引越しに伴う車の購入は引越し先と現住所どっちがいいの?

引越し先での生活にはどうしても車が必要になるため、引越しのタイミングで車の購入を検討されている方は多いのではないでしょうか。でも、そのようなときは引越し先で購入すべきか、それとも現住所で購入すべきか悩ましいところですよね。

引越しに伴う車の購入は、引越し先と現住所どちらですべきかについて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

引越しに伴う車の購入を引越し先で行うメリットとデメリット

まずは引越しに伴う車の購入を引越し先で行う、そのメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

  • 引越し後の住所変更などの手続きが不要になる
  • 購入したお店で今後のメンテナンス等をしてもらえる

デメリット

  • 引越しをするまで車を使えない、引越しに車を使えない
  • 引越しが遠方の場合は引越しをするまで、車選びや試乗ができない
  • 引越し直後は車を使えない

引越しに伴う車の購入を現住所で行うメリットとデメリット

次に引越しに伴う車の購入を現住所で行う、そのメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

  • 引越しに車を使用することが出来る
  • 引越し後すぐに車を使える

デメリット

  • 引越しを終えたあとにナンバープレート交換や住所変更などの手続きが発生する
  • 引越し先で住居だけでなく駐車場を探す必要がある

基本的には引越し先での購入がおすすめ

それぞれの、メリットとデメリットを抽出しましたが、一番注目すべきことは、引越しに伴う車の住所変更手続きです。

もし現住所で車を買った場合、現住所で車庫証明を取る必要があり、引越しをしてからも、もう一度車庫証明を取り、そして引越し先によってはナンバープレートの交換の手続きをする必要があります。

作業をすべて業者に依頼するという方法もありますが、ただでさえお金のかかる引越し後ですから、無駄な出費は抑えたいところですよね。

現住所で購入すると、引っ越しで使用することもできるというメリットもありますが、冷静になって考えればそれほど大きなメリットでないことがわかると思います。

車でないければ行けないような辺境に引越すのであれば話は別ですが、通常の交通網で行ける範囲での引越しをするのであれば、わざわざ引越しのためだけに、現住所で車を買う必要はありません。

特別な理由がない限り、車は引越し後に購入するのがおすすめです。

引越前に購入するのがよい特別な理由

それではどんなとき、引越前に現住所で車を購入すべきなのでしょう。

引越し先ですぐに車が必要

現住所で車を買っておくべき理由はただひとつ、これに限ります。引越しをした翌日に通勤のために車が必要。そんなときは現住所で車を買っておく必要があります。

手続きが面倒であっても、必要であればそうせざるを得ません。

一般的に中古車で購入から納車までの日数は1週間から10日程度かかります。ディーラーで新車を買う場合は、1ヶ月程度かかります。

人気車種の場合、もっと時間がかかることもあります。

すぐに車が必要なのに1ヶ月も待っていられないというような人は、引越し前に購入するしかありません。ただし、購入が決まっていれば、納車までの間に代車を借りるという方法もあります。

新車を購入するようなケースでは、1人で悩まずにディーラーに相談するのが一番です。ただし、ディーラーも自分のところで買ってもらいたいので、出来ることなら引越し先のディーラーに相談するようにしましょう。

まとめ

引越しに伴う車の購入をする場合、車の口入は基本的に引越し先で行うようにしましょう。住所変更やナンバープレートの交換など、面倒な手続きを行う必要がなく、無駄な出費を抑えることができます。

ただし、引越し先で車を購入すると、納車までに思った以上の時間がかかります。引越し先ですぐに車が必要な場合は、現住所で車を購入することも検討してください。