最近はエアコンがついているアパートが増えていますが、このエアコンのクリーニングは入居者が負担すべきか、大家さんが負担すべきかについては意外と知られていません。そのため引越しをするときにはエアコンクリーニングについて、誰が負担するのかで問題になることもあります。

ここではアパートに最初からついているエアコンのクリーニングを、誰が行うべきかについて説明します。

基本的なメンテナンスは入居者負担

エアコンの日々のメンテナンスは、入居者が負担することになります。大家さんは勝手に入居者のいる部屋に入るわけにもいきませんので、日常のフィルター掃除などは入居者が行う必要があります。

ただし、古くなって壊れてしまったエアコンの交換などは大家さんが負担することになります。

エアコンといえども、それは水道の蛇口や、湯沸し器のようにアパートの備品になりますので、それらが壊れたときは大家さんが直さなくてはいけません。

それでは退去時のエアコンクリーニングはどうなるのでしょう?

日常の清掃は入居者が行わなくてはいけませんが、部屋を返すときも入居者がクリーニングを行うべきなのでしょうか。それとも大家さん負担になるのでしょうか。

契約に入居者負担とあれば入居者が負担する

原則として、アパートの備品は大家さんが負担して修繕することになります。エアコンも部屋を返したあとに、大家さんが自分でエアコンクリーニングを依頼するのがあるべき姿です。

ただし、契約時に「エアコンのクリーニングは入居者が行うこと」と決められていた場合は、入居者が払うことになります。

それを納得したうえで契約をしたはずで、返すときなってあとから「おかしい」というのは筋が通りません。

エアコンだけでなく、ふすまや畳なども、入居者負担になる契約がほとんどです。契約を結んだのであれば、それが違法ではない限り守る必要があります。

このため、エアコンクリーニングが入居者負担であるとした場合は、入居者が払う以外に選択肢はありませんので、きちんとエアコンクリーニングを行なって返すようにしましょう。

エアコンクリーニング業者の選び方

エアコンクリーニングを入居者が行う場合、大きく分けて2種類のケースが考えられます。

ひとつ目は、入居者が個人でエアコンのクリーニング業者を見つけてきて、エアコンクリーニングを依頼するケース。

もうひとつが、大家さん指定の業者がエアコンクリーニングを行い、その費用を敷金から差し引くケースになります。

後者の場合で、指定業者を使うと契約で決まっている場合は従うしかありませんが、そうでない場合は自分でエアコンクリーニングの業者に依頼してもいいか確認しましょう。

エアコンクリーニングの業者選びのポイントをまとめると下記のようになります。

  • 料金体系が明確な業者
  • エアコンが壊れた時のために賠償責任保険に加入している業者
  • 価格帯が7,000〜10,000円以内におさまる業者

特殊なエアコンを使用している場合は、価格帯がもう少しアップしますが、一般的なエアコンは1万円以下でクリーニングすることが可能です。

見積金額が出てきたら、エアコンクリーニングの何にいくらかかるのか、時間はどれくらいかかるかなどの明細を出してもらうようにしてください。これを嫌がる業者は避けるようにしましょう。

またエアコンのクリーニングはエアコンの故障が起こりやすいため、きちんと保険に加入している業者を選ぶようにしてください。

エアコンクリーニング業者選びで悩んだら

エアコンクリーニングの業者の選び方を紹介しましたが、ホームページなどからでは、なかなか最適な業者を見つけ出すのは難しいですよね。

そんなときに利用したいのが「エアコンサポートセンター」のような、業者を一括比較できるサイトになります。

「エアコンサポートセンター」では厳選した業者だけに、見積り依頼をすることができるため、業者選びで失敗することも少なく、なおかつ作業費用も相見積もりになるため、安く抑えることも可能になります。

エアコンクリーニングをどこで行なっていいのかで悩んだときは、ぜひ「エアコンサポートセンター」で業者選びを行って、納得のエアコンクリーニングをしてもらいましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。