引越し見積もり・値引き

引っ越しの見積もりを出してもらう方法は、概算見積もりも正式見積もりも2種類あります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の引っ越しのスタイルに合った方法で、見積り依頼をするようにしましょう。

引越しの依頼をするときには、まずは見積もりの依頼から行います。いくつかの引越し業者に概算の見積り依頼をして、予算内の金額を提示してきた引越し業者に対して、正式の見積もりを依頼することになります。

この引越しの見積もりを、どのようにして取ればいいか紹介します。

概算見積もりの取り方

概算見積もりを依頼する方法は、大きく分けて2種類あります。それぞれの方法について説明します。

引越し業者のウェブサイトで依頼する

大手の引越し業者は、ウェブサイト上から見積り依頼ができるシステムを用意しています。

見積もりに必要な情報を記入して、見積依頼のボタンをクリックすれば、すぐに引越し業者から概算見積もりをもらえいます。

引越し一括見積もりサイトで依頼する

引越し業者のウェブサイトからの依頼の場合は、複数の引越し業者から概算見積もりをもらいたい時に、引越し業者ごとに情報入力をする必要があります。

それを1度の入力で複数の引越し業者に見積依頼できるのが、引越し一括見積もりサイトです。短い時間にいくつもの引越し業者から概算見積もりを出してもらえます。

正式見積もりの取り方

概算見積もりをもらって、引越し業者を数社に絞ったら次は正式見積もりの依頼になります。正式見積もりの方法も2種類ありますので、それぞれについて紹介します。

電話による正式見積もり

荷物が少ない単身パックなどの見積もりの場合、電話でのやりとりだけで正式見積もりを出してくれることがあります。

申告漏れなどのリスクがありますが、30分程度の短い時間で正式見積もりをもらえるというメリットがあります。

訪問による正式見積もり

実勢に家に来て、荷物の量と搬出のための経路などを確認します。もちろん訪問見積もりそのものは無料になります。

訪問見積もりをしてもらうと、荷物の量がよりはっきりとするため、引越し料金を下げてもらいやすくなります。面と向かっていますので値段交渉をしやすいというメリットもあります。