引越し後の車の車庫証明書や車検証の変更手続きはディーラーでやる?自分でやる?

車を持っている人は引越し後に車庫証明の取得を行い、車検証の変更手続きを行う必要があります。ただし、この手続は必ずしも自分で行う必要はありません。もちろん自分で行ってもいいのですが、ディーラーに任せるという方法もあります。

ここでは引越し後の車庫証明の取得と車検証の変更手続きを、自分で行うべきかそれともディーラーに依頼すべきかについて紹介します。

ディーラーに依頼するといくら必要?

車検証の変更手続きをすべて自分で行うと、交通費などを除いて約6000円近い費用が発生します。この作業をディーラーに依頼するといったいいくらくらいで代行してもらえるのでしょう。

この代行サービスには定価というものがありませんので、ディーラーそれぞれの判断で金額が変わりますが、相場としては下記の価格が目安になります。

車庫証明の取得:1万〜2万円
車検証の住所変更:1万〜3万円

車庫証明の取得までには時間がかかりますが、手続きそのものはそれほど手間ではありませんので、手数料はそれほどかかりません。

車検証の住所変更は、陸運支局に車を持ち込む必要があり、作業は1日あればできるものの、書類作成も複雑ですので手数料は高めに設定されています。

ディーラーに依頼するときの予算としては2〜5万円前後かかると考えてきましょう。それよりも高い場合は、ちょっと足元を見過ぎですで、ディーラーとしてもどうかと思いますので、今後の付き合いも見なおしたほうが良いかもしれません。

自分で行うときのメリット・デメリット

ディーラーに依頼すればトラブルもなく、楽に車の引越しを終わらすことができるのは分かっていますが、それでも引越しでお金がかかったことを思うと、できれば抑えられる出費は抑えたいところですよね。

それでは自分で手続を行うときのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

  • 最低限の費用で住所変更をすることが出来る

デメリット

  • 車庫証明の取得は平日にしかできないため仕事を休む必要がある
  • 思った以上に手間と時間がかかるため、引越し後に落ち着かない状態で行うのは大変

自分で行うメリットは費用が安く済むそれだけです。それ以外に大きなメリットはありません。あえて言うなら友だちに自分でやったと自慢できるくらいでしょうか。

それに対して、自分で行うと思った以上に時間がかかり、その分働いたほうが良かったのではないだろうと思うくらい大変です。

車の住所変更をディーラーに依頼するか、それとも自分で行うかは、時間取るかお金を取るかで決めるようにしましょう。仕事が忙しく一分一秒ももったいないという人は、素直にディーラーに依頼して、時間だけは余裕があるという人は人生経験の意味も含めて自分でやってみましょう。

車検証の名義がディーラーやローン会社になっている場合

ローンで自動車を購入した場合、ローンを払い終えるまでは名義がディーラーやローン会社になっています。この場合の住所変更の手続きは少し複雑になります。

この場合に自分で住所変更をする場合は、ディーラーやローン会社からの委任状をもらう必要があります。ただそれだけのことなのですが、委任状の請求をして、委任状が届くのを待ってから変更作業を行う。

文章にすると簡単ですが、実際は作業のやり取りが面倒で、自分名義の車の引越よりも手間と時間がかかることになります。

このようなケースは、基本的にディーラー任せにするほうがおすすめです。もしローンの返済が終わっているのであれば、このタイミングで所有の変更も一緒にしてしまいましょう。

まとめ

車の引越しで住所変更をする場合は、自分ですることも可能ですが、ディーラーに依頼することもできます。時間に余裕がある場合は自分で行ってもよいのですが、引越し後で時間がないという人はディーラーに依頼するようにしましょう。

また名義がディーラーやローン会社の場合は、手続きが面倒になりますので、できるだけディーラーに依頼するようにしましょう。