引越し前日の冷蔵庫や洗濯機の水抜き・電源を切るタイミング

引越しをする時に気をつけたいのが家電の引越しです。家電の運搬そのものは引越し業者が行ってくれますので、気にすることはありませんが、ほとんどの場合「前日のうちに電気を落としておいてくださいね」や「洗濯機の水抜きをしてください」と依頼されるはずです。

それではいったいどのタイミングで、それをすればいいのでしょう。引越し前日の冷蔵庫や洗濯機でしておくべき作業について、ここでは紹介します。

冷蔵庫の電源は引越し16時間前までに落とそう

冷蔵庫の電源そのものはいつ落としても大丈夫です。問題は冷蔵庫内にできた霜にあります。冷蔵庫の電源を切ると冷却機能がなくなるのでこの霜が水になります。

大型の冷蔵庫でこの霜がすべて水に変わるのに、15時間近くかかると言われています。ですので15時間以上を目安ということで、引越しの16時間前には電源を落としてください。

引越し前に水受けトレイや水受けタンク内の水を捨てれば水抜きも完了です。

16時間以降は食材を冷やすことができませんので、引越し1週間前くらいから計画的に冷蔵庫の中身を減らすようにしておきましょう。

洗濯機の水抜きは前日中ならいつでもOK

洗濯機の水抜きは1時間もあればできますので、引越し当日でもいいのですが、引越し当日はなにかとドタバタしていますので、前日の洗濯が終わったら時点で水抜きもしておきましょう。

洗濯機の水抜きは次のステップで行えます。

水抜きのステップ
  • 1.洗濯機につながっている水道の蛇口を閉める
  • 2.洗濯機の電源を入れスタートボタンを押す
  • 3.給水ホースを蛇口から取り外す
  • 4.脱水をする
  • 5.排水ホースを取り外す
  • 6.コンセントとアースを外す

これで洗濯機の水抜きは完了です。

あとは洗濯機を横にしない限りは水が溢れることはありません。簡単ですので前日のうちに自分で行っておきましょう。