引越し後の車の車庫証明書や車検証の変更手続きはディーラーでやる?自分でやる?

車を持っている人は引越し後に車庫証明の取得を行い、車検証の変更手続きを行う必要があります。ただし、この手続は必ずしも自分で行う必要はありません。もちろん自分で行ってもいいのですが、ディーラーに任せるという方法もあります。

ここでは引越し後の車庫証明の取得と車検証の変更手続きを、自分で行うべきかそれともディーラーに依頼すべきかについて紹介します。

ディーラーに車検証の変更手続きを依頼するといくら必要?

自分で変更する場合の費用

車検証の変更手続きをすべて自分で行うと、交通費などを除いて最低でも約5,000円程度の費用が発生します。

自分で変更する場合の手数料一覧

変更登録手数料350円(用紙代別途の場合有)
車庫証明書取得費用2,500円〜3,000円
ナンバープレート代(変更の場合)・通常タイプ 1,500円程度
・希望ナンバー 5,000円〜
住民票発行料350円

ディーラーに依頼する場合の費用

上記の作業をディーラーに依頼するといったいいくらくらいで代行してもらえるのでしょう。

この代行サービスには定価というものがありません。また、やってもらう手続きの内容とディーラーそれぞれの判断で金額が変わりますが、相場としては下記の価格が目安になります。

住所変更のみ(ナンバー変更無し・車庫証明取得無し)1万〜2万円
住所変更・ナンバー変更(車庫証明無し)2万〜3万円
住所変更・車庫証明取得(ナンバー変更無し)2万〜3万円
住所変更・車庫証明取得・ナンバー変更3万〜4万円

ディーラーに依頼するときの予算としては2〜5万円前後かかると考えておきましょう。高くない?と感じる方もいらっしゃると思いますが、人件費や重要な書類作成ということを考えると妥当な金額と言えます。

注意
2〜5万円前後よりも高い場合は、ちょっと足元を見過ぎです。
ディーラーとしてもどうかと思いますので、今後の付き合いも見なおしたほうが良いかもしれません。

ナンバープレート変更手続きについては次の記事で詳しく解説しています。

引越し後の車のナンバープレート変更手続きの流れと必要書類

必要日数と時間

自分で必要書類を揃えて陸運支局窓口で手続きする場合、混雑がなければ20分〜30分程度で終わり新住所の車検証は基本即日発行されます。

ディーラーにお願いした場合は、車庫証明の取得までに時間がかかりますが、手続きそのものはそれほど手間ではありませんので、手数料はそれほどかかりません。

また、車検証の住所変更に伴うナンバーの変更が必要な場合は、陸運支局に車を持ち込む必要があり、作業は1日あればできるものの、書類作成も複雑ですので手数料は高めに設定されています。

自分で行う場合とディーラーにお願いする場合のメリットとデメリット


ディーラーに依頼すればトラブルもなく、楽に車の引越しを終わらすことができるのは分かっていますが、それでも引越しでお金がかかったことを思うと、できれば抑えられる出費は抑えたいところですよね。

変更手続を自分で行うメリット・デメリット

それでは自分で手続を行うときのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

  • 最低限の費用で住所変更をすることが出来る

デメリット

  • 車庫証明の取得は平日にしかできないため仕事を休む必要がある
  • 思った以上に手間と時間がかかるため、引越し後に落ち着かない状態で行うのは大変

自分で行うメリットは費用が安く済むそれだけです。それ以外に大きなメリットはありません。あえて言うなら友だちに自分でやったと自慢できるくらいでしょうか。

それに対して、自分で行うと思った以上に時間がかかり、その分働いたほうが良かったのではないだろうと思うくらい大変です。

自分でやりたいと思っている方は以下の記事が参考なると思います。

引越し後の車庫証明の住所変更手続きと必要書類

ディーラーにお願いする場合のメリットとデメリット

ディーラーにお願いする場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

  • 自動車のプロが変更するため安心
  • 変更する手間を省ける

デメリット

  • 費用が高くつく
  • 郵送での書類やり取りのため日数がかかる

またディーラーにお願いする場合は、必要書類に「委任状」が必要になってきますが、インターネットでダウンロードが可能です。

委任状ダウンロードはこちら

車検証を紛失してしまった場合住所変更と一緒に再発行できる?

車検証を紛失してしまった場合、車検証記載の管轄の軽自動車検査協会または運輸支局にて再発行の手続きが必要になります。

つまり管轄が違う場合は、再発行と住所変更を一緒にやることはできません。車検証の住所変更必要書類には、「自動車検査証」が必ず必要になりますので、先に再発行してから住所変更手続きをしましょう。

また、再発行が必要な理由はもう一個あります。それは道路運送車両法により、車検証と検査標章(フロントガラスに貼られてる車検有効期間記載のステッカー)原本を携帯しない状態で運転した場合、50万円以下の罰金刑に処せられることがあるからです。

道路運送車両法

第六十六条 自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

再発行料金も登録印紙の350円程度なので、引越し前に早めに再発行するようにしましょう。

引越し後の車検証は必ず住所変更が必要なのか?については以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

引越し後に住所が変わった場合の車検証は必ず変更しなければならない?

車検証の名義がディーラーやローン会社になっている場合


ローンで自動車を購入した場合、ローンを払い終えるまでは名義がディーラーやローン会社になっています。

この場合の住所変更の手続きは少し複雑になります。

この場合に自分で住所変更をする場合は、ディーラーやローン会社からの委任状をもらう必要があります。ただそれだけのことなのですが、委任状の請求をして、委任状が届くのを待ってから変更作業を行います。

委任状


文章にすると簡単ですが、実際は作業のやり取りが面倒で、自分名義の車の引越よりも手間と時間がかかることになります。

このようなケースは、基本的にディーラー任せにするほうがおすすめです。

もしローンの返済が終わっているのであれば、このタイミングで所有の変更も一緒にしてしまいましょう。

時間を取るかお金を取るか

車の引越しで住所変更をする場合は、自分ですることも可能ですが、ディーラーに依頼することもできます。

車の住所変更をディーラーに依頼するか、それとも自分で行うかは、時間を取るかお金を取るかで決めるようにしましょう。

仕事が忙しく一分一秒ももったいないという人は、素直にディーラーに依頼して、時間だけは余裕があるという人は人生経験の意味も含めて自分でやってみましょう。

また、長距離の引越しで住所だけではなく、車庫証明書・ナンバーの変更も必要な場合や、車検証の名義がディーラーやローン会社の場合は、手続きが面倒になりますので、できるだけディーラーに依頼するようにしましょう。