引越し後の車庫証明の住所変更手続きと必要書類

車を持っている人は引越しをした後に、車検証の住所変更をする必要があります。この車検証の住所変更をするためには、新しい住所できちんと駐車場を確保していますよという証明をするための車庫証明が必要になります。

それではこの車庫証明はどのようにすれば入手することができるのでしょう?

ここでは引越し後に車庫証明を入手するための手続きと、必要書類について説明しますので、車庫証明取得のための参考にしてください。

車庫証明はどこで取得できるの?

車検証やナンバープレートの変更場所は、管轄の運輸支局または検査登録事務所になります。その時に提出を求められるのが車庫証明書です。

ですが、車庫証明書は運輸支局では取得できません。前もって準備する必要がありますので、その方法を紹介します。

車庫証明はなぜ必要?

車庫証明書とは、購入した車の保管場所がちゃんとありますよ!と証明するもので、新しく自動車を購入する際や、車検証の住所変更、ナンバープレートの変更の際などに必要になる書類でもあります。

取得できる場所

車庫証明書は、保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署で取得します。

また、車庫証明書の交付には以下の通り条件があります。

  • 保管場所が自動車の本拠地(住所)から2キロメートル以内にあること
  • 保管場所は、自動車全体を収容でき、出入りが支障なくできること
  • 自動車の保管場所は、自動車保有者である本人が使用する権利をもっていること

車庫証明の申請をするときに必要な書類

車庫証明の申請をするときには、下記の書類が必要になりますので、申請前までに揃えておきましょう。

  • 自動車保管場所証明申請書(軽自動車は自動車保管場所届出書)
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権疎明書面(自認書)
  • 保管場所使用承諾証明書、もしくは駐車場の賃貸借契約書の写し
  • 住民票(使用者の本拠地がわかるもの、公共料金の領収書可)
  • 印鑑
これとは別に収入印紙が必要になりますが、警察署の窓口で購入可能ですので、3,000円程度の現金を用意しておきましょう。

書類の取得方法

警察署のホームページから申請用紙のダウンロードが可能です。

警察署窓口に行く場合は、「自動車保管場所証明申請書」をもらってくるようにしましょう。記入ミスをする可能性もありますので、3枚くらいもらっておきましょう。

自動車保管場所証明申請書

窓口がわからないときは「車庫証明申請書を欲しいのですが」と言えば、どこでもらえるのか教えてくれます。

警察署によっては自動車保管場所証明申請書をもらうのに印鑑が必要なケースもあるそうなので、念のため印鑑持参で貰いに行くようにしましょう。

記入する内容がいくつもありますので、その場で書くのではなく、一度家に戻って時間をかけて記入ミスのないように、書類の作成をしてください。

↓↓記入例の確認や書類のダウンロードはこちらからできます。

参考 保管場所証明申請手続きについて警視庁

車庫証明交付までの流れ

書類をすべてそろえたら、保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署で申請の手続きを行います。

車庫証明交付までの流れ
  • 警察署で書類のチェック
  • 収入印紙を購入して申請書に貼る
  • 書類提出
  • 3日〜7日待つ
  • 警察署に車庫証明書を受け取りに行く
  • 交付から1ヶ月以内に運輸支局に提出

書類をまとめて提出して、警察署で内容のチェックをしてもらいます。問題がなければ収入印紙を購入し、申請書の所定の場所に貼り付けて提出すれば申請は完了です。

車庫証明の発行は、即日発行されるのではなく、提出日から3〜7日後に取得となります。窓口で「4日後以降に来てください」といった具合に案内されますので、その日以降に警察署まで車庫証明書を受け取りに行くようにしてください。

受け取るときも印鑑が必要になりますので、忘れずに持って行きましょう。

警察署によっては郵送してくれることもあるそうですので、何度も警察署を訪れる余裕のない人は申請時に郵送してもらえるかどうかの確認をしておきましょう。

自動車保管場所証明書は、自動車の登録又は住所変更等で使用しますので、証明日(交付予定日)から1か月以内に他の書類と一緒に運輸支局に提出してください。

その他の車の書類変更手続きに関することは次の記事で解説しています。

引越し後の車のナンバープレート変更手続きの流れと必要書類 引越し後に住所が変わった場合の車検証は必ず変更しなければならない?

軽自動車の車庫証明

軽自動車の場合は、車庫証明の申請が必要になる地域とそうでない地域があります。正確には車庫証明ではなく、保管場所届出になります。

申請が必要な場合と必要無い場合

  • 申請が必要な地域に住んでいて、申請が必要無い地域に保管場所がある場合….車庫証明書必要
  • 申請が必要無い場所に住んでいて、申請が必要な地域に保管場所がある場合….車庫証明書不要

引越し先が決まったら、その地域での車庫証明の取り扱いについて確認しておきましょう。

申請手続きの流れは先ほど紹介したのとほとんど変わりませんが、一つだけ大きく違います。

軽自動車の場合は、車庫証明を取ってからナンバープレート取得をするのではなく、「ナンバープレートの取得をしてから15日以内に保管場所届出を出す」という流れになりますので気をつけてください。

車庫証明抹消について

引越し先で新規で車庫証明書を取得し、車検証の住所変更を行えば、以前の登録した車庫証明書は自動的に削除されますので大丈夫ですが、問題は引越し先で車庫証明書の申請が必要無い場合です。

新しい車庫証明書の提出を伴わない車検証の住所変更だけでは、以前の車庫証明書は削除されません。

アパートの駐車場の場合、次に引越してくる方が車庫証明書を取得する際に、前の住人の登録が抹消されないと取得できなくなってしまいます。そのため管理会社はあらかじめ保証金を預かっている事が多く、退去時の登録抹消後にその保証金を返金するシステムになっているはずですので、その旨、退去時に管理会社から案内があります。

一般的に抹消の方法は以下のようになります。

  • 引越し先が車庫証明申請がいらない地域だった場合…旧住所管轄の警察署へ行き、新しい住所に変更した車検証を提示して手続きする。
  • 車を手放した、廃車した場合…旧住所管轄の警察署へ行き、新しい住所に変更した車検証を提示して手続きします。そこで一時抹消証明書又は、永久抹消証明書をもらいアパートの管理会社へ連絡。

引越し先が遠方の場合などは気をつけるようにしましょう。

自分で申請する時間が取れない場合は

車庫証明の申請そのものはとても簡単なのですが、平日の昼間に行う必要があります。引越しをしたばかりで、新しい職場などの休みをもらいにくいような人は、行政書士や車庫証明取得代行業務を行っている業者に依頼しましょう。

ディーラーによっては車庫証明の代理申請をしてくれる場所もありますので、ディーラーをよく利用する人は、一度相談してみましょう。

車庫証明は本人でなくても申請することができますので、書類をすべて揃えて、家族に依頼するという方法でも問題ありません。

ディーラーに依頼する場合について詳しく知りたい方は次の記事が参考になります。

引越し後の車の車庫証明書や車検証の変更手続きはディーラーでやる?自分でやる?

時間がない人は代理でお願いする

引越し後の車庫証明の手続きそのものは難しくありませんが、何度も警察署に行く必要があるため、面倒になってそのままにしている人が少なくありません。

ただし、車庫証明がなければナンバープレートの変更もできませんので、忙しい人は業者に依頼するなどして、引越しをしたらすぐに車庫証明を取るようにしておきましょう。

大事なのは書類の変更などをほったらかしにしないことです。手続き自体はそこまで難しくはありませんし、法律的には、ナンバープレートの変更や車検証明証の住所変更等を怠った場合は、3月以下の懲役又は20万円以下の罰金が科せられることもありますので、時間を見つけて申請手続きをするようにしましょう。