入居前に知っておきたいのが、新居の「寸法」です。これまで使ってきた家具やカーテンなどをそのまま使いたい人も多いはずですし、家具や家電などを一新したい人も、やはり寸法がわからないと買えません。「かわいい!」と衝動買いした家具が、実際は部屋に収まらなかった、という残念な経験がある人もいることでしょう。

そこで、入居前に部屋の採寸(寸法を測ること)をしておきたいところですが、一般的に入居前(鍵を受け取る前)に部屋に入るときは不動産屋さんの担当者や大家さんの立ち会いが必要になります。勝手に入られて、トイレなどを使われたり、何か設備や付属品を壊されては困るからです。また、その部屋を借りるかわからない人を相手に、採寸のためだけに立ち会いをしてくれる不動産屋さんは滅多にいません。

そのため、入居前に採寸できるタイミングは、次の3回のみになります。

  1. 初めて物件を案内してもらうとき
  2. 最後にもう一度室内を見て決めたいという状況のとき
  3. 正式な申し込みをして入居審査に合格したとき

賃貸の部屋探しに慣れている人だと、①のときにスケールを持参して、自分のメモと照合する人もいます。できれば、①の段階で採寸するのがベストです。

②は、候補を2〜3件に絞って悩んでいるタイミングです。不動産屋さんの担当者も、あなたから「この部屋に決めたいと思っているので、採寸したい」といった意志を伝えれば、協力してくれます(もし、そこまでして断るときは、きちんと正直に理由を話しましょう。たとえば、「お気に入りの家具がどうしても入らない」など)。

そして、③の時点であなたはすでに「入居者(契約予定者)」であるため、より大切に扱われますから、すぐ採寸に協力してもらえます。ただし、この段階で万一、使いたかった家具などが入らなくても文句は言えません。というわけで、やはり①の最初の物件案内のときに採寸するのがベストなのです。

採寸のとき部屋のどこを測れば良いのか?

部屋の採寸をする前に、「何をその部屋に置くのか」を考えておくことが大切です。
そこで、まずは次のものを書き出します。

  1. これまで使ってきたもののうち新居でも使いたいもの
  2. 新しく買いたいもの

また、それらを新しい部屋のどこに置くか、間取り図を見ながら想像します(間取り図に書き込むのも良い)。

そして、部屋の寸法を測り、実際に置けるかどうかを確します。特に、ベッドや本棚、冷蔵庫、洗濯機、テレビといった大きな家具・家電の幅・奥行・高さ、また、窓枠の幅、床からカーテンレールまでの高さは必ず確かめましょう。

ちなみに、部屋には必ず凹凸があります。特に、天井部にある梁や配管の出っばりは、高さのある家具が入らない原因になります。

さらに、幅木(床と接した壁に付いている、材質の異なる帯状の部分)が木でできている場合、思った以上に幅を取るため、ぴったり壁に寄せたい家具などが収まらないこともあります。入るかどうか不安な場合は、壁のうち最小の(幅が狭くて高さが低い)ところを必ず測っておいて基準にしましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。