引越しに伴う車の購入タイミングは引越し先と現住所どっちがいいの?

電車がない地方への引っ越しの場合、生活にはどうしても車が必要になるため、引っ越しのタイミングで車の購入を検討されている方は多いのではないでしょうか。

でも、そのようなときは引っ越し先で購入すべきか、それとも現住所で購入すべきか悩ましいところですよね。

引っ越しに伴う車の購入は、引っ越し先と現住所どちらですべきかメリットやデメリットについて説明しますのでぜひ参考にしてください。

引っ越し先で車を購入するメリットとデメリット

できれば引っ越し後、落ち着いてからゆっくり車を探したいですよね。しかし引越前に車を持っていないと色々と不便に感じることもあります。

まずは、引っ越しに伴う車の購入を引っ越し先で行うメリットとデメリットについて説明します。

メリット

  • 引っ越し後の住所変更などの手続きが不要になる
  • 購入したお店で今後のメンテナンス等をしてもらえる

メリットとしては引越し先で新しく車を購入すれば、車検証やナンバープレート発行などの手続きは基本ディーラーさんが代行してくれるので手間が省けます。

また、購入した車に何か不具合が起きても、購入したお店が近いので安心です。

しかし、車庫証明書は自身で前もって用意しなければいけませんので注意しましょう。

車庫証明書の取得方法については次の記事が参考になるはずです。
住所が変わった際の車庫証明書と車検証の変更手続きはディーラーでやる?自分でやる?【車庫証明の住所変更手続き方法】必要書類と期限は?

デメリット

  • 引っ越しをするまで車を使えない、引っ越しに車を使えない
  • 引っ越しが遠方の場合は引っ越しをするまで、車選びや試乗ができない
  • 引っ越し直後は車を使えない
デメリットとしては、引っ越しの際の移動手段などがないのでちょっとした荷物でも自力で運べないことです。

また、車という高い買い物をする際は試乗するなど時間をかけて選びたいものですが、引っ越し予定だとなかなか旧住所で車を探すきにはなれませんよね。

引っ越し後に車を探し購入しても納車までに車庫証明の取得など多少時間がかかってしまいます。

新車なら直営店、中古車ならネットで探す

どうしても引っ越し直後に新しいクルマに乗りたいときは、新車なら車のメーカー直営店で試乗し、引越し先で納車できないか相談してみます。中古車ならネットなどで調べ良い車があれば先に問い合わせておくとよいでしょう。

引っ越し前に車の購入を現住所で行うメリットとデメリット

引っ越し前に車があれば、引っ越し作業にも使えて何かと便利ですが、その後はどうなのでしょうか?

次に引っ越しに伴う車の購入を現住所で行う、そのメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

  • 引っ越しに車を使用することが出来る
  • 引っ越し後すぐに車を使える
メリットと言えば、やはり引っ越し時に自家用車で多少荷物を運べるので、引っ越し業者に依頼する荷物の量が減るため結果的に引っ越し費用が安く抑えられます。

また、引っ越した当日から車を使用できるので、すぐに普段の生活がスタートできます。

デメリット

  • 引っ越しを終えたあとにナンバープレート交換や住所変更などの手続きが発生する
  • 引っ越し先で住居だけでなく駐車場を探す必要がある
  • 新車の場合引っ越し作業で傷ついてしまうリスクがあります。
やはり、車庫証明書や車検書証の住所変更やナンバープレート変更など手続きが多いことがデメリットです。

また、引越し先が駐車場付きの物件なら良いですが、無いなら駐車場をあらかじめ探さなくてはいけません。さらに、新車を購入した場合、荷物を無理につぎ込むとキズがついてしまうことも。

どっちかと言われたら引っ越し先での車の購入がおすすめ

特別な理由がない限り、車は引っ越し後に購入するのがおすすめです。

その理由について説明していきます。

住所変更手続きが大変

一番の理由は、引っ越しに伴う車の住所変更手続きです。

もし現住所で車を買った場合、現住所で車庫証明を取る必要があり、引っ越しをしてもう一度車庫証明を取り、そして引っ越し先によってはナンバープレートの交換の手続きをする必要があります。

作業をすべて業者に依頼するという方法もありますが、ただでさえお金のかかる引っ越し後ですから無駄な出費は抑えたいところですよね。

公共機関を利用する

現住所で車を購入すると、引っ越しで使用することもできるというメリットもありますが、車が傷ついたり事故の可能性があるなど、冷静になって考えればそれほど大きなメリットでないことがわかると思います。

車でないければ行けないような辺境に引っ越すのであれば話は別ですが、通常の交通網で行ける範囲での引っ越しをするのであれば、わざわざ引っ越しのためだけに現住所で車を買う必要はありません。

引越前に購入するのがよい特別な理由

引っ越し前に車を購入すべき特別な理由、それは「引っ越し先ですぐに車が必要かどうかということです。

一般的に中古車で購入から納車までの日数は1週間から10日程度かかり、ディーラーで新車を買う場合は1ヶ月程度かかります。人気車種の場合はもっと時間がかかることもあります。

引っ越しをした翌日に通勤のために車が必要といったときは、手続きが面倒であっても引っ越し前に購入するしかありません。

もし購入が決まっていれば、納車までの間に代車を借りるという方法もあります。

新車を引越し前に購入するようなケースでは、1人で悩まずにディーラーに相談するのが一番です。

ただし、ディーラーも自分のところで買ってもらいたいので、出来ることなら引っ越し先のディーラーに相談するようにしましょう。

代車やレンタカー利用も考える

引っ越しに伴う車の購入をする場合、基本的に引っ越し先で行うようにしましょう。

住所変更やナンバープレートの交換など、面倒な手続きを行う必要がなく、無駄な出費を抑えることができます。

ただし、先ほどもお伝えしたとおり、引っ越し先で車を購入すると納車までに思った以上の時間がかかります。

購入する車が決まっているのであれば、引っ越し先のディーラーから納車までの間代車をかりるか、まだ購入する車が決まっておらずゆっくり探したい場合は月額のレンタカーを検討してみてもいいでしょう。

しかし、現住所で欲しい車が見つかった場合や、引っ越し作業でどうしても車を使いたい場合もあると思いますので、ここは状況を見ながら現住所で車を購入するか、引っ越し先で購入するか検討してください。