6月の引越し費用はとにかく安い!相場も3割引きだけど相見積もりは欠かせない

春の引越しシーズンを終えて、引越し業界が落ち着くのが6月と言われています。引越し業者は仕事が激減するシーズンでもあり、多少安くても作業者を遊ばせておくよりはましということで、格安で引越しを引き受けてくれることもあります。

もちろん6月の引越しが安いのは理由があります。ここでは6月の引越しの特徴や引越し時に気をつけることなどを紹介しますので、6月の引越しを考えている人は参考にしてください。

6月の引越し料金はなぜ安くなるの?

6月はとにかく人の動きがまったくなくなってしまう時期になります。進学による引越しや転勤による引越しはほとんどが3月4月で終わってしまいます。

3月4月の引越しからあふれた人たちもGWには、ほぼ全員が引越しを完了させることになります。このため6月の引越しは突発的に発生するものがほとんどです。

6月に引越しをしない人が多い理由は実はもうひとつあります。それは「6月は梅雨の時期で引越しには向いていない季節」だということです。

雨の中の引越し作業は非常にリスクが高く、トラブルが発生しやすくなります。このため、あえて雨の多い6月に引越しをする人が少なくなり、ただでさえ動かない人の流れが完全に止まってしまいます。

それでも引越し業者は社員を抱えているわけで、引越しがなくても給料を払わなくてはいけません。だとすれば、会社の利益はほとんどなくても社員の給料分だけでも稼いでもらう必要があるため、引越し業者は底値で引越し案件を請けてくれるのです。

6月に引越しを上手にするためのポイント

6月は黙っていても引越し料金は通常期よりも安くなります。通常価格の3割引程度は当たり前で、6月に限って更に安くする引越し業者もあります。

とはいえ、引越し業者も慈善事業をやっているわけではありませんので、最初に見積もりを出した段階では、ある程度の利益は考えて金額を提示してきます。

引越し業者が考える限界値と見積もりで提示する金額にはある程度の開きがありますので、少しでも安く引越しをしたい場合は、その開きをいかにして縮めるかが重要になります。

引越し料金を安くするために、一番簡単な方法が相見積もりです。

複数の引越し業者に見積もりを依頼することで、引越し業者間で競争を発生させて、引越し料金を抑えます。

ただし、複数の引越し業者に見積り依頼をするのは大変な作業ですので、1回の作業で複数社に見積り依頼のできる引越し一括見積もりサイトを利用すると、さらに安く引越しをすることができます。

6月に引越しをするときの注意点

6月の引越しで気をつけなければいけないことは、やはり梅雨による雨の影響です。

引越しの見積もりを依頼する時点で、雨の場合の対応について引越し業者と打ち合わせをしておきましょう。

雨だからといって引越しが中止になることはほとんどありません。当然、雨に濡れても問題のない梱包を心がける必要がありますが、そのためのアドバイスなどを事前に受けておくようにしましょう。

雨の引越しの場合は、新居がどうしても汚れてしまいますので、すぐに汚れを落とせるように、使い捨てのタオルや布を大量に用意しておきましょう。

引越し当日が雨でなくても、新居に引越してからいつまでもダンボールに荷物を入れたままにしていると、高い湿度の影響でダンボール内にカビが発生することがあります。

6月の引越しをする際にはすぐに荷物をダンボールから取り出すように心がけましょう。

また食中毒にもなりやすい時期ですので、食べきれなかった冷蔵庫内の食材は、新居に持って行くよりは、安全も考えて確実に安全なもの以外、潔く捨ててしまうようにしましょう。