引っ越しすることだけが決まっていて、まだ引越し先の住居の契約ができていない、まだ住居を決めきれていない。それは珍しいことではなく、引越しを行うときにはよくあることです。

こんなとき、引越の見積もりを依頼することは可能なのでしょうか?ここでは引越し先が決まっていない状態での引越し見積もりが可能なのか、そしてそのときの注意点について説明します。

繁忙期は住所未定でも見積もりをしよう

引越しをする日が確定していて、引越し先の範囲もほぼ絞れているようなとき、なおかつ3月や8月のような引越しの繁忙期に入るような場合は、引越し先が決まっていなくても、引越し日を確保するために見積もりをお願いしましょう。

見積もり依頼時に「引越し先がまだ決まっていない」と見積を行うときに伝えるようにしてください。依頼時に注意するのはそれだけです。

決してレアケースではありませんので、引越し業者はきちんと見積もりをしてくれます。

もちろんここで出される見積もりはあくまでも「仮」の見積もりになります。引越し先が確定した時点で見積もりの変更が入ることもありますし、引越し時に割増料金が発生することもあります。

金額は変わる可能性は高くなりますが、引越しの日程だけは確保できます。

引越しする日が決まっているケースでは、早めに引越し業者に見積依頼をして、希望する引越し日を確保するようにしてください。

引越し先が確定したらすぐに引越し業者に連絡しよう

引越し先未定で引越しの予約をした場合は、引越し先が決まったらすぐに引越し業者に連絡してください。

引越しまでに時間の余裕があるようであれば、再度見積もりを依頼しましょう。

再見積もりを行わずに引越し当日に割増になる場合は、引越し業者のほうが立場的に有利になってしまいます。そのため相場よりも高めの割増料金がプラスされるケースも有ります。

事前の再見積もりであれば、見積金額が高すぎる場合に、もう一度他社との競合になる可能性があるため、最初に出てきた見積からそうかけ離れた金額を提示してくることはありません。

とはいえ新居の契約が完了したら、その日のうちに引越し業者に引越し先の住所を連絡しましょう。

できれば新居の周辺環境などを写真に撮って、引越し業者に送ってあげましょう。

荷物の搬入が難しそうな場所があれば、採寸しておいて引越し業者に伝えるようにすれば、不要な割増料金や、引越し当日になって荷物を搬入できないという事態を避けることが可能になります。

再見積もりの引越し料金が高い場合

もし、引越し業者の出してきた再見積もりの金額が想定以上に高すぎて、納得できる説明を受けられない場合は、もう一度他社も含めて再見積もりを依頼しましょう。

引越しは2日前までは無料でキャンセル料が発生しませんので、あまりにも相場価格とかけ離れる金額の場合は、思い切って引越し業者を変えてしまいましょう。

ただし、繁忙期にこれを行うと、高い上に希望の日程での引越しができない可能性もあります。すでに予約している引越し業者は確保した状態で、他社に見積もり依頼を行うようにしましょう。

ポイントは住所未定で依頼をするときに、引越し一括見積もりサイトを利用して、複数の業者に訪問見積もりをしてもらうようにすることです。

こうしておけば、他社の担当者とはすぐに連絡取れますので、事情を話して再見積もりを依頼してください。そこで安い金額を提示してもらえれば、引越し業者を変更するようにしてください。

ちょっとズルいような気もしますが、引越しを安く行うにはそれくらいの駆け引きは必要になります。

まとめ

引越し先が確定できず、住所未定の状態でも引越しの見積もりを依頼することは可能です。ただし、見積金額は仮の金額で、最終的には増額する可能性があります。

納得出来ない増額の場合で、引越しまでにまだ余裕があるようであれば、他社にも再見積もりを依頼して、納得できる金額での引っ越しを行いましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。