引越しに伴う植木鉢や盆栽、植木、庭木の梱包の方法

引越しをするときに植木鉢や盆栽などがあるとちょっと悩ましいことになります。引越し業者は基本的に「植木鉢や盆栽などを運ばない」としているためです。植木鉢や盆栽などは生き物と同じ扱いで、何かあったときの責任を取れないためです。

植木鉢や盆栽、そして植木や庭木を運んでもらうには自己責任での梱包になりますので、気をつけて梱包する必要があります。そんな植木鉢や盆栽、植木、庭木の梱包の方法の梱包の方法について紹介します。

植木鉢や盆栽の梱包方法

植木鉢や盆栽の梱包で気をつけることは次の2点になります。

  • 運搬中に水漏れしないようにする
  • 運搬中に鉢同士がぶつからないようにする

まず植木鉢や盆栽には2日前から水やりを止めるようにしてください。表面上は乾いているように見えて、土の中には水が多く残っていることがあります。

梱包時は植木鉢全体を新聞紙で包み、水漏れをしても大丈夫なようにビニール袋をかぶせます。植木鉢から上の部分、葉や花もビニール袋で囲うようにしましょう。

植木鉢や盆栽はダンボールに詰めますが、絶対に動かないように新聞紙で隙間を埋めておきましょう。また中身がわかるように、ダンボールの蓋は閉めないようにしてください。

植木や庭木の梱包方法

植木や庭木の場合は大きすぎると、引越し業者に断られる可能性がありますので、必ず事前に相談するようにしてください。

自分で梱包を行う場合は、植木や庭木の周りの土ごと掘って抜き取るようにしてください。その土の周りに藁を巻いて、荒縄で巻き上げます。

あとはビニール袋でカバーしておけば運送できる状態になります。

ただし、自分での梱包はとてもリスクのある方法ですので、できれば専門の業者に依頼するようにしてください。

まとめ

植木鉢や盆栽に、植木や庭木は基本的に引越し業者が避けたがる引越しで、引越し業者は拒否することも出来ます。オプションでの引越しでない限り、ほとんどの場合は「何があっても責任は取らない」という条件での引越しになります。

可能な限り引越しも梱包も専門の業者に依頼してもらいたいのですが、それが難しい場合は慎重に梱包するようにしてください。