ハローストレージの口コミ評判は悪い?苦情や料金サービスの詳細を徹底調査

ハローストレージは全国に約2,000物件以上も展開している、大手トランクルームサービスです。自宅の収納スペースが限られていて、普段は使わないアイテムを保管するのに利用しようかと検討している人もいるかと思います。

ただ、実際に利用してみたら満足度が低いサービスだったなんてことがないか、気になって迷っている人もいますよね。そこでここでは、実際にハローストレージを利用した人の口コミや評判、サービス内容について徹底調査した結果を、詳しくご紹介していきます。

保管サービス【2023年2月】荷物預かりサービスおすすめ13選!トランクルーム・レンタル倉庫を比較

ハローストレージの口コミ評判

自宅に収まりきらなくなったアイテムを保管するのに、ハローストレージのトランクルームはとても魅力的なサービスですが、利用してから後悔しないためにも、実際に利用した人の評判や口コミを確認しておきたいところですよね。

ここではそのような人のために、まずはSNSなどに投稿された利用者の口コミをいくつかご紹介し、ハローストレージがどのように評価されているのかを解説していきます。

ハローストレージの口コミ

実際に利用した人が、ハローストレージのサービスについてどのような口コミを投稿しているのか見ていきましょう。

洋服やカバンに大量のカビが発生し、本なども少し湿っぽく感じます。その事を何度も伝えて『原因・対応策』を確認しても『調査して連絡する』の繰り返しで、結局未だに折り返しなし。

みん評

家から近く他のトランクルームよりもコスパが良いし、電話での質問の応対もよかったので契約しました。キャンペーンで1年間賃料が半額だったのも決め手になりました。

みん評

ハローストレージの評判

ハローストレージはサポートがしっかりしているという口コミが多く、トラブルが発生したときに親身になって対応してくれたことを評価している声がいくつかありました。また、Suicaを鍵として使えるなど、使い勝手がいいことも高評価に繋がっています。

料金に関しては高いと書き込む人もいれば、もっと安いところがあると投稿している人もいます。利用する施設ごとに料金が異なり、キャンペーンで安く利用できることもあるため、お得に利用できている人もいれば、そうでない人もいるようです。

気になるのは閉鎖されて、別の場所に運び直したという口コミです。ハローストレージに限らずトランクルームは、利用している施設の閉鎖リスクがあります。これについては、後ほど注意点として詳しく解説していきます。

また「カビが発生した」という投稿がいくつかあり、家具や衣類が使い物にならなくなったケースがあります。屋外型と屋内型いずれも発生していますので、ハローストレージに荷物を預けるときには、カビ対策が必須になりそうです。

ハローストレージ公式サイト

ハローストレージのメリット

最近はトランクルームサービスや宅配型の収納スペースが増えていますが、その中でも多くの人がハローストレージを利用しているのは、他社にはない下記のような魅力があるからです。

  1. 業界物件数No.1でラインナップも豊富
  2. 最大100万円まで補償してくれる
  3. アフターフォローがしっかりとしている

それぞれの魅力について、詳しく見ていきましょう。

業界物件数No.1でラインナップも豊富

ハローストレージは、全国に2,000物件以上・約98,000室を展開しており、物件数は業界No.1となっているサービスです(2022年3月期)。利用できる物件数が多いため、自宅近くに施設があり手軽に利用できるというのが最大の魅力になります。

しかも1つの施設にサイズの違うトランクルームがいくつもあるので、自分に適したサイズのスペースが見つかりやすいのもメリットのひとつです。ただ利用者に人気があるため、近くに施設があるのに、希望する部屋がなかなか空室にならず利用できないケースもあるようです。

検討しているうちに他の人が契約してしまう可能性もありますので、条件の合う部屋が見つかったら、できるだけ早いタイミングで契約しましょう。

【2023年2月】トランクルームおすすめ10選!レンタル収納スペースが格安で便利

最大100万円まで補償してくれる

ハローストレージで火災、破裂、爆発、盗難などのトラブルが発生した場合、1事故・1室につき50万円の補償を受けられます。しかも「安心保証パックプラス」に加入すれば、この補償金の上限を100万円まで引き上げることができます。

屋外型のトランクルームは、屋内型と比べるとどうしてもセキュリティが弱くなり、オートバイなどの高額な保管物の盗難リスクがあります。そういうときに100万円まで補償してもらえるなら、かなり安心して利用できますよね。

そもそもマンションなどの駐輪場や駐車場、自宅の庭などで保管するよりも、中身が見えないので盗難に遭う可能性が低いというのも、ハローストレージを利用するメリットのひとつです。ただし、少ないとはいえリスクはゼロではありませんので、思い出の品など大切なものは屋内型のトランクルームもしくは自宅で保管しましょう。

アフターフォローがしっかりとしている

利用者の口コミでも紹介しましたように、ハローストレージはサポートがしっかりしており、契約するまでの相談はもちろんのこと、契約してからもサポート専門部門が親身になってフォローしてくれます。このため、初めてトランクルームを利用する人でも安心して利用できます。

契約も解約もすべてWebで完結できる手軽さも、ハローストレージのおすすめポイントです。もちろん申し込み手続きなどで困ったときも、電話やメールでサポートしてもらえますので、パソコンやスマホ操作が苦手という人でも、簡単に申し込み作業を進められます。

ハローストレージのサービス内容

サポートもしっかりしており、安心して利用できるハローストレージですが、料金体系がやや複雑で、結局いくら掛かるのかよくわからず、契約するかどうか迷っている人もいますよね。そこでここでは、ハローストレージの利用手順や料金など、サービス内容についてわかりやすくご紹介していきます。

ハローストレージの利用手順

ハローストレージの利用手順は下記のようになっています。

利用する物件を決める
Webから申し込みする
初期費用を期日までに支払う
荷物を搬入する

ハローストレージは利用できる物件をサイトから確認できますので、まずはどの物件を利用するか決めましょう。物件が決まったらWebから申し込みして、初期費用を払えばトランクルームを利用できるようになります。

契約が完了したら、メールでダイヤル錠の暗証番号、もしくは交通系ICカードの登録方法の案内が送られてきます。あとは利用開始日以降に荷物を搬入しましょう。

契約に必要なもの

個人で利用する場合には、契約のための書類などが必要になります。何を用意すればいいのかリストアップしておきますので、忘れず用意しておいてください。

1.契約者本人を確認できる書類(下記のいずれか1点)

・住所と氏名が一致する本人確認書類のコピー(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票など)

・外国人登録証(外国籍の方)

・印鑑

2.勤務先

3.第二連絡先(緊急連絡先)

4.金融機関お届け印(※口座振替の場合のみ)

勤務先情報が必要になりますが、学生や無職でも利用可能です。ただし、支払方法がクレジットカード払いのみとなりますのでご注意ください。

ハローストレージの料金計算方法

ハローストレージを利用するときには、マンションやアパートを借りるのと同じように初期費用が発生します。初期費用と月々の支払い料金、それぞれの計算方法についてわかりやすく解説しますので、利用する前にきちんと把握しておいてください。

初期費用

初期費用は下記の費用の合計となります。

  • 使用料:当月分(日割)・翌月分
  • 管理費:2,200円×2ヶ月分
  • 事務手数料:使用料1ヶ月分
  • 鍵代:(屋外型トランクルーム:4,400円・屋内型トランクルーム:3,080円)
  • セキュリティ登録料:1,100円(屋内トランクルームのみ)

※物件によっては、鍵代は発生しません。

具体的にどれくらいの費用がかかるのか、「使用料1.5万円・屋内型」でシミュレーションした結果が下記になります。

シミュレーション(使用料1.5万円・屋内型)

使用料30,000円
管理費4,400円
事務手数料15,000円
鍵代3,080円
セキュリティ料1,100円
合計53,580円

月々の支払い

月々の支払いは下記の費用の合計となります。

使用料翌月分
管理費2,200円

※安心保証パックの加入は任意です。

具体的にどれくらいの費用がかかるのか、「使用料1.5万円」でシミュレーションした結果が下記になります。

シミュレーション(使用料1.5万円)

使用料15,000円
管理費2,200円
合計17,200円

ハローストレージの商品ラインナップと利用料金例

ハローストレージには下記4つの商品が用意されています。

  1. 屋外型トランクルーム
  2. 屋内型トランクルーム
  3. トランクハウス24シリーズ
  4. バイク専用トランクルーム

それぞれの商品の特徴と料金例を見ていきましょう。

※料金は税込みです。2023年1月24日現在の料金です。

屋外型トランクルーム

海外運送で使われている丈夫なコンテナを、収納スペースとして利用します。トランクルームの前まで車で乗り入れでき、搬入や搬出をしやすいといったメリットがあります。ただし空調がないため、夏場は温度も湿度も上がりやすく、保管するアイテムによっては劣化しやすくなるといったデメリットがあります。

保管に適したアイテム:キャンプ用品・ゴルフ用品・スキー用品・工具

ハローストレージ大杉3

タイプ月額料
1.5帖5,250円
2帖6,950円
3帖10,500円

屋内型トランクルーム

建物内にある部屋をトランクルームとして利用できるため、セキュリティが高いといった特徴があります。空調設備もあるため、屋外型のトランクルームよりもアイテムが劣化しにくく、自宅に近い環境で保管可能。ただし、料金は屋外型のトランクルームよりも高くなります。

保管に適したアイテム:衣類・季節家電

ハローストレージ森下

タイプ月額料
1.5帖4,800円
2帖17,100円
3帖52,800円

トランクハウス24シリーズ

トランクルーム専用に建築された建物で、無料駐車場が完備されており、24時間いつでも荷物の出し入れができます。セキュリティは24時間対応で、空調設備も完備しているため、大切な荷物の保管にも適しています。荷台が常設されており、重たい荷物の出し入れもストレスなく行える、ワンランク上のトランクルームになります。

保管に適したアイテム:趣味の道具・書籍

トランクハウス24世田谷奥沢

タイプ月額料
0.6帖9,400円
1.5帖24,300円
3.3帖53,500円

バイク専用トランクルーム

バイク専用の収納スペースで、盗難やいたずらからバイクを守りたい人におすすめです。BOX型、屋外型、室内型など複数のタイプが用意されており、予算や希望する保管環境に合わせて、預ける部屋を選べます。

保管に適したアイテム:バイク・工具

ハローバイクボックス台東千束

タイプ月額料
2帖19,100円

ハローストレージのオプションサービス内容と料金

ハローストレージは荷物を預けられるだけでなく、便利に利用するためのオプションサービスも用意されています。どのようなサービスがあるのか見ていきましょう。

ハロー宅配便

車を持っていない人や、乗用車では運べないサイズの荷物を預けたい人のために、ハローストレージのスタッフが搬出と搬入をサポートしてくれるサービスです。

対応エリア

北海道・宮城・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・岡山・広島・徳島・香川・愛媛・高地・福島・鹿児島

●基本料金

サイズ料金
1帖23,000円
1.1〜1.5帖28,500円
1.6〜2帖34,000円
2.1〜3帖38,500円
3.1〜4帖54,000円
4.1〜5帖67,500円
5.1〜6帖81,000円
6.1〜7帖94,500円
7帖〜121,500円
※料金は税込みです。
※2023年1月24日現在の料金です。
※運搬距離は最大50kmです。

●有料オプション

梱包サービスプラス:箱詰作業を専門スタッフが実施

6時間15,400円

段ボール発送:ハロー宅配便に使う段ボールを発送

Mサイズ150円
Lサイズ200円

ハロー安心保証パック(ハロー安心保証パック+)

ハロー安心保証パックに加入すると、トランクルーム利用で発生しやすい下記トラブルの対応費用が、年5回まで無料になります。また退去時に請求される室内設備料(8,800円)も無料になるといった特典もあります。また、補償をより手厚くしたハロー安心保証パック+も用意されています。

対応内容通常費用
セキュリティカード再発行11,000円
シリンダーキー再発行11,000円
南京錠再発行11,000円
インロック対応3,300円
ダイヤル錠再発行3,300円
南京錠再発行・鍵切断11,000円
カード型鍵再発行11,000円
室内設備料8,800円
部屋の変更、追加手数料使用料1ヶ月分
緊急対応16,500円
※料金は税込みです。
※2023年1月24日現在の料金です。

●サービスプラン内容の比較

サービスプラン未加入ハロー安心保証パックハロー安心保証パック+
月額費用550円880円
サービス内容トラブル費:無料
移動・追加時の手数料:無料
トラブル費:無料
移動・追加時の手数料:無料
サービス料回数5回/年10回/年
補償限度額最大50万円最大50万円最大100万円
室内整備料8,800円無料無料
※料金は税込みです。
※2023年1月24日現在の料金です。

お片付けコンシェルジュ(2.5時間)

ハローストレージと同時に申し込むことで、インブルームのお片付けコンシェルジュサービスが10%OFFになるサービスです。荷物を預けたあとに、自宅の整理収納について提案してもらえるので、スッキリとした部屋で暮らせるようになります。

作業人数料金交通費
1名10,800円(税別)1,000円
2名21,600円(税別)1,000円

※土日祝は上記料金の20%増になります。

LEDライト

倉庫内を明るく照らすためのLEDライトを、税・送料込み1,500円で販売しています。ハローストレージ契約時に購入すると、1230円の特別価格で提供してもらえます。

ハローストレージの支払い方法

ハローストレージの支払い方法は、クレジットカード決済、もしくは口座振替のいずれかになります。

  • クレジットカード決済
  • (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス)
  • 口座振替(毎月27日に引き落とし)

ハローストレージ!5つの注意点

自宅の収納スペースが足りない人にとって、ハローストレージはとてもおすすめのサービスですが、口コミからもわかりますように、利用する上で注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。

  1. 利用している施設が閉店するかもしれない
  2. 空調のある物件も温度や湿度の管理はしていない
  3. 1年ごとに更新料が発生する
  4. トランクルームを損傷させた場合に原状回復費用が発生する
  5. 預けられない荷物がある

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

利用している施設が閉店するかもしれない

ハローストレージは個人が所有している土地を、10年もしくは20年契約でトランクルームサービスとして利用しているため、契約が終了するタイミングで閉鎖する可能性があります。実際に2022年3月には、6物件422室が閉店となっています。

エリアリンク株式会社

自宅近くで便利だったのに、遠くのトランクルームを利用することになるケースも考えられます。それほど頻繁に起きるトラブルではありませんが、いつまでも使えるとは限らないということを頭の片隅に置いておきましょう。

空調のある物件も温度や湿度の管理はしていない

口コミにありましたように、屋内型のトランクルームでも衣類などにカビが発生しています。ハローストレージも「空調のある物件につきましても、温度・湿度の管理は行っておりません。」としており、自分でカビ対策することを推奨しています。

  • 衣類はクリーニングしてから保管する
  • アウトドア用品などは乾燥してから収納する
  • アルコール除菌してから収納する
  • 荷物は隙間を開けて保管する
  • 除湿剤を置いて定期的に交換する

屋内保管だからと安心せずに、湿度が気になるアイテムを保管する場合には、このようなカビ対策を行うように心掛けましょう。

1年ごとに更新料が発生する

ハローストレージはマンションやアパートなどの賃貸物件と同じように、契約を継続するためには更新料が発生します。契約期間は1年ですので、1年ごとに月額使用料の0.5ヶ月分が請求されます。

広い部屋を借りている場合には、更新料も高額になりますので、「更新月に残高不足で引き落としできなかった」とならないようにご注意ください。

トランクルームを損傷させた場合に原状回復費用が発生する

故意または過失により、トランクルームに穴を開けたり、傷をつけたりすると、退去するときに原状回復のための費用が発生します。賃貸物件を借りるときと同じように、できるだけトランクルームを傷つけたり汚したりしないように注意してご利用ください。

借りたときにすでに汚れや傷、不具合がある場合には、きちんと写真などで記録をとっておき、ハローストレージに伝えておきましょう。また、安心保証パックに加入していない場合には、原状回復費用とは別に8,800円の室内設備料が請求されます。

預けられない荷物がある

ハローストレージでは下記に該当するアイテムを、トランクルームに預けることができません。

・収納物の総額(購入価格を基準として時価算定)が40万円を上回るもの、かつ1個または1組の価額が20万円を超えるもの

・現金(通貨)、預貯金証書、クレジットカード、高額貴金属、宝石ならびに美術品

・包装が開封済みの飲食物等(食品類、飲料、酒類)、その他温度、湿度等の管理条件が厳しいものや変質しやすいもの

・ガソリン、シンナー、火薬などの揮発、発火、発熱、引火等しやすいもの

・法令により所有または所持が禁じられているもの(大麻、覚醒剤、盗品、遺骨、遺灰、銃砲刀剣類など)

・産業廃棄物、建築ガラ、ペンキ等の塗料、薬品、腐敗物、汚染物や異臭悪臭等を発しているものまたはそのおそれがあるもの

・動物、植物等の生物

・データ、ソフトウェアまたはプログラム等の無体物

・カビ、サビ、害虫、害獣等の発生しやすいもの

・稿本、設計書、図案、証書、帳簿、その他これらに準ずるもの

・レンタルボックスにおいて保存保管に適さない状態の収納物(水分を含んだもの、皮脂や汗が付着したままの状態など)

・契約者が自己の責任において管理することができないもの

・他の契約者の収納物、レンタルボックス等に悪影響を与えるおそれがあるもの

・その他、レンタルボックスに収納することが相応しくないとハローストレージが定めるもの

ハローストレージ

まとめ

ハローストレージは全国各地に施設があり、Webで申し込みから解約まで完結できるなどの手軽に利用できるトランクルームサービスです。サポートの対応もしっかりしており、用途に合わせて屋内型と屋外型から選べるなど、初めてトランクルームを利用する人にもとてもおすすめです。

ただし、人気が高いので条件のいい部屋は空きが少なく、利用したいと思ったタイミングで契約できないケースがあります。

さらに屋内型でもカビが発生したという口コミもあり、カビが発生しやすい衣類などを預ける場合には、自分でカビ対策が必要になります。

それでも自宅からモノが溢れている状態からは解放されるため、サービスとしては満足できるはずです。条件のいい物件が見つかっても、あれこれ悩んでいるうちに他の人に契約されてしまう可能性もありますので、検討に時間をかけすぎず、即断即決で契約してしまいましょう。

ハローストレージ公式サイト