引っ越し先にエアコンを持っていく?料金相場と移設のポイントを詳しく解説

引越しエアコン

引っ越しをするときに悩ましいのがエアコンの存在です。引っ越し業者に運んでもらうにしても、オプションで別料金がかかりますし、かといって賃貸物件は原状回復が基本ですので、自分で設置したなら必ず外してから部屋を返さなくてはいけません。

まず持っていくか持っていかないかの判断をしなくてはいけませんし、持っていくにしてもどこに依頼すれば出費を抑えられるか、手間を省けるかなどを考える必要があります。このようにエアコンの移設はとても面倒なのですが、かといって放置するわけにもいきませんよね。

そこで、ここでは引っ越し先にエアコンを持っていくかどうかの判断のポイントと、リーズナブルに移設するためのコツをご紹介していきます。

引っ越し先にエアコンを持っていくべきか

エアコン引越し

まずは、いま設置しているエアコンを、引っ越し先に持っていくかどうかについてお話します。当然ですが設置しているエアコンが備え付けのものである場合には、部屋の備品ということになりますので、持っていくことはできません。新居で新しく購入してください。

反対に新居にエアコンが備え付けられている場合には、持っていっても使えませんので、持っていかずにリサイクルショップやフリマアプリなどで売却するのがおすすめです。

また、すでに10年近く使っているのであれば、いつ壊れてもおかしくないので、持っていかずに買い替えがおすすめです。

注意
さらに新居のコンセント電圧とエアコンの電圧と違うというケースがあります。この場合は電気工事が必要になりますが、賃貸物件の場合には工事が認められないということも考えられます。

もちろん工事費用もかかりますので、持っていかずに買い換えるほうが賢明です。

持っていかない条件
  • エアコンが最初から部屋に備え付けられていた
  • 新居にエアコンが備え付けられている
  • 10年近く使い続けている
  • コンセントとエアコンの電圧が一致しない
  • 新居の部屋が広い

このような条件を1つでも満たす場合には、持っていかないのが正解です。その場合には引っ越し前もしくは引っ越し業者に依頼して処分してもらいましょう。どれも当てはまらない場合には、新居にエアコンを持っていきましょう。

古いエアコンを移設しないほうがいい理由

どんな家電にも寿命があり、エアコンの場合は10年が寿命と言われています。もちろん10年使ったらすぐに壊れるわけではなく、15年以上も稼働しているエアコンもあります。ただ、最新のエアコンは消費電力が少なく、10年前のエアコンとでは電気代が年間で1万円近く変わることもあります。

さらに古いエアコンは引っ越しでの移動中の振動で壊れてしまうこともあります。もちろん保証の範囲内ですが。10年使ったエアコンの補償額はかなり少なく、とても新しいエアコンを買い換える額にはなりません。

このため10年経過していなくても、7〜8年使っているのであれば思い切って処分して、新居は新しいエアコンに買い替えましょう。どうしても出費を抑えたいというのであれば、持っていくのもいいのですが、そう遠くないうちに買い替えが必要になることを頭に入れておきましょう。

エアコンを残していいか管理会社に相談しよう

エアコンを持っていかない場合には、リサイクルショップやフリマアプリで売却するのが理想ですが、この場合にはエアコンの取り外しが必要になります。お金をかけて取り外したのに二束三文にしかならなかったのではもったいないですよね。

忙しくて売却する時間もないという人もいるかと思います。そういう場合には、賃貸物件の管理会社にそのまま残していいか相談しましょう。賃貸物件は原状回復が基本ですが、エアコンのように物件の価値が上がるようなモノは、そのまま残してもいいとしてくれることもあります。

これは管理会社や大家さんによって対応が違いますので、引っ越し先に持っていかないのであれば、まずは相談してみてください。

NGとされた場合には、専門業者のエアコン無料回収王に依頼して取り外してもらいましょう。

エアコンの取り外し・取り付けを業者に依頼する理由

エアコン業者

新居にエアコンを持っていくにしても処分するにしても、備え付けのエアコンでない限り、取り外しが必要になります。この作業は資格が必要でないため、DIYが得意な人ですと、自分で取り外しできると思うかもしれませんが、取り付けも含めエアコンの移設は素人が行うと間違いなく失敗する難易度の高い作業です。

  • 冷媒ガスの回収
  • 壁穴の補修
  • 配管の空気抜き

例えばこのような作業をするのに専用工具が必要で、場合によっては高所作業も発生するのでとても危険です。真空引きなどの作業を失敗すると冷媒ガスが漏れて、エアコンが故障します。費用を抑えるために自分で設置したのに、壊れてしまったのでは意味がありませんよね。

専門業者でないと失敗する確率が高く、しかも引っ越し前後はやるべき手続きや作業がたくさんありますので、エアコンの取り外しや取り付けをする時間を確保するのも大変です。

費用対効果

トータルで考えたときには、エアコンは専門業者に任せてしまうのがおすすめです。

もしリサイクルショップやフリマアプリなどでの売却や処分を考えているなら、エアコンの取り外しを専門的に行っている業者に依頼しましょう。4,000〜6,000円程度で対応してもらえますが、エアコン取り外し一括見積りサービスで金額を確認するのが良いです。引っ越し先に持っていくのであれば、他にも選択肢がありますので、次章で詳しく解説します。

引っ越し時のエアコン移設について詳しくはこちら
引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用相場とおすすめの引越し業者

引っ越しでエアコンを持っていく時の業者選び方

エアコン業者選び方

引っ越し先にエアコンを持っていく場合、選択肢は2つあります。

ひとつは引越し業者のオプションでエアコンの移設を依頼する方法で、もうひとつが町の電気屋さんやエアコン工事業者に依頼するという方法です。それぞれの方法について、特長を詳しく解説していきます。

引っ越し業者のオプションで移設する

ほぼすべての引っ越し業者が、オプションでエアコンの移設を用意しています。ただし、実際の作業を引っ越し業者が行うかどうかは業者によって違います。

  • 引っ越し業者のスタッフが移設する
  • 下請けのエアコン工事業者に委託する

引っ越し業者のスタッフが担当する場合はスムーズに移設できますが、下請けのエアコン工事業者に委託する場合には、仲介料が発生するので割高になります。また下請けの業者は他の仕事も受けていますので、エアコンの設置工事が多い夏場や冬場は工事まで1ヶ月待ちになるようなケースもあります。

夏場や冬場の引っ越しでは、エアコン工事にどれくらいの期間がかかるかを確認し、すぐに設置してもらえないようでしたら、社内の工事スタッフが移設してくれる引っ越し業者を選びましょう。もしくは、自分でエアコン工事業者を探してみましょう。

この場合の費用相場は1万〜2.5万円ですが、作業の難易度が高くなるとオプション料金が発生して、もう少し高くなることもあります。

エアコン一括サービス

\30秒で簡単見積もり/

エアコン移設費用一括見積もりサービス

町の電気屋さんやエアコン工事業者に依頼する

比較的リーズナブルに取り外し・取り付けをしてもらえるのが、町の電気屋さんやエアコン工事業者です。料金は安いものの、引っ越し先が遠方の場合には、取り外しと取り付けそれぞれの業者を探して連絡する必要があります。

プラン料金
エアコン取り外し4,000〜6,000円
エアコン取り付け10,000〜15,000円

引っ越し業者に依頼するよりもやや安くなりますが、直接依頼をするので要望がきちんと伝わりやすく、柔軟に対応してもらえます。

引っ越し時のエアコン移設について詳しくはこちら
引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用相場とおすすめの引越し業者

エアコンの引っ越しで気をつけるポイント

エアコン引越し気をつける

引っ越し業者に依頼するにしても、エアコン工事業者に依頼するにしても、引っ越しでエアコンを持っていく場合には気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。ここでは、どのような点に気をつけておけばいいのかを解説していきます。

エアコンの取り付け場所は管理会社に確認する

新居で気をつけること

新居でエアコンを取り付け場合、配管用の穴がある場所以外に取り付けるときには必ず事前に管理会社や大家さんに取り付けの可否を確認しておきましょう。許可なく勝手に穴を開けた場合には、退去時にトラブルになることがあります。

マンションなどの場合には建物の強度に関わる問題ですので、基本的には指定された場所でないと穴を開けることができません。物件の下見をするときに、エアコンの設置場所を確認しておき、壁に穴が空いていない場合には、穴を開けていい場所を書類で提示してもらいましょう。

追加費用が発生する可能性がある

エアコンの工事はやってみないとわからないことが多く、実際に作業をしてみたら追加費用が発生することも珍しくありません。見積金額が1.5万円だったのに、追加の配管が必要になって数千円追加されることもありますし、ガスが不足していて充填する場合にも追加費用がかかります。

見積もり依頼

また、業者に対してどのような追加費用が発生する可能性があるのか事前に聞いておきましょう。そうすることで、工事後に追加費用を請求されても慌てずに対応できます。

そうすることで、工事後に追加費用を請求されても慌てずに対応できます。見積金額が出ても、それは最低限必要になる費用だと認識しておき、予算としては見積金額の倍程度は確保しておきましょう。

引っ越しでエアコンが壊れることを想定しておく

エアコンは精密機器ですので、引っ越しで手荒に運ぶと故障の原因になります。悩ましいのは、どのタイミングで壊れたのかわからないということです。取り外しで壊れたのか、それとも運搬中に壊れたのか、もしくは取り付けで壊れたのか判断が付きません。

どの業者も「自分のせいではない」とするので、作業する業者を分けるとどこも補償してくれないなんてことにもなりかねません。このリスク回避をするには、引っ越し業者のオプションで移設してもらうのがベストです。

移設費用を抑えたいのであれば、故障でのトラブルを受け入れてエアコン工事業者に依頼し、トラブルを回避したいのであれば、引っ越し業者に依頼して移設してもらいましょう。

夏や冬は早めに業者を確保しておく

エアコン工事は夏と冬に繁忙期を迎え、この時期になると業者のスケジュールが詰まってしまいます。その結果、引っ越し業者経由でも直接依頼でも1ヶ月待ちになることもあるというのは、すでにお伝えしましたとおりです。

これを避けるには、早めに申し込みをするしかありません。引っ越し業者にお願いする場合もエアコン工事業者に依頼する場合でも、引っ越しが決まったらすぐにお願いしましょう。

エアコン工事の繁忙期に引っ越しをする場合には、まず引っ越し業者に対して「すぐに取り付けできますか?」と確認しましょう。

\引越し業者登録数No.1/

引越し一括見積もりサイトをチェック

難しい場合には、自社で工事をできる引っ越し業者を選ぶか、自分で工事業者を探して1日でも早く工事してもらえるように手配しましょう。エアコン工事業者に依頼する場合には、引っ越し当日は予定を組みにくいので、翌日以降での最短日で依頼しておきましょう。

まとめ

引っ越しでエアコンを持っていくかどうかは、とても悩ましい問題のひとつです。お金をかけて持っていったのにすぐに壊れてしまうようなこともありますので、まだ新しくて買い換えるのがもったいないというのでなければ持っていかずに、新しく購入するのがおすすめです。

持っていく場合には、引っ越し業者かエアコン工事業者に依頼しましょう。エアコン工事業者の場合、遠方への引越の場合には取り外しと取り付けで別業者に依頼しなくてはいけません。業者探しの手間などを省きたいなら引っ越し業者に依頼しましょう。

また夏や冬はエアコン工事業者の予約が埋まってしまい、引っ越しのタイミングでエアコンの設置ができないこともあります。エアコンを持っていく場合には、工事業者を確保するために早めに動き出すように心がけてください。