引っ越しにおすすめのレンタカー9選!格安で借りれるサービスも紹介

hikkoshi-rentaka

低予算で引っ越しをしたいときや、繁忙期で引っ越し業者がどこも予約できないときにおすすめなのがレンタカーを使った引っ越しです。レンタカー代とガソリン代だけしかかかりませんので、数万円で引っ越しできてしまいます。

ただしレンタカーを借りるときには、引っ越し荷物に合わせた車種や車体を選ぶ必要があります。そこでここでは、引っ越しをするときにおすすめのレンタカーと、セルフ引っ越しをするうえでの注意点をご紹介していきます。

引っ越しに最適なレンタカーの選び方

レンタカーで引っ越しをする場合に重要なのが、どの車種を選ぶかということです。荷物が少ないのに2tトラックを借りても荷台がスカスカになってしまいますし、反対に荷物が多いのに軽トラックを借りると何往復もしなくてはいけなくなります。

そのようなミスマッチを防ぐために、レンタカーの車種は荷物の多さと移動距離によって決める必要があります。そのときの選択肢は下記の3車種になります。

  • バン
  • 軽トラック(ワンボックス軽)
  • 2tトラック

それぞれの車種がどのような引っ越しに適しているのか、詳しく解説していきます。

バンの特長

参照:トヨタ公式サイト

ハイエースやキャラバンなどの屋根があるタイプの車で、1000kg程度の荷物を運ぶことができます。単身向けの小さな冷蔵庫や洗濯機を縦積みすることができ、ベッドのような長さのある家具も積載できます。屋根がありますので、雨の日も荷物が濡れるのを気にしなくていいのもバンタイプのレンタカーの魅力です。

1Kもしくはワンルームで荷物が少ない引っ越しに強く、レンタカーでもほとんどがAT車ですので運転しやすいというメリットもあります。単身の引っ越しであれば、積載量を考えてもバンタイプのレンタカーが最適です。

レンタル料金12時間:約14,000円
積載量目安冷蔵庫(小)・洗濯機・薄型テレビ・布団・電子レンジ・パソコン・ダンボール10個

軽トラック(軽キャブバン)の特長

参照:ダイハツ公式サイト

移動距離が短い引っ越しで強みを発揮するのが軽トラックです。小回りが効くので狭い路地でも問題なく入ることができますし、荷物の積み込みも簡単です。バンと違って屋根がないので多少大きな家電でも縦積みできるのも軽トラックのメリットになります。

ただし引っ越し予定日が雨だった場合には、荷物を雨から守るために幌を借りる必要があります。また荷室の長さが1900mm程度しかありませんので、大きな家具は乗らないこともあります。大きな家具がある場合には2tトラックを利用しましょう。

大きな家具や家電のないダンボールだけの引っ越しであれば、ワンボックスタイプの軽キャブバンもおすすめです。屋根があるので雨の日でも安心ですし、荷物が落下する危険性もありません。軽トラックも軽キャブバンも料金が安いので予算を少しでも抑えたい人に適しています。

レンタル料金12時間:約7,000円
積載量目安冷蔵庫(小)・洗濯機・薄型テレビ・布団・電子レンジ・ダンボール10個

2tトラックの特長

参照:三菱ふそう

家族の引っ越しのように荷物が多い場合には、2tトラックを借りる必要があります。このサイズであれば普通免許で運転できますし(平成29年3月以降に普通免許を取得した場合を除く)、大きな家具や家電も問題なく運ぶことができます。

定員も3人まで乗れるため、引っ越しの移動にも利用できます。ただし、車体がかなり大きいため、初めて運転するという場合には細い道などで立ち往生する可能性があり、運転が苦手という人にはあまりおすすめできません。

レンタル料金12時間:16,000円
積載量目安冷蔵庫(大)・洗濯機・薄型テレビ・布団・電子レンジ・ダンボール20個・エアコン・タンス2棹・食器棚・ソファ・ダイニングテーブル・椅子4脚

Anyca(エニカ)格安で車を借りれるサービス

anycaa

大手レンタカー会社よりも格安でレンタカーできるサービスのAnyca(エニカ)は株式会社ディー・エヌ・エーが運営しているので安心して利用できます。

スマホで簡単に予約して車を借りれます。使い方もシンプルで住んでいる地域と希望車種で検索して予約するだけです。今回引越しにおすすめのレンタカー9選を大手レンタカー会社とAnyca(エニカ)との料金も比較していますので、参考にして頂ければと思います。

引っ越しにおすすめのレンタカー9選

自分の引っ越し荷物や距離に合わせて車種を絞り込んだら、次は車体選びです。同じバンであっても車体によって積める荷物の大きさや量に違いがありますので、バンならなんでもOKというわけではありません。そこで、実際にレンタルできる車体の中から、おすすめの車体を9種類ご紹介していきます。

トヨタ ハイエース

参照:トヨタ公式サイト

引っ越しに最適なバンといえばトヨタのハイエースです。荷物の運搬用の車として使われるだけでなく、ホテルなどの送迎にも利用されるなど乗り心地の良さにもこだわった1台です。大型の車ですが運転もしやすく、ハイエースが初めてでも問題なく運転できるという魅力もあります。

荷室高が1320mmですので大型の冷蔵庫は横に倒す必要があり、この場合には洗濯機と一緒に詰めないという問題があります。これは他のバンでも同じことですので、バンで大型冷蔵庫と洗濯機を運ぶときには2回に分けて運ぶ必要があるので気を付けてください。

タイプバン
荷室長3000mm
荷室高1320mm
荷室幅1520mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間13,75013,750
24時間15,95015,950

Anyca(エニカ)最安値平日8,600円(東京)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

日産 キャラバン

参照:日産公式サイト

トヨタのハイエースと同様に人気があるのが日産のキャラバンです。小型貨物車の4ナンバーバンクラスで最大の荷室広さを誇る1台で、荷室には「ラゲッジユーティリティナット」があり、荷室での固定がしやすいという特長があります。

最新モデルにはエマージェンシーブレーキを採用するなど、安全に運転できるというのがキャラバンの魅力になります。すべてのレンタカーに採用されているわけではありませんが、バンの運転が不安という人はエマージェンシーブレーキ採用車がおすすめです。

タイプバン
荷室長3050mm
荷室高1325mm
荷室幅1520mm
日産レンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間22,220円12,100円
24時間27,720円14,300円

Anyca(エニカ)最安値5,200円(兵庫県)

anyca

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

マツダ ボンゴバン

参照:マツダ公式サイト

ハイエースやキャラバンほどの荷室長がありませんが、マツダのボンゴバンも荷物がやや多い程度の単身引っ越しなら十分に対応できる1台です。小回り性能が高く、運転しやすいのがボンゴバンの特長で、最小回転半径はたったの4.3mです。

全長も短いので駐車場に入れるのも簡単です。格安レンタカーで扱っていることも多く、予算を抑えやすいというのも魅力のひとつとして挙げられます。ダンボールの数があまり多くなく、長い家具がないという場合には選択肢にいれておきたい車のひとつです。

タイプバン
荷室長2260mm
荷室高1225mm
荷室幅1480mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間9,9009,900
24時間11,55011,550

Anyca(エニカ)でボンゴバンなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

スズキ エブリィ

参照:スズキ公式サイト

大きな家具や家電がなく、ダンボールや衣装ケースだけの引っ越しというのであればスズキのエブリィがおすすめです。荷室長は1955mmですが助手席を倒すこともできるので、最大2640mmの長尺な荷物も積むことができます。

また、積み込みや積み下ろししやすいのもエブリィの特長です。軽自動車ですので小回りが効き、運転しやすいのもおすすめのポイントになります。安全性も高く乗り心地もいいので、中距離程度の引っ越しにも対応可能です。

タイプ軽キャブバン
荷室長1955mm(最大2640mm)
荷室高1240mm
荷室幅1385mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間6,6006,600
24時間7,7007,700

Anyca(エニカ)最安値平日3,500円(東京)

anyca

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

ホンダ N-VAN

n-van

参照:ホンダ公式サイト

ホンダのN-VANも軽キャブバンで、荷物の少ない引っ越しに適したレンタカーです。通常の荷室長はエブリィよりも短く、積み込みできる荷物も少ないのですが、助手席を倒してフルフラットの状態にできるので、思った以上に積み込めます。

独自のダブルビッグ大開口があり、助手席側からも荷物を積み込みできるので、効率よく引っ越し作業を進められます。「Honda SENSING」を採用していますので、安全性も高く安心して運転できるのもN-VANの魅力です。

タイプ軽キャブバン
荷室長1510mm(最大2560mm)
荷室高1260mm
荷室幅1325mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間6,6006,600
24時間7,7007,700円

Anyca(エニカ)でN-VANなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

スズキ キャリイ

参照:スズキ公式サイト

レンタカーに多い軽トラックがスズキのキャリイです。軽トラックですが耐衝撃性が高く、さらにパワフルなエンジンを積んでいるため、荷物を積み込んでもスピードが落ちることなく、軽快な走りで引っ越しできます。室内も他の軽トラックよりも広いので、大切なものをシートバックスペースに積んで運べます。

シートスライドが大きいので、体が大きい人でも窮屈さがないというメリットもあります。リクライニングもできますので、多少長い距離の運転になっても車内でゆっくりと休憩もできます。

タイプ軽トラック
荷室長1940mm
荷室高なし
荷室幅1475mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間6,6006,600
24時間7,7007,700

Anyca(エニカ)でスズキのキャリイなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

ダイハツ ハイゼット

hijet

参照:ダイハツ公式サイト

最も古い歴史のある軽トラックがダイハツのハイゼットです。1960年の登場以来、ずっと改良され続けてきた軽トラックですので、走行しやすさはもちろんのこと、ATにも対応しているのでマニュアル車の運転が苦手という人でも安心して運転できる1台です。

冷蔵庫や洗濯機といった大きな家電がなく、雨の中の運転が不安という場合や、移動距離がやや長いという場合には軽キャブバンタイプのハイゼットカーゴもおすすめです。荷物の多さや移動距離に合わせて選びましょう。

タイプバン
荷室長1940mm
荷室高なし
荷室幅1410mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間6,6006,600
24時間7,7007,700

Anyca(エニカ)でハイゼットなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

日産 アトラス2tアルミバン

参照:日産公式サイト

2tトラックでありながら最小回転半径が4.4mと小さく、小回りがきくのが日産のアトラス2tアルミバンです。このためトラックの運転が初めてという人でも、それほど戸惑うことなく運転できるのがアトラスをおすすめする最大の理由です。

もちろん安全性能も高く、アルミバンですので十分な積載量があるので、夫婦2人くらいの引っ越しなら難なくこなせてしまいます。

タイプ2tトラック
荷室長3175mm
荷室高2065mm
荷室幅1775mm
日産レンタカー通常期アトラスレンタ
12時間18,920円12,980円
24時間23,870円11,000円

Anyca(エニカ)でアトラスなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

いすゞ エルフ

ELF

参照:いすゞ公式サイト

高い安全性能があるということでおすすめなのが、いすゞのエルフです。衝突回避支援をしてくれるプリクラッシュブレーキや、車間距離警報、車線逸脱警報などの安全装備を搭載しており、不慣れなトラックの運転をサポートしてくれます。

オートマ車の場合、スムーズに変速できるスムーサーEXを搭載しているのもエルフの魅力です。これにより手動変速と自動変速を自由に切り替えることができ、スムーズな変速が可能になっているため高速道路の合流などでも慌てることなく運転できます。

タイプ2tトラック
荷室長3105mm
荷室高1845mm
荷室幅1770mm
にっぽんレンタカー通常期オリックスレンタカー通常期
12時間12,65012,650
24時間15,40015,400

Anyca(エニカ)でエルフなし(2020年10月27日時点)

\アプリ登録&検索完全無料/

エニカでお得に車を借りる

レンタカーで引っ越しするときの注意点

hikoshirentaka

レンタカーで引っ越しをするときには、気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。それを意識して借りないと、安くするつもりが高くついたり、思わぬトラブルが発生したりしますので、意識しておくべきポイントをご紹介していきます。

余裕のあるスケジュールで借りる

レンタカーを借りるときには、12時間もしくは24時間のプランで借りましょう。引っ越し先がそれほど遠くないからということで、6時間あれば十分なんて考えていたら、渋滞に巻き込まれて時間内に運びきれず追加料金が発生することがよくあります。

1回で運び終えるつもりが、荷物が思ったよりも多くて2往復しないといけないなんてこともあります。自分の想定通りの時間で終わることはまずないので、できるだけ長時間借りておきましょう。そのほうが運転にも余裕がでて事故のリスクを回避しやすくなります。

近距離の引っ越しでも12時間、少し遠くに引っ越しする場合には24時間借りておき、無理のない引っ越しを目指しましょう。

トラックはマニュアル車が多い

格安レンタカーの場合、2tトラックはマニュアル車しか置いていないことがあります。大手レンタカー会社ならオートマ車もありますが、保有している台数に限りがあり、繁忙期にはマニュアル車しかないということもあります。

マニュアル車の免許を持っていても、普段はオートマ車しか運転しないという人も多いかと思いますが、久しぶりのマニュアル車がトラックというのは不安も大きくなるかと思います。マニュアル車の運転に自信がないなら、まずはオートマ車の2tトラックを探しましょう。

ポイントはできるだけ早めに確保するということです。引っ越しを自分ですると決めたらすぐに大手レンタカー会社で予約して、オートマ車を借りましょう。

友人などに協力者を募る

レンタカーを使って引っ越しをする場合、搬出搬入をできるだけ素早く行う必要があります。特に建物に十分な駐車スペースがない場合には、路上に車を停めることになるので、近所の人に迷惑をかけてしまいます。

できるだけスピーディに引っ越し作業を終わらせるために、自分1人や家族だけで作業をするのではなく、親しい友人などに声をかけて引っ越し作業を手伝ってもらいましょう。そうすることで搬出も搬入も時間をかけずに終わらせることができます。

食事代や交通費などは負担しなくてはいけませんが、引っ越し作業を素早く行うための必要経費だと考えてください。なんでも家族だけでやろうとすると無理をしてしまい、引っ越し作業中にケガをすることもあります。3〜4人くらいの人数で、安全作業を心がけてください。

家具や家電の破損リスクがあることを頭に入れておく

引っ越し業者が運ぶなら破損した場合には保険を使えますが、自分で運んで破損させた場合には自己責任になります。薄型テレビやパソコン、冷蔵庫などは移動させることを前提に作られておらず、新居に持ち込んだら動かなかったなんてことも珍しくありません。

丁寧に運ぶ以外には対処方法がありませんが、レンタカーを使って自分で運ぶときには、そのようなリスクが伴うということを頭に入れておきましょう。もちろん手伝ってくれた友人が荷物を落下させて壊してしまっても、決して責めないようにしてください。

荷物が多いなら台車を用意しておく

ダンボールが数箱であれば搬出も搬入もすぐに終わりますが、10箱以上あるなら台車を用意しておきましょう。台車があれば2〜3箱を同時に運ぶことができますし、落下させて壊れるということも防げます。さらには力が弱くてもスピーディに運ぶことができます。

ただし、賃貸物件の場合には台車の使用が禁止されていたり、業者用エレベータを使うように決められていたりします。まずは管理会社に台車の使用可否を確認して、指示に従って使いましょう。

2tトラックは普通免許では運転できないケースもある

家族の引っ越しや荷物が多いケースでの引っ越しに適した2tトラックですが、法改正によって普通免許では運転なくなりました。ただしすべての人が該当するのではなく平成29年3月以降に普通免許を取得した場合にも、2tトラックの運転ができません。

それ以前に取得した場合には、免許更新時に準中型免許もしくは中型免許になるため、2tトラックの運転ができます。自分の免許証をチェックしておきましょう。もし29年3月以降に普通免許を取得しているけど大型のトラックを借りたいのであれば、1tや1.5tクラスのトラックを利用してください。

ちなみに平成19年6月1日までに普通免許を取得した人は、8tまで限定の中型免許になっていますので、法律上は4tトラックのレンタルも可能です。ただし、実際の運転はかなり危険ですので、4tトラックの運転経験がない人は2tトラックまでにしておきましょう。

オフシーズンなら引越業者に依頼するほうが安くなることも

hikoshigyousyayasui

レンタカーで引っ越しをする場合には、友人などに協力してもらったほうがいいとお伝えしましたが、その場合には交通費や食事代などを払いますので、レンタカー代やガソリン代などを考えたときに、実はそれほど安くなりません。

料金
レンタカー代約14,000円(12時間)
ガソリン代1,000円
梱包資材2,000円
交通費2,000円(1,000円×2人)
食事代3,000円(1,500円×2人)
合計22,000円

30km程度の単身引っ越しをした場合、バンタイプのレンタカーを使って行うと約2.2万円くらいかかります。同等の引っ越しを大手引越し業者に依頼すると、約2.5万円くらいの費用になります。これなら自分で行ったほうが安いわけですが、差額は3千円しかありません。

赤帽や地域密着型の業者に依頼すると、2万円以下でも対応してもらえることもありますので、この場合にはレンタカーを借りるよりも、引っ越し業者に依頼するほうが安くなります。このように、レンタカーでの引っ越しは必ずしも引っ越し業者よりも安くなるわけではありません。

特にオフシーズンになると、引っ越し業者は仕事が激減しますので、引越し一括見積もりサイトのようなサービスを使って業者選定を行うと、業者同士が競い合って値引きをしてくれるので、大幅な値引きを期待できます。

繁忙期は自分たちだけで引っ越しをするほうが安くなりますが、荷物が少ない単身引っ越しをオフシーズンに行うのであれば、実は引っ越し業者のほうが安いというケースもありますので、引越し一括見積もりサイトを使って見積依頼だけでもしてみることをおすすめします。

\引っ越し見積もりが最大半額!/

まとめ

費用を抑えて引っ越しをしたいときの定番となっているレンタカーでの引っ越しですが、まず大事なのは自分の荷物に適した車種を選ぶということです。荷物の少ない単身であれば軽自動車や軽キャブバンでもOKですが、単身でも荷物が多いならバンタイプのレンタカーを借りましょう。

大きな冷蔵庫や洗濯機がある家族での引っ越しは2tトラックがおすすめですが、平成29年3月以降に普通免許を取得した人は、2tトラックの運転ができませんので注意してください。また、引っ越しは思った以上に時間がかかるので、できれば12時間か24時間のプランで借りましょう。

搬出搬入をスムーズに行いたいのであれば、友人などに協力してもらうのが理想ですが、そうなると食事代や交通費などが必要になり、業者に依頼するほうが安く引っ越しできるケースもあります。必ずしもレンタカーが安いわけではありませんので、引越し一括見積もりサイトなどを使って見積依頼して、本当に安く済むのかどうか確認してください。

金額がそれほど変わらないのであれば、プロが運んでくれるほうが荷物の破損リスクが下がり安心です。自分自身がケガをするというトラブルも回避できますので、業者に依頼するという方法も選択肢に入れておきましょう。