横浜と尼崎間の引越し料金相場!引越し料金を安くする方法を詳しく解説

就職や転職、転勤などにより横浜と尼崎の間で引越するとなった場合、気になるのはどれくらいの費用がかかるのかということですよね。関東から関西への引越になるので、移動距離も長く、料金が高額になりそうで不安になっている人もいるかと思います。

その不安を払拭するには、まずは最新の引越し料金相場をきちんと把握しておく必要があります。そこでここでは、横浜と尼崎間での引越計画を立てるために、最新の引越し料金相場とこの区間での引越で注意すべきポイントについて、詳しく解説していきます。

横浜と尼崎間での最新引越し料金相場

まずは横浜と尼崎間での引越し料金相場がどれくらいなのかについて、最新情報をもとにご紹介していきます。合わせて、引越料金が変動する要素についても解説していきますので、限られた予算で引越しなくてはいけないという人は、ぜひ参考にしてください。

引越し侍

通常期(5月〜2月)繁忙期(3月〜4月)
単身(荷物少)50,000円78,000円
単身(荷物多)75,600円90,500円
2人家族185,000円240,000円
3人家族170,000円375,000円
4人家族140,000円500,000円
5人家族以上180,000円350,000円
参照:引越し侍

※兵庫県における500km以上の金額です

ズバット引越し比較

通常期(5月〜2月)繁忙期(3月〜4月)
単身者87,701円141,807円
2人家族201,133円298,869円
3人家族166,649円309,619円
参照:ズバット引越し

※兵庫県における500km以上の金額です

suumo

単身(荷物小)64,455円
単身(荷物大)130,000円
2人家族170,273円
SUUMO引越し

※尼崎市における500km以上の金額です

横浜から尼崎、尼崎から横浜のような引越料金相場情報がなかったため、引越し侍とズバット引越し比較は兵庫県における500km以上の相場、suumoは尼崎市における500km以上の相場になります。

通常期の単身引越しなら8万円前後で引越できているのに対して、2人家族だと17万〜20万円と相場が大幅にアップしているのがわかります。さらに繁忙期になると1.5倍以上になるケースもあり、まとまった金額のお金が必要になることが推定できます。

横浜と尼崎間での引越で料金が変動する要素

引越し料金相場から、横浜と尼崎間の引越でどれくらいの費用がかかるのかある程度は推定できますが、これはあくまでも平均値でしかありません。実際の引越料金は個々の条件により異なりますので、ここでは、どのような要素が引越し料金に影響するのかについて説明します。

一般的に引越料金に影響する要素とされているのが、下記になります。

移動距離が長いほど引越料金が上がります。

エレベーターなしの集合住宅や建物の前に駐車スペースがないケースなど、アクセスしづらい環境での引越は時間がかかるため、料金が上がります。

引越料金は需要と供給の関係で決まり、利用者が多い繁忙期(3〜4月)や週末、月末、祝日、午前中なども料金が高くなる要素になります。

荷物の量が増えると搬出や搬入に時間がかかり、さらにトラックのサイズも大きくなるため、料金が高くなります。

荷造りや荷ほどき、家具の組み立て、洗濯機の取り付け、掃除などのオプションサービスを利用すると料金が高額になります

このように引越し料金はさまざま要素が影響して決まるため、同じ日に同じような荷物の量で引越しても、引越料金はそれぞれに異なります。このため、正確な料金を知りたい場合には、引越業者に見積依頼するしかありません。

引越し料金相場は金額の目安と考えておき、最終的な金額は見積書を出してもらうまでわからないということを頭に入れておいてください。

【2023年12月版】引越し一括見積りサービス12社を徹底比較!おすすめのランキング評価紹介

横浜と尼崎間で引越するときの距離と時間

次に、横浜と尼崎間で引越するときに、知っておくべき基礎知識についてご紹介します。引越しのスケジュールを組むのに必要な情報ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

横浜と尼崎間の引越しでの移動距離

横浜と尼崎の距離は、新東名高速道路と第二東海自動車道経由で485kmになります。車移動した場合には6時間程度かかりますが、それでも昼過ぎに出発すれば、夕方には到着できます。人によっては、自分でレンタカーを借りて運べそうな距離ですよね。

とはいえ長距離の運転は疲労も溜まりますし、レンタカーの返却のために運転して戻ってくるのも大変です。基本的には引越業者におまかせするのがおすすめですが、繁忙期で引越業者が決まらないときの対策として、レンタカーの使用も選択肢に入れておきましょう。

横浜と尼崎間の引越しにかかる時間

普通に運転すると6時間で移動できる距離ですので、引越業者のトラックで運んでもらえば、最短当日中に荷物を受け取れるのではないかと考えている人もいるかもしれません。ところが、引越トラックの運転手は法律で1日に運転できる時間が限られています。

このため485kmの距離を引越するとなると荷物が届くまでに2日程度かかり、自分は先に新居に到着するのに、生活用品も寝具も届かないというような状況が発生します。直前になって慌てなくて済むように、必ず引越業者に到着予定日時を確認しておきましょう。

荷物が届くまでに日数がかかる場合の注意点について、別記事でまとめています。もう少し詳しく知りたいという方は、そちらもご参照ください。

遠方の引越しは集荷と配達で何日くらいかかる?日数開けるときの注意点

横浜と尼崎間の引越しでの注意点

横浜と尼崎の間で引越する場合、距離が遠いということもあって、下記のように気をつけなくてはいけないポイントがあります。

  1. 行楽シーズンにはトラックの到着が遅れることもある
  2. できるだけ荷物を減らして小さいトラックで引越する
  3. 古い家電は処分して買い替える

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

行楽シーズンにはトラックの到着が遅れることもある

横浜から尼崎、もしくは尼崎から横浜への移動のほとんどは高速道路を使います。平日の早朝や夜間など、比較的交通量の少ない時間帯であれば高速道路もスムーズに流れるのですが、行楽シーズンや大型連休になると、予定していた以上に到着が遅れてしまいます。

そもそも2日で予定したものが、渋滞の影響で3日かかるようなケースもあります。仕事の関係で、荷物の到着が遅れて困るのであれば、行楽シーズンや大型連休中の引越は避けましょう。

また、自分がマイカーで移動するという場合も、渋滞を考慮しておく必要があります。引越トラックと違って運転時間に制限はないので、普通に運転すれば問題ありませんが、用事を済ませてあとから追いかけるという場合には、到着に遅れないよう気をつけてください。

できるだけ荷物を減らして小さいトラックで引越しする

高速道路を使って引越しするため、トラックが大きくなればなるほど引越費用が高額になります。少しでも安く引越したいのであれば、できるだけ荷物を減らしましょう。具体的にトラックが変わるとどれくらい費用がかわるのかを見ていきましょう。

●条件

  • 出発:尼崎IC
  • 到着:横浜町田IC
  • 移動距離:463.2km

燃費

  • 軽貨物車:15km/L
  • 2tトラック:8km/L
  • 4tトラック:6km/L
  • ガソリン代:160円/L
高速料金ガソリン代合計
軽貨物車6,520円4,941円11,461円
2tトラック12,900円9,264円22,164円
4tトラック12,900円12,352円25,252円
※高速道路料金はETC料金とする

高速道路を通行するのにかかる実費用ですので、実際には搬出や搬入のために下道を走りますし、渋滞があればガソリン代も変わります。ただし、利用するトラックのサイズで合計金額が異なることには変わりありません。

たった1個のダンボールが収まらないだけで、2tトラックから4tトラックになり、引越料金が上がってしまうこともありますので、とにかく荷物は少なくなるように心掛けてください。

古い家電は処分して買い替える

東日本と西日本での引越になるため、古い家電は周波数の関係で使えないケースもあります。そもそも家電は寿命が10年程度となっており、10年以上使っている家電は、長距離輸送の振動などで故障する可能性もあります。

まずは手持ちの家電がヘルツフリー(50kHzと60kHzの両方に対応)であるかどうかを確認して、片方の周波数にしか対応していない場合には処分しましょう。このとき、運ぶ荷物を増やさないために、新しい家電は新居に引越してから購入してください。

また、ヘルツフリー対応の家電であっても10年以上使っていると、故障や事故の原因になります。どうしても新居に持っていく必要があるというアイテムでなければ、古い家電は引越のタイミングに合わせて買い替えてしまいましょう。

関東と関西で電気が違う?引越し先で家電が使えない!洗濯機・電子レンジは注意しましょう

引越し一括見積もりサイトを使って相見積もりにしよう

横浜と尼崎の間で引越する場合、悩ましいのが引越業者選びです。転勤などで会社が引越料金を負担してくれるなら大手引越業者に依頼すれば問題ありませんが、自費で引越したい場合には少しでも安く引越したいですよね。

しかも引越料金相場からもわかりますように、家族引越になる場合には引越料金が高額になってしまいます。さらに引越業者の多くが、見積依頼すると相場よりも高額な料金を提示してくるため、値引き交渉が苦手な人は、割高な料金で依頼することになります。

それを避けたいという人におすすめなのが引越し一括見積もりサイトで、このサービスを利用すると、値引き交渉なしでも引越料金を大幅に安くできます。

引越し一括見積もりサイトは複数業者に対してまとめて見積依頼できるのですが、これは結果的に相見積もりの形になるため、どの引越業者も他社に負けないように安値を提示してきます。業者同士が勝手に値引き競争を始めるので、安く引越できるというわけです。

自分で探すのが難しい格安引越業者を見つけられるといったメリットもありますので、少しでも安く引越したいという人は、引越し一括見積もりサイト経由で業者選定を行いましょう。

横浜と尼崎間の引越しのまとめ

横浜と尼崎間の引越料金相場は、単身引越しなら8万円程度、2人家族だと17万〜20万円となっていますが、3〜4月の繁忙期になると1.5倍前後に料金が跳ね上がってしまいます。4人家族の繁忙期になると50万円以上になることもあるなど、少しまとまった額のお金が必要になります。

ただし、引越料金はケースバイケースで異なり、荷物の量を減らしたり、需要の少ない平日に依頼したりするなどすれば、相場よりもはるかに安い金額で引越できます。しかも引越し一括見積もりサイトを利用すれば、さらに安く引越可能です。

実際に引越するときに気をつけたいのは、荷物の到着が予定よりも遅れることもあるという点です。行楽シーズンや大型連休に引越するのはできるだけ避けて、高速道路がスムーズに流れる平日に引越しましょう。