「引越しをしたいけど、ピアノの音色が変わらないか心配」という人も安心してピアノの運送の依頼をできると思います。

ピアノ種類ごとのお値段の違い

それでは、引越しの際のピアノの運送を業者い頼んだ場合の料金はどれくらいなのでしょうか。お値段はピアノの種類ごとに変わります。ピアノと言っても、さまざまな種類があるので、ピアノごとに大きさも違うので、料金が違うのも当然でしょうね。

種類は大きく分けて、グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーンの3種類に分けることができます。それぞれの運送料金についてみてきましょう。

グランドピアノ

電子ピアノやアップライトピアノなどさまざまな種類があるピアノの中でも、最も高い位置に位置するのが、グランドピアノです。グランドピアノは本格的にピアノに取り組む人なら、「自分も自分のグランドピアノが欲しい」と思ったのではないでしょうか。

先述の通り、グランドピアノは1,000万円以上のお値段がするものがあるほど、高級な楽器です。そんなグランドピアノの運搬の料金はいくらなのでしょうか。相場としては、30,000円〜70,000円ほどのようです。値段は距離によって変化するようです。

アップライトピアノ

アップライトピアノとは、グランドピアノを限られたスペースで演奏できるようにとコンパクトにしたピアノのことです。グランドピアノがピアノ線が水平方向に張られているのに対して、アップライトピアノはピアノ線が縦方向に張られているのが特徴です。楽器としての表現力はグランドピアノの方があるとされています。

そんなアップライトピアノの運搬にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか。料金の相場としては、20,000円〜40,000円ほどのようです。グランドピアノと比べてコンパクトなので、費用もグランドピアノに対して安くなっているようですね。

エレクトーン(電子オルガン)

皆さんはエレクトーンが楽器の名前ではないと知っていました。「え!エレクトーンって楽器じゃないの」と思ったかもしれません。エレクトーンとは、株式会社ヤマハの商標で、電子オルガンを表したものです。

しかし、電子オルガンといば、エレクトーンというほど名称が普及しているので、電子オルガンのことをエレクトーンと呼ぶことが多いようです。

そんな、エレクトーンの運送の費用はどのくらいなのでしょうか。料金の相場としては、10,000〜30,000円ほどのようです。グランドピアノやアップライトピアノに比べて、料金が安いのは、エレクトーンは電子楽器なので、調律が不要のため、運送後の調律代が発生しないからでしょう。

特殊作業とは

ピアノの運送作業の中には、特殊作業と呼ばれるものがあります。これは、どんな作業かというと、エレベーターを使った作業やクレーン車を使った作業のことです。それぞれ追加で作業料金がかかります。特殊作業の料金相場もピアノ種類によって変わります。

クレーン車を使う場合

クレーン車を使う場合の料金相場以下のようになっています。ここでは、1階ごとにかかる料金をお伝えします。ピアノの種類にもよって値段が変わりますが、1階にごとに安ければ2,000円ほど、高い場合は1階ごとに8,000円ほど費用がかかるようです。

エレベーター

エレベーターを使う場合の料金相場以下のようになっています。クレーン車と同じく、1階ごとにかかる料金をお伝えします。

1階にごとに安ければ2,000円ほど、高い場合は1階ごとに8,000円ほど費用がかかるようです。

なお、アップライトピアノは他の2つに比べて、ピアノの幅が他の2つに比べてコンパクトなので、エレベーターで運びやすいため、料金が安くなる傾向があるようです。もともと、グランドピアノをコンパクトにするために作られたピアノだけのことはありますね。

価格や費用を安くする方法とは?

ピアノの運送料金や価格を安くする方法はあるのでしょうか。引越しの際は何かと費用がかかるため、できるだけ料金を抑えたいですよね。それには、著者のオススメの方法があります。

複数の業者に見積もりを出してもらう

「引越しをしたいので、ピアノの運送の見積もりをお願いします」と業者に頼めば、ピアノの運送の見積もりを出してくれます。現在は無料で見積もりを出してくれるところや、以下のサイトのように一括で見積もりを出してくれるサイトもあります。

一社だけで申し込みを決めるより、複数の業者で見積もりを出して、一番条件が良いところを選ぶというのはオススメの方法です。一社だけで決める場合に比べて、他の業者にも見積もりを出してもらうことによりやすくピアノを運送してくれる業者に出会いやすくなるでしょう。

ただし、「一番安いところを選んだらサービスが酷かった」ということにならないように、見積もりの金額だけではなく、サービスの内容も比較することをオススメします。安さで選んで、ピアノが雑に扱われてしまっては業者に運搬を依頼した意味がなくなってしまうからです。

まとめ

いかがだったでしょうか。ピアノの運送を専門で行っている業者があるとご存知でしたか。ピアノは持ち主にとってかけがえのない大切な楽器ですので、引越しの際は、安全に新居まで運びたいですね。

「引越しをしたいけど、ピアノの新居への移動をどうしようか」と悩んでいる人は、一度専門業者の人のへ相談することをオススメします。プロの目線で、どうやって運送をするのかということを説明してくれるはずです。

ぜひ、専門業者の人の力を借りて、新居での新しい暮らしの中でも、ピアノを楽しまれてください。

引越し時のピアノの料金は専門業者と引っ越し業者どっちが安い?

ほとんどの引越し業者がオプションに「ピアノの引越し」を組み込んでいます。

ピアノの引越しは専門業者にしか行えないと言われていましたが、引越し業者の移送で本当に問題ないのでしょうか?

ピアノの引越しを専門業者に依頼するべきか、それとも引越し業者に任せるべきなのか、そのメリットとデメリットについてまとめましたので紹介します。

引越し業者と専門の業者価格対決

ピアノの引越しの技術はさておき、引越し業者と専門の業者では引越しにかかる料金はどれだけ違うのでしょう。

20kmでの引越し相場を見たときに両者の価格は次のようになります。

アップライトピアノ 専門業者約20,000円
引越し業者約20,000円
グランドピアノ 専門業者約34,000円
引越し業者約40,000円

これらの金額は引越し条件によって大幅に変化しますので、実際のところはそれほどの料金差はないと考えていいでしょう。

金額面だけで考えれば引越し業者を選んでも、専門業者を選んでもそれほど金額は変わりません。

当然の結果です。

なぜなら引越し業者のピアノの引越しのほとんどがピアノの専門の引越し業者が委託を受けて引越ししているから、金額に大きな差がでることはありません。

引越し業者に依頼するメリット・デメリット

同じ業者がするのであれば引越し業者に依頼するメリットはどこにあるのでしょう。

一番大きなメリットは「簡単に依頼することが出来る」ということです。

改めてピアノ引越しの専門業者に依頼して、見積もりをしてもらって、という面倒な作業を行わなくていいことは大きなメリットです。

引越し業者に依頼すると、荷物の引越し一緒に行えるというのもメリットのひとつです。引越しそのものをスムーズに行うことが出来るのです。

反対にデメリットはピアノ引越しをする業者さんと直接のコミュニケーションを事前にも事後にもとることができないことです。

ピアノは非常に輸送に気を使うのですが、コミュニケーションが取れていないと思わぬところで失敗してしまうことがあります。

搬出したものの新居に入れられないというトラブルもときどきあります。これは事前の打ち合わせをしっかりすることができれば、発生しないトラブルです。

専門の業者に依頼するメリット・デメリット

ピアノ引越しの専門業者に任せるメリットはきめ細やかなサービス、といいたいことろですが引越し業者に依頼しても専門家が来ますので、それはメリットにはなりません。

そうではなくピアノの引越しに対して、事前にしっかり打ち合わせせることが出来、そのうえ引越し後にピアノの調子が悪ければ直接相談できるというのが最大のメリットです。

反対にデメリットがあるとすれば、引越し業者と作業時間が重ならないように配慮する必要があることです。

ピアノの引越し料金を安くするには、通常の引越しとは別にまた相見積もりから始める必要があります。

非常に労力が必要になりますので、この点もデメリットと言えるでしょう。

引越し時のピアノの移送は引越し業者にまかせよう

基本的にはピアノの引越し作業を行うのはいずれにしても専門家ですので、引越し時に関して言えば、手間の掛からない引越し業者に依頼することをオススメします。

引越しはとにかくエネルギーを消耗してしまいますので、省ける作業は可能なだけ省くべきです。
そのためにはピアノの引越しを単独で依頼してエネルギーを消耗するぐらいなら、引越し業者に任せてしまうほうが楽になります。

ただし、作業にやってきた担当者とはできるだけしっかりコミュニケーションを取るようにしてください。

「よろしくお願いします」の一言だけでも、作業の質が上がることもありますので、気持ちよく作業をしてもらうためにしっかり話をするようにしてください。

まとめ

ピアノの引越しは安心の専門業者に依頼というのはすでに過去の話です。

いまは引越し業者のオプションのピアノの引越しも専門業者が作業を行いますので、コミュニケーションミスがなければきちんと引越ししてもらえます。

引越し業者のピアノの引越しを上手に活用して、省エネの引越しを目指してください。