引っ越し荷物預かりのメリットとデメリットを徹底検証!

住宅の新築、リフォームをはじめ、引越しの際に荷物が新居に搬入できないことがあります。こんな時、引越しの荷物を一時預かりしてもらえるサービスはありがたいものです。引越し業者の荷物預かりサービスとトランクルーム専門会社を徹底検証します。

引越し荷物の預かりとは?

引越し荷物の預かりとは?

引越しの際に、荷物を新居に搬入できない場合に、一時的に家財道具などの荷物を預かってもらえるサービスです。このサービスは、基本的に引越し業者とトランクルーム専門会社が請け負っています。

引越し業者の場合は、荷物の短期預かりの場合は引越し業務とセットにしたり、あるいはオプションサービスで荷物の一時預かりサービスを実施しています。料金や保管期間、保管方法は業者によって異なります。事前に見積もりできますので、ご自身に合った条件や業者を見つけることをおすすめします。

引越し業者とトランクルーム専門会社では、保管の方法が異なります。預ける品物や期間など、状況に応じて引越し業者に委託するか、トランクルーム専門会社に委託するかを検討するといいでしょう。

転居時に一時荷物を預けたい人にお勧めです


荷物一時預かりは、以下のような場合に利用できます。

新居にすぐに搬入できない場合

引越しの際、新たな居住地に荷物を搬入できないケースはいくつかあります。賃貸物件から賃貸物件への転居の場合、退室と入室のタイミングがうまく合わない場合など、荷物の搬入がスムーズに行かない場合に利用したいサービスです。

退去日と入居日に数日の間が空いてしまったときの対処方法

リフォームしたい場合

また、自宅をリフォームする際、できるだけ荷物を少なくして借り家に転居したいと思う人もいるでしょう。この場合荷物を預ける場所が必要となります。一時的に家財道具など、荷物を預けたいと思う人におすすめのサービスです。

海外出張の場合

帰国の予定がある海外引越しであれば、人に譲れない思い出の品やまだ使用できる家電などの保管に利用するとよいでしょう。

引越し荷物預かりサービスはどこに依頼?


大手の引越し業者は引越し作業とセットで、あるいはオプションとして引越し荷物一時預かりのサービスを実施しています。引越しを依頼する際に、問い合わせてみるといいでしょう。

引越しの荷物を一時的に預けるには、実際の荷物の量を確認してもらう意味でも、訪問見積もりを依頼しましょう。少ない荷物と数日の預かりならば、引越し料金のみで保管してもらえるところもあるようです。
引越し一括見積もりサイトで「荷物預かりを希望」と入力すれば、荷物預かりサービスを行っている業者のみから見積もりを取ることが可能です。

荷物の保管の仕方は業者それぞれですが、利用者の荷物保管料の軽減を目的として、鉄道コンテナ輸送を採り入れている業者もあります。

※例えば、トラック輸送なら翌日に着く距離の引越しにおいて、10日後にお荷物を受け取りたい場合、鉄道コンテナ輸送を利用することにより、保管料の負担を少なくしてお届けできる方法等があります。

JR貨物のコンテナを使って両距離引越しするメリット・デメリット料金相場 

引越し業者に荷物を預けるメリットとデメリット

引越し業者に荷物を預けるメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

  • 引越しついでに数日預けられる
  • 無料か低価格

引越し荷物の預かりサービスの最大のメリットは、新居に荷物を運びこめない事情がある場合の駆け込み寺的な存在、ということでしょう。特に賃貸物件から賃貸物件へ転居する場合、退室と入室のタイミングがずれてしまうこともあります。

デメリット

  • 保管期間中荷物の出し入れが自由にできない
  • 自社倉庫かコンテナ預かり

デメリットは、保管期間中荷物の出し入れが自由にできないことです。しかし追加料金を支払えば出し入れ出来る場合があります。

また引越し業者の保管方法は、自社倉庫かコンテナの場合が多く、除湿設備はなく、湿度の影響を受ける品物を預けることができないなど、預ける荷物に制限があります。

引越し侍で一括見積もりする

荷物の保管期間

大手引越し業者の荷物の保管の方法は、長期ではトランクルーム、短期ではコンテナとなっています。

引越し業者による荷物の保管期間は長期、短期様々です。引越し業者の場合、数日から一週間程度の荷物預かりであれば、引越し料金の中で納めることも可能な場合もあります。

引越し業者によって、期間限定だったりサービスの内容も料金も全く違いますので、事前に確認をとるようにしてください。

引越し業者の荷物預かりの料金

引越し荷物預かりサービスは、ほとんどがオプションサービスで実施しています。ホームページでの料金掲載がありませんので、事前見積りが必須です。

長期的保管となる場合は、トランクルームに保管するためにさらに別途料金が加算されます。短期的な保管であれは、コンテナでの保管となり、比較的低価格でサービスを受けることができるようです。

次に大手引越し業者別に荷物預かりサービスの内容を見てみましょう。

アート引越センターの荷物預かりサービス

アート引越センターの場合、荷物が少なかったり、預ける日数が短い場合には、追加料金が加算されないこともあるようです。しかし基本的には荷物を預ける場合は、保管料を支払うようです。ご自身の荷物の量や、預ける日数など、事前に相談してみるといいでしょう。

サカイ引越センターの荷物預かりサービス

サカイ引越センターの場合、荷物の一時預かりサービスは、自宅の新築およびリフォームの場合のみとなっています。引越しに伴う荷物預かりは行っていません。

ヤマトの荷物預かりサービス

ヤマトホームコンビニエンスの場合、引越し荷物預かりサービスは5カ月以内の期限付きです。しかし延長の場合は、相談することができるようです。

また、提携ハウスメーカーとの割引サービスがあり、指定されているメーカーでの住宅の建て替え、及び購入の場合は引越し料金が割引されるようです。

引越し侍で一括見積もりする

専門会社によるトランクルームの荷物預かり場合


引越し業者は、美術品や毛皮の衣類など、室温や湿度の影響を受けるものは受け付けない場合もあるようです。デリケートな品物は、一定の室温や湿度を保つ屋内トランクルームを保有しているトランクルーム専門会社に委託することをおすすめします。

ここでは、トランクルーム専門会社を検証します。

荷物預かりの専門会社と見積もり方法

引越し業者と違って、一括見積もりサイトはありませんので、公式ホームページや電話での受付となります。

トランクルームの種類

専門会社の保有するトランクルームには、大きく3種類のタイプあります。

1国土交通省認定の優良トランクルーム
2ルームタイプ(ビルトイン)
3コンテナ

国土交通省認定の優良トランクルームとは

優良な施設と業務体制により、お客様の物品の保管を行うトランクルームについて、国土交通省では、倉庫業者の申請に基づき「優良トランクルーム」の認定を与えています。性能には、「定温」、「定湿」、「防塵」、「防虫」、「防滋」、「常温・常湿」があります。(認定第1345号)

上記のマークがある会社なら安心です。

国土交通省認定の優良トランクルーム業者一覧

トランクルームの料金は?

東京エリアのトランクルームの料金の相場を調べてみました。

国土交通省認定の優良トランクルームの場合

ミニルーム(98×90×220)9,600円~
1坪タイプ(180×180×25019,800円~
2坪タイプ(180×360×250)37,800~円

※サイズ(縦×横×高さ)

ルームタイプ(ビルトイン)の場合

約1畳6,000円〜23,000円
約2畳12,000円〜36,000円

※サイズ(縦×横×高さ)

東京エリアの屋内コンテナボックスの場合

SSサイズ(130×110×130cm)5,500円程度
2Lサイズ(193×193×196cm)13,000円程度

※サイズ(縦×横×高さ)

以下はトランクルルームの平均価格です。一番大きく価格に関わってくるのは屋内型なのか屋外型なのかの違いでしょう。また倉庫業法に基づくトランクルームなのか、賃貸借契約のレンタル収納スペースなのかによっても違ってくるようです。

屋内型トランクルームを徹底検証!


先ほどのべたように、美術品や毛皮の衣類など、室温や湿度の影響を受けるものは、一定の室温や湿度を保つ屋内トランクルームを保有している、トランクルーム専門会社に委託することをおすすめします。

ここでは、屋内型トランクルームを検証します。

メリット

  • 美術品や毛皮の衣類などデリケートな荷物を預けられるト
  • いつでも預けた荷物を出し入れすることが可能
  • 防犯設備などセキュリティが万全

一定気温一定湿度が保たれる屋内型トランクルームは、長期間荷物を保管するためには最適な保管方法でしょう。また、トランクルームの最大のメリットは、いつでも預けた荷物を出し入れすることが可能なことです。

引越し業者に荷物を預けた場合は、一度預けた品物を出し入れすることは基本的に不可となっていますので、使い勝手の良さではトランクルームは好都合でしょう。

デメリット

  • 料金が高め
  • 首都圏や都市部、駅の近くにしかない

デメリットとしては、料金も高価なことです。理由は空調や除湿設備が整ったトランクルームや、防犯設備などセキュリティも万全のトランクルームは屋内型が多くなるため、 料金も高価になる傾向にあります。また解約手数料や、鍵の交換費用などを請求される場合もあります。

また立地による違いもあるようで、首都圏や都市部、駅の近くでは屋内型のトランクルームの割合が増えます。またバイク収納可能なコンテナ、施設敷地内の駐車スペースが充実しているトランクルームは、屋外型がメインとなるようです。

次に全国展開しているトランクルーム会社を紹介します。

ハローストレージ

全国に60,000室以上のトランクルームを展開し、業界ナンバー1の店舗数を誇るハローストレージの屋内型トランクルームは、ホームページからWEB見学ができます。ビルの2階から9階の中に、171室のトランクルームが完備されています。

24時間、365日利用可能です。各トランクルームの出入り口は広く、エレベーターも完備されています。また完全空調設備と、定期清掃巡回によって清潔な空間が保持されています。

ハローストレージ公式ホームページはこちら

キュラーズ

キュラーズハのトランクルームは、ビル全館がまるごとトランクルームです。徹底した空調環境によって、清潔な収納空間となっています。スタッフも常駐していて、定期的に巡回し、セキュリティカメラも全フロアに設置されているので高いセキュリティレベルです。

カビ防止のための除湿管理も徹底していて、デリケートな美術品なども安心して保管できます。ホームページからWEB見学が可能です。

キュラーズ公式ホームページはこちら

ユースペース

北海道から沖縄までトランクルームを展開しています。即日から短期(1ヶ月のみ)利用も可能で、更新料などの月額賃金以外の費用が一切かかりません。(初回のみ基本管理整備料支払い有り)

24時間365日いつでも出し入れ可能で、全トランク1階なので出し入れが簡単で便利です。

ユースペース公式ホームページはこちら

屋外コンテナを検証して上手に活用!


空調や除湿設備などが徹底している面では、トランクルームには劣る屋外コンテナです。しかし屋外コンテナも、用途を考えればじゅうぶんに活用できる荷物保管システムではないでしょうか。

こでは、東京都の屋外コンテナを徹底検証します。

メリット

  • 低価格
  • 車から直接搬入搬出できる

屋外コンテナの最大の魅力は、やはり低価格ということでしょう。また、保管体制の性質上、敷地の広い郊外に立地していることが多く、車をコンテナ入り口まで持っていくことができるので、車から直接搬入搬出が可能です。

デメリット

  • 室温や湿度が管理されていない
  • 2階の場合出し入れが不便

トランクルームよりも室温や湿度が管理がなく、セキュリティにおいても万全とは言えないので、料金は低く設定されています。屋外コンテナの場合、1階か2階かで料金がかなり違うのも、搬出入時の不便さからでしょう。

屋外コンテナのサイズ・価格感

トランクルーム専門会社大手のハローストレージさんを参考に料金を見ていきましょう。

ハローストレージ調布下石原

所在地:東京都調布市下石原1-39-11の一部
・1.5帖-2階タイプ/2.43m²(幅115cm、奥行230cm、高さ230cm)の場合、料金は月9,100円です。1階タイプの料金は13,300円です。
・8帖-2階タイプ/12.96m²(幅230 cm、奥行590cm、高さ230cm)の場合、料金は月36,200円 です。1階タイプは55,600円 です。
広さのタイプは1.5帖から2帖、3帖、4帖、8帖とあり、いずれのタイプも1階と2階があります。24時間利用でき、駐車スペースがあり、バイク収納可能です。管理費は月2,160円となっています。

ハローストレージ北葛西

所在地:東京都江戸川区北葛西5-3-4, 5, 6の一部
・1.5帖-2階タイプ/2.43m²(幅110cm、奥行230cm、高さ230cm)の場合、料金は月8,100円です。1階タイプの料金は12,200円です。
・8帖-2階タイプ/12.96m²(幅230cm、奥行570cm、高さ230cm)の場合、料金は月33,300円です。
広さのタイプは1.5帖から2帖、3帖、4帖、8帖とあり、いずれのタイプも1階と2階とあります。24時間利用でき、駐車スペースがあり、バイク収納可能です。管理費月2,160円となっています。

ハローストレージ八王子松木パート2

所在地:東京都八王子市松木33-12
・1.5帖-2階タイプ/2.43m²(幅110cm、奥行230cm、高さ230cm)の場合、料金は月3,600円です。1階タイプの料金は月10,000円です。
・8帖-2階タイプ/12.96m²(幅230cm、奥行570cm、高さ230cm)の場合、料金は月15,400円です。1階タイプの料金は42,600円です。
※広さのタイプは1.5帖、2帖、3帖、4帖、8帖とあり、いずれのタイプも1階と2階とあります。24時間利用でき、駐車スペースがあり、バイク収納可能です。管理費は月2,160円となっています。

体験談をみると?

ここではハローストレージとキュラーズを利用している方々の声を集めました。用途に応じて屋内型トランクルーム、屋外コンテナと使い分けているようです。家族で過ごしている方の中には、「第二の物置」と満足の様子が伺えました。ご自身の生活環境に合わせて活用すれば、便利なシステムとなるでしょう。

また、一人暮らしの方の中には、荷物を置くために広い部屋を借りて高い家賃を払うより、トランクルームの収納スペースを常時借りている方がいい、という声もありました。生活スタイルは様々です。ご自身に合った収納の仕方を見つけることが大切でしょう。

Q:借りて良かった点は?
職業柄、車での移動が多いので、コンテナがインターチェンジ近くにあり、行き帰りでモノの出し入れが出来るのが便利だと思いました。
最初は工具や部材を置くのが目的でしたが、思ったよりコンテナが広いので家で1年以上放置しているモノや場所をとるものは詰め込んじゃってます。
お陰で少しは家が広くなりました。
片付いたっていうより、不要なものが減ったって感じですかね。
広いトコに引越したりする面倒を考えると金銭面でもお得感があると思います。

Q:借りようと思ったきっかけは?
子供の成長にあわせて必要なモノが変わるし増えるしで困ってました。
しかも我が家の場合、上の子と下の子の年の差が3歳。下の子にも使わせたいものもあるし、売るわけにもいかず・・・
それで、とりあえず!ということで、大抵のものは実家に置かせてもらっていました。
ただ、両親宅もリフォームが決まり、我が家の荷物も引き上げなくてはいけなくなってしまい・・・。
引越しも当分しないので物置代わりにトランクルームを借りることにしました。

子供のアルバムや季節モノ、タイヤなどをシーズン毎に入れ替えて利用しています。キュラーズのトランクルームと自宅の押し入れを使い分けることで荷物の整理がすごく楽になりました。
≪中央区役所前店 山下様≫

セキュリティの問題や条件の良さから他社のトランクルームからキュラーズにのりかえました。駐車場が目の前にあり搬出入が楽なのも魅力でした。スタッフも良い方ばかりですよ。
≪新大阪店 金田様≫

引越し業者とトラックルーム専門会社どちらがおすすめ?

引越し業者とトランクルーム専門会社による荷物保管のメリットとデメリットを紹介しました。

数日間や数週間、人間だけなら何とでもなりますが、引越し荷物も一緒となると身動きがとれません。そんな時、引越し業者やトランクルーム専門会社で荷物を預かってもらえるならば、とてもありがたいことでしょう。

引越しが絡む荷物保管は引越し業者のほうがお得になるようです。しかし、空調管理が必要なデリケートな荷物は預けられませんし、期限付きのことが多いです。

トランクルームは引越し業者より利用料金は高いものの、温湿度調整やセキュリティ万全といったところが安心ですし、何よりいつでも出し入れ出来るのが嬉しいですね。

預ける期間や品物など、ご自身の状況に合わせて保管場所を決めることが大切でしょう。上手に活用すれば、快適なライフスタイルを作り上げることができるでしょう。

預ける期間や預ける品物によって、引越し業者に委託するか、トランクルーム専門会社に依頼するか、上手に選択してください。