長距離引越しの見積りを安くするポイントとコツ

引越しは引越し先までの距離が長くなればなるほど引越し料金が高くなり、選べる引越し業者も減ってしまいます。引越し料金が高いからこそ、なんとかして1円でも安い見積を出してもらいたいですよね。

そこでここでは、長距離の引越が決まったあとに、引越し業者から出てくる見積もりを少しでも安くするためのポイントとコツを紹介します。

長距離引越しの相場

長距離引越しの見積もりを安くするために、まずは長距離引越しの相場について紹介します。引越し先を500km以上として、単身、2人家族、4人家族それぞれのオフシーズンと繁忙期の相場は下記のようになります。

オフシーズン(5〜1月)

単身2人家族4人家族
9.6万円15.1万円22.8万円

繁忙期(2〜4月)

単身2人家族4人家族
11.1万円20.0万円29.7万円

単純に荷物が多くなればなるほど引越し料金は高くなり、オフシーズンよりは繁忙期のほうが高い傾向にあります。

繁忙期とオフシーズンの価格差を考えると、長距離引越しを行う場合は出来る限りオフシーズンを狙うことが、見積もりを安くするためのコツになります。オフシーズンでも高いわけですから、さらに割増の繁忙期に長距離引越しをするのは賢明ではありません。

思い切って荷物を減らして見積もりを安くする

引越し先を近くにするわけには行きませんので、引越し料金を安くするには、荷物を徹底して少なくすることがポイントになります。

4人家族の荷物が2人家族並みになれば10万円近く引越し料金が下がります。まずは生活するにあたって本当に必要なものについて見直しましょう。

以前使っていたけど今は使っていないものや、壊れているけどそのままにしていたもの。もう着ることのないけどもったいなくて手放せなかった衣類。すべて捨てることができたら、引越し料金がぐっと下がることになります。

物によっては手放してしまって買い換えたほうが安くつくものもあります。まだ使えるものを手放すのはもったいないかもしれませんが、徹底した荷物の見直しで引越し料金が大幅に下がりますし、荷物が少ない生活はすっきりしていいものです。

あれもこれも持って行こうとせずに、持ち物の見直しをする。あまり言われていないことですが、とても重要ですので覚えておきましょう。

混載便・コンテナ便を利用して見積もりを安くする

荷物は減らしたいけどそれでも限界があるという人には、混載便やコンテナ便といった、引越し業者の格安プランの利用をおすすめします。

混載便で運ぶメリット・デメリット

混載便は複数の利用者の引越し荷物を1台のトラックに積み込んで運ぶ輸送方法です。輸送費を複数の利用者で分担することになりますので、引越し料金が安くなるというメリットがあります。

ただし、いつ引越し先に荷物を送るかという指定ができませんし、荷物の輸送に時間が掛かるというデメリットもあります。

家族の引越しでの利用というよりは、進学や就職などで上京するような時間に余裕のある学生さん向けのサービスです。

コンテナ便で運ぶメリット・デメリット

コンテナ便は長距離の途中を貨物列車で輸送する輸送方法です。引越し元の住居で荷物をコンテナに積み込み、最寄りの貨物駅までトラックで運びます。その後貨物列車で新居近くの貨物駅まで運び、そこからまたトラックで新居まで運びます。

長距離の引越しでも渋滞がないため、予定通りの時間で荷物が届き、しかも人件費を抑えることができるため料金が安くなるというメリットがあります。

デメリットは、通常の引越しと比べて日数がかかるということです。各地の貨物駅ごとに停車し、コンテナの上げ下ろしがあるため、どうしても時間がかかってしまうのです。

いつ到着するかコントロールできれば荷物は遅くてもいいという長距離引越しに使いたいサービスです。

引越し一括見積もりサイトを利用して見積もりを安くする

長距離引越しに限ったことではありませんが、特に長距離引越しでは引越し一括見積もりサイトの利用のメリットが大きくなります。

一般の引越しと比べると引越し料金が高いため、引越し業者ごとの見積もりに大きな差が出やすくなります。また、それぞれの引越し業者ごとに格安プランが用意されていますので、それらをお一括で比較できる引越し一括見積もりサイトはスムーズな業者選びには欠かせません。

長距離の引越しだからこそ、引越し一括見積もりサイトで引越し料金が安い引越し業者を見つけましょう。

まとめ

長距離の引越の引越し料金を下がるために、引越しで持っていくもの、持って行かないものの選別も重要になります。可能な限り荷物を減らして、そのうえで複数の引越し業者から見積もりを出してもらいましょう。

引越し業者がそれぞれに得意な格安プランを用意しているため、引越し業者によって価格が大きく変わります。引越し一括見積もりサイトでなどを利用して、コンテナ便や混載便などの格安プランを提示してもらいましょう。