【10月の引越し料金相場】10月はタイミングによっては引越し費用が高くなる

10月は学期の切り替わりあとですので、それほど引っ越し料金が高くないイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょう。

実はこの10月というのは、閑散期の中でも引っ越し業者は繁忙期になり、タイミングによっては引っ越し料金が高くなる場合があります。

ここでは10月の引っ越し料金が高くなる理由と、10月の引っ越し事情について紹介します。

10月の引っ越し料金が高くなる理由

10月は1年で見ても引っ越し料金が高くなる時期になります。学生がこの時期に動くことはほとんどありませんが、会社は10月から下期が始まるため、人事異動などで人が動きやすくなるためです。

10月でも特に体育の日のような、月の前半にある連休は家族での引っ越しが増えるため、希望日に引っ越しができないこともあります。

10月なんて引っ越しをする人なんていないだろうと、高をくくっていると大失敗ということがよくありますので、10月に引っ越しをする人は気をつけましょう。

反対に特に理由がなく10月に引っ越しをしようと考えていた人は、引っ越し料金が安くなる11月にずらすほうがお得に引っ越しをすることが出来ます。

10月の引っ越し料金相場

ここで10月の料金相場を紹介します。

同都道府県内(50km未満)の人数別における引っ越し相場

東京都内程度の距離です。

単身1人の場合平均30,000円
夫婦、カップル2人の場合平均58,000円
家族3人以上平均70,000円

同一地方内(200km未満)の人数別における引っ越し相場

東京都から静岡県ぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均48,000円
夫婦、カップル2人の場合平均75,000円
家族3人以上平均82,000円

遠距離地方(500km未満)の人数別における引っ越し相場

東京都から大阪府ぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均58,000円
夫婦、カップル2人の場合平均126,000円
家族3人以上平均130,000円

エアコン取付け取り外しがある場合は、上記の平均料金にプラスで、エアコン取付け取り外し工事等のオプション料金が加算されます。

見積もりについては、引っ越し一括見積もりサイトでさらに詳しい料金の見積もりが簡単にできますので利用してみてください。

引っ越し見積もりサイトが気になる方は次の記事が参考になるはずです。

引越し見積もりサイト5社を安さや電話頻度に登録業者数から徹底比較

10月の引っ越しのメリットとデメリット

メリット

  • 閑散期で値段交渉しやすい
  • 気候も涼しく作業しやすい

デメリット

  • 10月上旬は予約が取りづらい
  • 長距離引っ越しだと割高

10月に引っ越しを上手にするためのポイント

閑散期でも予約は早く取るようにする

10月の引っ越しは転勤シーズンなどで引っ越し業者が忙しくなるため、できるだけ早めに動き出す必要があります。引っ越しが確定し、引っ越し先に入居できる日が決まったら、すぐに引っ越し業者選びを始めるようにしてください。

早く引っ越し見積もりを取る理由

早く連絡するのは、引っ越しのため選択肢を広げるためです。いつまでも連絡せずに先送りしてしまうと、引っ越しの日取りも時間も開いているところでお願いするしかなくなります。

引っ越し料金が高くても午前中の引っ越しを希望するなど、自分の都合で引っ越しの条件を決めることが出来るのは、早めに引っ越し業者と連絡を取り合った人の特権です。

引っ越し料金はどうしても高くなりがちですので、引っ越し一括見積もりサイトを利用して、相見積もりにすることで、引っ越し料金を下げるようにしてみましょう。

引っ越しを安くするポイント

値段交渉などを行う期間のことも考えると、やはり早め早めの行動が重要になります。

また、上記にあるように連休中は引っ越し料金が高くなりますので、連休は避けてできることなら平日の引っ越しを依頼しましょう。

POINT
  • 平日に引っ越しする
  • 時間は午後か指定なしにする
  • 見積もりは3〜4社以上からとる
  • 値引き交渉をする
  • 家具や家電など古いものは思い切って処分する
  • 自分でなるべく梱包する

10月の引っ越しが安い日

10月上旬が9月に引き続き転勤シーズンにかかるため、値段が高めになってしまうことがありますので、10月下旬の平日を狙いましよう。

業者ごとの引っ越し費用がお得な日を紹介しますので参考にしてください。

業者別お得な日カレンダー

サカイ引越センター2日、3日、日、9日、10日、15日、16日、18日、22日、24日、25日
アーク引越センター5日、10日、12日、15日、16日、18日、22日、24日、30日
アリさんマークの引越社1日〜5日、9日〜12日、15日〜19日

上記の日程を参考に引越し侍SUUMO引っ越しで見積もりをとってみましょう。

10月に引っ越しをするときの注意点

雨の日の引っ越しも想定する

10月の下期開始に合わせた人事異動による引っ越しの場合は、10月の初旬に引っ越しをしたくなりますが、この時期に気をつけなくてはいけないのが雨です。

地域によって異なりますが、ほとんどの地域で10月初旬はまだ秋雨前線が停滞している時期になります。

このタイミングで引っ越しをしようとすると、雨の中での引っ越しになる確率が高くなります。

引っ越し元や引っ越し先からの荷物の搬出を、あまり雨に濡らさずにできる場合は気にする必要はありませんが、近くに引っ越し業者のトラックを停められないようなケースは、引っ越し作業の難易度が上がってしまいます。

手を滑らせて、荷物を落としてしまうようなこともありますので、できるだけ雨の中の引っ越しは避けたいところです。可能であれば、10月前半よりも体育の日以降を引っ越しの日に設定しましょう。

雨の日の引っ越しについては次の記事を参考にしてください。

引越し当日が雨になったらキャンセルできる?雨の日の引越し作業に関する注意点とは

10月の長距離引っ越しは高くなる

転勤の場合、ほとんどが県外への長距離引っ越しを伴う場合が多いため、長距離引っ越しの需要が高くなります。

10月の引っ越し料金の相場は、近距離引っ越しだとオフシーズンの平均値ですが、長距離引っ越しだとオフシーズンの中でも割高になるため、しっかり複数社からの相見積もりを取ることが重要です。

長距離引っ越しを安くおさえるポイントは次の記事で詳しく解説しています。

長距離引越しの料金相場(2人・3人・4人・5人)と見積もりを安くするコツ

引越し侍で一括見積もりする

10月よりは11月の引っ越しが安くなる

ここまで10月の引っ越しについて説明しましたが、もし可能であれば11月まで引っ越しを待ってみましょう。なぜなら、11月は引っ越し費用相場が1年で一番安くなるからです。

先ほどもお伝えしたとり、9月より10月は引っ越し費用が高くなります。

転勤を伴う引っ越しが増加するため、とくに長距離引っ越しだとオフシーズンの平均値より高くなる傾向にありますので、無料の引っ越し一括見積もりサイトを利用して、複数社から相見積もりを取って競わせることを忘れないようにしてください。

どうしても10月に引っ越しをしなければいけない場合は仕方ありませんが、引っ越しを急いでない場合は、11月に見積もりを取るのも引っ越し費用を安くおさえる方法になります。

10月に引っ越しをする場合も、早めの見積もりを取ることで、業者よりもこちら側に有利に交渉する事ができますので、閑散期だからといって先延ばしはやめましょう。

11月の引っ越し事情について以下の記事を参考にしてください。

【11月の引越し料金相場】11月は1年間で最も引越し値段が安くなる時期