アパート退去時のエアコンクリーニングは入居者負担?大家負担?

最近はエアコンがついているアパートが増えていますが、このエアコンのクリーニングは入居者が負担すべきか、大家さんが負担すべきかについては意外と知られていません。

そのため引っ越しをするときにはエアコンクリーニングについて、誰が負担するのかで問題になることもあります。

ここではアパートに最初からついているエアコンのクリーニングを誰が行うべきかについて説明します。

エアコンの基本的なメンテナンスは入居者負担

アパートのエアコン
初めからエアコンがついているアパートなどのメンテナンスは、どちらが費用を負担するのか気になるところですよね。

居住中のメンテナンスについてついて詳しく説明します。

入居中のメンテナンスは入居者の負担

エアコンの日々のメンテナンスは、入居者が負担することになります。

大家さんは勝手に入居者のいる部屋に入るわけにもいきませんので、日常のフィルター掃除などは入居者が行う必要があります。

入居中使ってて壊れた場合

あきらかに古くなって壊れてしまったエアコンの交換などは大家さんが負担することになります。

エアコンといえども、それは水道の蛇口や、湯沸し器のようにアパートの設備になりますので、それらが壊れたときは大家さんが直さなくてはいけません。

理由は、大家さんのほうが入居者募集中の説明欄などに「エアコン付き」などをうたって募集していることが多いからです。

しかし、入居時にエアコン付きでも「入居中に発生した故障の修理費は入居者負担」という可能性もゼロではありません。

壁掛けタイプのエアコンの寿命は大体8年〜10年と言われていますので、そこも含め契約前にしっかり確認をとるようにしましょう。

こんな時の故障は入居者負担

入居者がエアコンクリーニング業者に依頼して掃除をしてもらったり、自分で掃除をしてエアコンを故障してしまった場合は、入居者が修理・交換費を負担しなくてはいけません。エアコンのクリーニングはエアコンの故障が起こりやすいため、もし業者に依頼する場合はきちんと保険に加入している業者を選ぶようにしてください。

退去時のエアコンクリーニングは誰が負担するのか?

エアコンクリーニング
日常の清掃は入居者が行わなくてはいけませんが、部屋を返すときも入居者がクリーニングを行うべきなのでしょうか?

それとも大家さん負担になるのでしょうか。

契約書に入居者負担とないなら大家さん負担

原則として、アパートの設備は大家さんが負担して修繕することになります。

また「原状回復」に必要な費用である「敷金」を前もって払っていますので、エアコンも部屋を返したあとに、大家さんが自分でエアコンクリーニングを依頼するのがあるべき姿です。

契約書にエアコンクリーニング負担の記載がない場合は、支払い義務はありませんので退去時に負担することはありません。

入居時の契約書に入居者負担とあれば入居者が負担する

契約時に「エアコンのクリーニングは入居者が行うこと」と決められていた場合は、入居者が払うことになります。

それを納得したうえで契約をしたはずで、返すときなってあとから「おかしい」というのは筋が通りません。

エアコンだけでなく、ふすまや畳なども、入居者負担になる契約がほとんどです。

契約を結んだのであれば、それが違法ではない限り守る必要があります。

このため、エアコンクリーニングが入居者負担であるとした場合は、入居者が払う以外に選択肢はありませんので、きちんとエアコンクリーニングを行なって返すようにしましょう。

エアコンクリーニング業者の選び方

エアコンクリーニング業者
エアコンクリーニングを入居者が行う場合、大きく分けて2種類のケースが考えられます。

  • 入居者が個人でエアコンのクリーニング業者を見つけてきて、エアコンクリーニングを依頼するケース
  • 大家さん指定の業者がエアコンクリーニングを行い、その費用を敷金から差し引くケース

大家さん指定業者を使うと契約で決まっている場合は従うしかありませんが、そうでない場合は自分でエアコンクリーニングの業者に依頼してもいいか確認しましょう。

エアコンクリーニングの業者選びのポイント

エアコンクリーニング業者の選び方について詳しく説明していきます。エアコンクリーニング業者を探すときは次のポイントをおさえておいてください。

  • 料金体系が明確な業者
  • エアコンが壊れた時のために賠償責任保険に加入している業者
  • 価格帯が7,000〜10,000円以内におさまる業者
公式サイトや電話問い合わせで、しっかりと料金の案内ができる業者に依頼しましょう。

例えば、壁掛けタイプのエアコンと伝えても「エアコンを見てみないとわからない」などと曖昧な案内をする業者は注意が必要です。

また、いくらプロの清掃業者とはいえ、掃除中にエアコン本体をはじめ家の壁や床を損傷してしまう可能性も考えられます。

こういった不測の事態にもしっかり対応してもらえるよう「賠償責任保険」などに加入している業者を選ぶようにしましょう。

価格帯については次に詳しく説明します。

エアコン掃除の料金相場

特殊なエアコンを使用している場合は、価格帯が少しアップしますが、一般的なエアコンは1万円前後でクリーニングすることが可能です。

価格帯については、相場を把握しておくことで少しでもお得な業者を探すようにしてください。エアコンクリーニングの料金相場は以下のとおりです。

エアコンタイプ料金(1台あたり)作業時間
壁掛けタイプ10,000円〜約2時間
自動掃除機能付き壁掛けタイプ14,000円〜20,000円約3時間〜4時間
一般家庭用天井埋込タイプ25,000〜30,000円約3時間
業務用天井埋込タイプ30,000円〜35,000円約4時間

(※すべて税抜き価格です)

クリーニング料金は、エアコンの汚れ具合や容量によって異なります。

こんな業者には注意!

見積金額が出てきたら、エアコンクリーニングの何にいくらかかるのか、時間はどれくらいかかるかなどの明細を出してもらうようにしてください。これを嫌がる業者は避けるようにしましょう。

おすすめのエアコン掃除業者

おすすめのエアコンクリーニング業者
ここで、エアコン掃除のおすすめの業者を紹介しますので参考にしてみてください。

基本的にエアコン掃除の料金はどの業者も一律になっており、エアコンの種類によって変わる料金もあらかじめネット上で確認ができるので、当日に追加料金無しで安心してプロの力でエアコンを隅々まで掃除してもらえます。※駐車場がないお宅の場合、有料駐車利用などの諸費用は利用者の負担になります。

おそうじ本舗

おそうじ本舗エアコンクリーニング
業界NO.1の店舗数をもつ全国チェーンなので料金も安く、分解して除菌効果のある特殊なオリジナル洗剤でしっかり掃除してくるだけでなく、さらに防カビ仕上げもしてくれる安心のプロクリーニング業者です。

おそうじ機能付きのエアコンや天井埋込タイプにも対応しています。

エアコンクリーニング

また、LINEで写真を送るだけで気軽に見積もりができるサービスや、クリーニング料金も公式サイトでしっかりと公開しているため安心です。

また、繁忙期はすぐに来てもらうことは難しいですが、追加料金3,000円(税抜き)で3日以内に対応してもらえる「特急便」もあるので、引っ越しまでに時間が無い方におすすめです。

どこに頼んでいいかわからないという人は、CMでも話題の「おそうじ本舗」を選んでおけば間違いありません。

お掃除本舗をチェック

お掃除マスター

引っ越し エアコンクリーニング
受付は24時間365日対応してくれるので、仕事などで昼間なかなか予約する時間が取れない方におすすめです。※作業は9時〜21時まで

お掃除マスターは、エアコンだけでなく洗濯機などその他の掃除にも対応。全国エリアに対応しているので、引越し前でも引越し後でも利用できます。

また、出張料金が無料のため作業代のみの低価格で利用でき、クレジットカード払いに対応しているのも助かります。

お掃除マスター 申し込み

公式ページでたった30秒で見積もりもできるので迷っている方はまずは見積もりから試してみましょう。

お掃除マスターをチェック

生活手帖

エアコンクリーニングなら生活手帖
生活手帖は、プロの業者に依頼したい人とハウスクリーニング専門業者を繋ぐ予約&口コミサービスです。

希望の掃除箇所、郵便番号、日程を入力するだけで料金や空き状況、実際に業者を利用したお客様の口コミを観ることができるので、業者探しが苦手な方におすすめです。

エアコンクリーニング専門業者ごとのサービスを「比較」「検討」「予約」まで出来て、支払いもクレジットカード決済が可能なのでネット上ですべて完結できます。
生活手帖

女性の一人暮らしでも安心

女性一人暮らしだと、男性が多い業者を自宅に呼ぶのに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?

生活手帖なら、「女性スタッフ在中アイコン」などで一目でわかるようになっているので安心です。

女性スタッフが行うエアコンクリーニング
女性スタッフ在中

生活手帖をチェック

入居時は契約書の確認してから捺印

今回は、退去時のエアコンクリーニング代負担について紹介しましたが、本来は入居時に契約書をしかっりと確認し捺印しましょう。

入居を急がされてあわてて契約してしまい、あとから「きいてなかった」では通用しません。

退去時の費用負担に関してはトラブルになりやすいので、入居時にしっかり確認するようにして、退去時はお互い気持ちよく引き渡しをすませたいものです。

引っ越し時のエアコン移設について詳しくはこちら
引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用相場とおすすめの引越し業者