エアコンの引越しは引越し業者か専門業者どっちが良い?
引越し業者のサイトを見ると、オプションでエアコンの取り外し・取り付けを行ってくれる引越し業者が多いことがわかります。

このエアコンの取り外し・取り付けを引越し業者に依頼するのがよいのか、それとも専門の業者に依頼するのがいいのかどちらのほうがお得なのでしょうか。

それぞれの特長を把握して、自分の引越しに合ったスタイルの業者をみつけましょう。

引越し業者と専門の業者価格対決

エアコンの容量にもよりますが、一般的にエアコンの取り外し・取り付けを専門の業者に依頼する場合は取り外しが5000円、取り付けが1万円が相場になります。

これに対して引越し業者のオプションとしてのエアコンの取り外し・取り付けは最もシンプルなプランで1万円、パイプの延長などコミコミの場合は2万円が相場になります。

専門の業者が1万5千円に対して、引越し業者は1万円〜2万円になります。金額的にそれほど大きな差額になることがなさそうです。

実はこれには理由があります。引越し業者のに依頼しても、専門の業者に依頼しても、結局同じ作業者が行うことがあるためです。

引越し業者によっては専門の技術者を抱えていることがありますが、そうでない引越し業者は餅は餅屋ということで、電気工事店と提携をしていることがほどんどです。

コスト面では引越し業者に依頼するのも専門の業者に依頼するのも、相場から大きくハズレなければ、それほど変わりはありません。

エアコン取り付け工事の追加料金

エアコン取り付け工事の標準的な価格はわかっても、実はほとんどの場合、標準工事だけでは工事しきれず、追加料金が発生してしまいます。その追加で発生する作業とその追加料金について紹介します。

機材名 料金
配管パイプ延長(1m) ¥3,000〜
ドレンホース延長(1m) ¥500
ドレン断熱処理(1m) ¥1,000
配管カバー延長(50cm) ¥1,300
配管カバー各部品(1個毎) ¥1,000
配管カバー(フリーコーナー) ¥2,000
換気用ヘッドカバー ¥1,000
専用回路増設 ¥13,000〜
電圧切替(100v⇔200v) ¥2,000
コンセント交換 ¥2,000
ブレーカー交換 ¥2,000
窓枠貫通(28~220cm) ¥5,000~¥8,000
室外機屋根設置 既設 ¥6,000〜
新規 ¥13,000〜
室外機壁面設置 既設 ¥7,000〜
新規 ¥14,000〜
室外機天吊設置 既設 ¥7,000〜
新規 ¥14,000〜
室外機2段置(新規) 既設 ¥5,000〜
新規 ¥11,000〜
室外機40kg以上重量加算 ¥1,000
エアカットバルブ取付 ¥1,000
コンクリート穴あけ ¥10,000~
配管穴あけ1ヶ所追加 ¥2,500~

配管長さが不足したり、部屋にエアコン用の穴が開いていない場合などに追加工事が発生します。

コンセントがエアコンに対応していないなど、現場を見ないとわからないことが多いため、実際にかかる費用は、現場を確認してもらった上で見積もりしてもらうことになります。

引越し業者に依頼するメリット・デメリット

金額が同じ、作業者のスキルもそれほど変わらないのであれば、引越し業者に依頼するメリットはどこにあるのでしょうか?

一番大きなメリットは、エアコン業者を自分で手配する必要がないということです。

引越しにはなにかと手間と時間がかかりますが、この手間と時間を引越し業者が引き受けてくれるのですから、これは大きなメリットになります。

引越しと同時に取り外しもしてもらえますので、効率よく取り外し・取り付けをしてもらうことができるというメリットもあります。

デメリットはトラブルが発生したときの責任の所在が曖昧であったり、電気工事業者の対応が悪かったという口コミもよく目にします。

それでも基本的にはそうそうトラブルが生じるものではありませんので、基本的には引越し業者に依頼して問題ありません。

専門の業者に依頼するメリット・デメリット

専門の業者に依頼するメリットは、お金の動きも含めて専門の業者と直接コミュニケーションをとっての依頼になりますので、「聞いていない」というトラブルを避けやすくなります。

反対にデメリットとしては引越し業者に依頼する場合のメリットの裏返しで、とにかく手間と時間がかかります。

引越し業者とは別の時間を確保しなければいけませんし、県外への引越しの場合、取り外しを行う業者と取り付けを行う業者の両方に作業依頼する必要があります。

取り外してから引越しをするまでの数日と、引越しをしてから取り付けるまでの数日はエアコンが使えないというデメリットもあります。

室外機の設置が屋根の上だったり、建物の壁面であるような複雑な設置と配管を必要とする場合のみ、コミュニケーションを取りながら作業のできる専門業者に、取り外し・取り付けの依頼をすることをオススメします。

エアコンをすべて買い換えるという選択

あまり意識をしていないかもしれませんが、エアコンには寿命があります。およそ10年がエアコンの寿命になります。

「うちのエアコンは10年以上動いている」という家庭もあるかもしれませんが、それはいつ壊れてもおかしくない状態か、だましだまし使用しているだけだったりします。

引越しはエアコン買い替えをするちょうどいいタイミングです。

もし現在使っているエアコンが購入から10年以上経過している場合は、古いエアコンを処分して、新しいエアコンを購入検討してみてはいかがでしょう。

現在付いているエアコンは引越し業者に取り外し・回収を依頼してもいいですし、自分で専門業者に依頼するのもいいでしょう。

エアコンはリサイクル家電の対象ですので、必ず認可をとった回収業者にリサイクル料を払って回収してもらうようにしてください。

なお、エアコンのリサイクル料はメーカによって変わってきますが、900円〜2100円が一般的で、ヤンマーのエアコンの場合のみリサイクル料が9000円程度と高額になります。

このリサイクル料に対して、1000円〜2000円程度の収集運搬料が加わることになります。

結局引越し時のエアコン取り付け、取り外しはどの業者に頼めばいいの?

引越し時のエアコンの取り付け、取り外しを引越し業者に依頼するべきか、それとも専門の業者に依頼すべきか、まだ悩んでいる状態かもしれません。

引越しに手間と時間を掛けたくないから、できることならシンプルに引越し業者にまとめて依頼したい人もいるかもしれません。

それでもやはりオススメは、専門の業者に依頼することです。

引越し業者に依頼すると、連絡の窓口がすべて引越し業者になるのですが、引越し業者は専門的な知識があるわけではないため、実際の工事になるときに「そんなことは聞いていない」というコミュニケーション不足によるトラブルが発生しやすくなります。

想定外の追加料金が発生することもあります。そんなトラブルを避けるためには、やはり信頼できる専門の業者に依頼するほうが安心です。

業者探しもいまは「エアコン工事業者の一括見積もりサイト」という便利なサイトがあります。

その中でもエアコンサポートセンターは引越しのエアコン取り外し、取り付けにも対応していますので、それぞれの住所が離れていても工事可能です。

工事実績も多く、引越し時のエアコン取り外し、取り付けにぴったりなサービスですので、引越しを検討している方は、ぜひエアコンサポートセンターでのエアコンの引越しを検討してみてはいかがでしょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。