一人暮らしの引越しなら単身パックが格安!料金が安い業者ランキング

一人暮らしの引っ越しをするとき、業者に見積依頼をしたところ、予想以上の見積金額になって驚いたという人も多いかと思います。実際にそれで依頼したら、トラックの半分も荷物が載っておらず損した気分になる人もいます。

たくさんの荷物を持っている人は別ですが、ワンルームなどからの引っ越しなら、通常の引っ越しとは違った視点で業者選びを行う必要があります。ここでは、これから一人暮らしの引っ越しをしようという人のために、業者の選び方やおすすめできる業者ランキングをご紹介していきます。

一人暮らしの引っ越し業者の選び方

一人暮らしの引っ越し業者を選ぶときのポイントは、ずばり「単身パック」や「単身プラン」などの単身向けプランが用意されているかということです。大手引っ越し業者でも単身向けは用意していないこともあり、その場合は通常の引っ越しと同じで費用が高くなります。

このため、まず確認しなくてはいけないのが、単身向けプランがラインナップされているかどうかです。引っ越し業者のホームページで、そのようなプランがあるのかを確認しておきましょう。

そのうえで重視したいのは次の3点

  • 荷物の量に適した業者を選ぶ
  • 口コミを調べてマイナスの評価が少ない
  • 荷物の保証があることト

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

荷物の多さに適した業者を選ぶ

一人暮らしといっても、荷物の多さは人によってまったく違います。家具家電付きの賃貸物件で暮らしていた人はダンボールだけで荷物がまとまりますし、1LDKや2DKといった比較的大きな部屋からの引っ越しの場合、かなりの大荷物になります。

大事なのは、その荷物の多さに合わせて単身パックや単身プランを選ぶということです。そのためにはまず、自分の荷物をリストアップすることから始めましょう。そしてすべての荷物の量が分かったら、荷物の量に適した業者に見積依頼をしましょう。

どのような基準で適した業者を選べばいいのかについては、後ほど詳しく説明します。

口コミを調べてマイナスの評価が少ない

業者に見積依頼をする場合には、比較サイトなどで業者の口コミをチェックしましょう。どのような引っ越し業者でもプラスの評価だけでなく、マイナスの評価もあります。この評価に目を通して、問題ない業者かどうかを判断しましょう。

「応対が丁寧」「融通を利かせてくれた」などの評価があるとおすすめで、反対に「荷物の扱いが悪い」「態度が悪い」となっている業者は避けてください。評価サイトはいろいろありますが、公平中立な立場で評価しているオリコンなどの順位を参考にすると間違いありません。

荷物の補償があること

車を使って引っ越しをするわけですから、家電やパソコンなどは壊れてしまう可能性があります。輸送車が交通事故に合う可能性もあります。そうしたときに、きちんと荷物の補償がある業者を選ぶようにしましょう。

大手の場合には問題なく補償を受けられますが、保証対象についてはそれぞれに違うこともあります。申込みをするときには、必ず何かあったときの補償がどうなっているのかを確認し、納得できる回答をしてくれた業者に依頼しましょう。

単身パックと単身プランの違いはどこにある?

一人暮らし向けの引っ越しには、単身プランと単身パックがあります。それぞれどのような特徴や違いがあるのかを簡単に説明します。

単身パック

単身パックは、コンテナボックスで荷物をおくる引っ越しサービスです。業者によってサイズが違いますが、100cm × 100cm × 高さ150cm程度のサイズのコンテナボックスを使用します。このコンテナボックスの数は複数でも構いませんが、これに入り切らない荷物は運べません。

例えば折りたたんだり、分解したりできないようなベッドや本棚などは単身パックでは送ることができません。

また、単身パックは基本的に訪問での見積もりはありません。依頼したコンテナボックスの数に入り切るだけ収納して荷物を運んでもらえます。このため、コンテナボックスの数が増えない限り追加料金が発生することはありません。

単身プラン

単身プランは単身向けの価格設定がされているというだけで、基本的には普通の引っ越しプランと同じです。使用するトラックを小型のものにするなどして、価格をできるだけ抑えようとはしていますが、トラック1台をチャーターするわけですから、単身パックよりも高くなります。

単身プランは荷物の量を確認するため、訪問での見積もりが必要になります。ただし、単身プランなら、トラック1台をチャーターするわけですから大型家具を運ぶことができます。また、単身パックだと有料になることもあるダンボールなどの梱包資材も、単身プランなら無料で用意してもらえることもあります。

単身パックと単身プランはどちらを選べばいい?

単身パックと単身プランの違いは分かっても、どっちを選んでいいのか分からないという人もいると思います。ただ、この2つの使い分けは簡単です。判断材料は「荷物がコンテナに収まるかどうか」というだけです。

例えば分解が難しいベッドがあるなら、コンテナボックスに入り切りませんので、単身プランを利用することになります。大きな荷物がなくても、単身パックはコンテナボックスの数で値段が決まりますので、3つ以上のコンテナボックスがある場合には、単身プランのほうが安くなることもあります。

  • 大きな荷物がコンテナボックスに入るか確認する
  • 荷物がどれくらいの量になるか確認する

この2つを行って、すべての荷物がコンテナボックス2個分くらいに収まるなら単身パック、それを超えてしまうようであれば単身プランを選びましょう。どちらか迷うくらいの荷物量になった場合には、確実に送れるように単身プランでの引っ越しがおすすめです。

一人暮らしの引っ越しに最適な料金が安い業者ランキング

ここまでの説明で、一人暮らしの引っ越し業者の選び方について把握できたかと思います。それらを踏まえて、ここではおすすめしたい低料金の業者ランキングをご紹介します。これから業者選びをする人は、ぜひ参考にしてください。

赤帽

ダントツに1位
赤帽は中小企業等協同組合法に規定されている「事業協同組合」で、それぞれが独立した「個人事業主」、俗に言う「オーナー」という位置付けになります。
チャーター便でトラックを利用でき、大手引越業者のように荷物の積み替えを行うこともありませんので、紛失のリスクもなく、梱包も簡易的なもので済みます。

また、赤帽は2019年オリコン顧客満足度の引っ越し会社部門で「コストパフォーマンス・現場のスタッフの対応・作業内容・提案プラン」の4つで1位になっているほどサービスがよく、その中でも夜間の引っ越しや、他の業者が断るような場所への引っ越しでも融通を利かせてくれます。

参考 コストパフォーマンス 満足度ランキング【2019年】引っ越し会社のランキング・比較

ただし、赤帽は担当者が1人だけですので、荷物の積み下ろしの手伝いは自分でしなくてはいけないケースもあります。また長距離の場合には単身パックの引っ越しよりは割高になってしまうこともあります。近距離の引っ越しで、荷物がある程度多い単身の引っ越しなら、赤帽が最もおすすめの業者です。

荷物重量上限
350kg。

引越料金の目安

作業時間2時間以内・走行距離20Km以内13,500円
東京から神奈川21,000〜29,000円
東京から大阪76,000〜88,000円

ハトのマークの引越センター

全国展開しているハトのマークの引越センターは、コンテナボックスを使用する単身小鳩パック、コンテナボックス不使用で近距離の引っ越しを行う小鳩プチトラパック、そして飛行機を使って輸送する小鳩スカイパックなど、複数の単身者向けの引っ越しプランが用意されています。

基本的にはコンテナボックスに入るものが輸送対象となっていますが、ファミリー向けの引っ越しも行っているため、ボックスに入り切らないサイズの荷物にも対応してもらえるのがハトのマークの引越センターを利用する大きなメリットになります。

コンテナボックスサイズ
740mm × 1040mm × 高さ1460mm

引越料金の目安

小鳩プチトラパック・同一都道府県内1BOX 15,750円、2BOX 27,300円
単身小鳩パック・東京から大阪25,200円

日通

日通の単身パックは一人暮らしの引っ越しの定番で、他社よりも大きな荷物を運べるLサイズと低価格で運べるSサイズの2種類がラインナップされているため、荷物に合わせてプランを選ぶことができます。

また近距離の引っ越しであれば、当日に荷物を運んでもらえる単身パックも用意されています。さらに、「1m×1m×1.5m」のスペースに入るだけの荷物を送ることができる「単身パック積んでみる1.5㎥(リューベイ)」も新商品としてサービスを開始しています。

さらに利用するとJALマイレージバンク・ANAマイレージクラブ・Ponta・楽天ポイントなどのポイントを貯めることもできます。

コンテナボックスサイズ
(S):740mm × 1080mm × 高さ1550m
(L):740mm × 1080mm × 高さ1750mm

引越料金の目安

単身パックS16,000円〜
単身パックL18,000円〜
1BOX(Sサイズ)・東京から大阪24,840円〜

クロネコヤマト

単身パックといえばクロネコヤマトですが、クロネコヤマトは2019年4月20日現在、国土交通省から事業改善命令が出ており、現在は新規での受付を行っておりません。
ただし、引っ越しサービス再開に向けて対応しているところですので、4位にランクインさせています。

宅配便のノウハウを活かして、低価格でのサービス提供を行っているのがクロネコヤマトの特徴です。できるだけサービスを減らして価格を抑え、約束時間お届けサービスなどはオプションととして用意しています。また下記のような割引制度もあります。
コード

WEB割引(サイトからの単身見積申込み)2000円割引
平日割引(搬出・搬入が平日)2000円割引
早期申込割引(搬出14日以上前の申込み)1000円割引
複数BOX割引1000円割引

低価格で安心の引っ越しをしたいというのであえば、クロネコヤマトの単身パックはとても魅力的です。どのタイミングで受付を再開するかは分かりませんが、引っ越しをするときにはクロネコヤマトが受付再開しているかどうかを確認しておきましょう。

コンテナボックスサイズ
1040mm × 1040mm × 高さ1700mm

引越料金の目安

1BOX・同一市内12,000円
1BOX・東京から神奈川16,000円

まとめ

一人暮らしの引っ越しで、荷物がそれほど多くないのであれば、単身プランや単身パックを用意してある業者を利用しましょう。コンテナボックス2個分に入り切るのであれば、単身パックを利用し、それを超えるようであれば単身プランを選ぶなど使い分けをしてください。

ただし、大は小を兼ねるのが引っ越しです。どちらがいいのか分からないという場合には、トラックを1台チャーターできる、単身プランを選びましょう。赤帽の引っ越しであれば、単身プランであっても近距離なら格安で引っ越しすることができます。

赤帽なら移動距離が短い場合などには、半日で引っ越しを追えるということも可能です。もちろん、単身パックでの引っ越しも低価格で、少しでも安く引っ越しをしたい人に適しています。自分の荷物量をしっかりと見極めて、最適な業者に依頼しましょう。