引越し後の車のナンバープレート変更手続きの流れ

車を所持している人が引越しをするときは、車のナンバープレートを変更する必要があります。ところが、ナンバープレートを変えなくても大きなトラブルになることがないため、前のナンバープレートをそのまま使用している人も少なくありません。

引越しをしたときにナンバープレートを変えなくてはいけないということが、それほど重要視されていないのかもしれません。ここでは引越し時の車のナンバープレートを変更するための手続きの流れを紹介しますので、引越しをするときの参考にしてください。

法律上はナンバープレートを変える必要がある

ナンバープレートの変更をしていない人も少なくありませんが、法律上は引越しをしたらナンバープレートを変える必要があります。

唯一変更しなくていいのは、陸運局の管轄が同じ場合のみになります。簡単にいえば品川ナンバーの車は、品川ナンバー内の引越であればナンバープレートを変える必要がありません。

反対に品川ナンバー以外の場所に引っ越す場合は、ナンバープレートを変える必要があります。

ところがナンバープレートを変えない人が多いのも事実です。これはナンバープレートを変えなかったことで、実際に罰せられた人がほとんどいないためです。

最大50万円の罰金になるのですが、ナンバープレートを変えなかったことで、罰金を支払わされたという話は聞いたこともありません。

とはいえ、ナンバープレートを変えなければさまざまな問題が発生します。次に、ナンバープレートを変えないときに発生する問題について紹介します。

ナンバープレートを変えないとどうなるのか

ナンバープレートを変えなくても、車検を受けることも可能ですし、保険に加入することや更新することも可能です。そして何よりも、自動車税は毎年きちんと支払いを請求してきます。

何も不便はないように感じますが、実は大きな問題がいくつかあります。

  • 車がリコールされたときに案内が届かない
  • 廃車するときに住民票の履歴を証明する書類が必要になる

メーカーのリコール案内は、車検証に記載されている住所に送られることになっています。

旧住所から転送する手続きを行っている場合は、問題ありませんが、それでも1年経過後は転送されませんので、リコールの案内がこないということがあります。

ナンバープレートを変えていない場合、一番面倒なのが、廃車するときの手続きになります。

引越しが1回であれば、住民票だけで過去の住所を追うことができますが、複数回の引越しを行っていると、車検証に書かれている住所と現在の住所が紐づけされないため、それを確認するための書類が必要になります。

このときに必要なのが戸籍の附票と呼ばれる書類で、本籍地に取りに行くか、郵送してもらう必要があります。

このため、引越しをするたびになります変えておくほうが、面倒くさい作業を行わずに済むため、法律的にも、作業面からもナンバープレートは変えておくようにしましょう。

ナンバープレート変更手続きの流れ

ナンバープレートの変更手続きそのものは難しくありません。まずは下記の書類を揃えてください。

  • 自動車検査証
  • 所有者の印鑑または委任状
  • 字光式番号表交付願(字光式のナンバプレートの場合必要)
  • 住民票
  • 車庫証明書

次に運輸支局で下記の書類を準備します。

  • 申請用紙
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

自分でナンバプレートの交換手続きを行う場合には、車で運輸支局に向かってください。まずは現在つけているナンバプレートを外し、ナンバプレートを返却しましょう。

次に必要書類を運輸支局の窓口に提出し、新しい車検証を受け取ってください。

車検証を受け取ったら、自動車税の申告窓口で車検証に記載されている住所の変更があったことを伝えましょう。必要書類を提出して、翌年以降の自動車税の通知が現在の住所に送られてくるようにしてください。

ここまで行ったら次は、ようやく新しいナンバーの交付です。ナンバー交付窓口でナンバープレートを購入します。

ナンバープレートを車につけて、最後に封印をしてもらえば、ナンバープレートの変更手続きが完了します。

作業そのものは難しくありませんが、時間がかかるためディーラーや車屋さんに依頼するというのもひとつの選択肢です。

費用は発生しますが、完全にお任せすることが可能ですので、上記手続きを煩わしいと感じる人は、業者に一任してみてはいかがでしょう。