【2021最新】おすすめ格安トランクルーム&レンタル収納スペース11選

シーズンごとに新しい服を購入したり、通販番組などで便利そうなアイテムが紹介されると衝動買いしたりして、家の収納スペースが足りなくなり困っている人いませんか?そういうときにおすすめなのがトランクルームなどの収納サービスです。

最近は格安の収納サービスも増えており、家に収まりきらない荷物を預ける人が増えています。ただし、サービスが増えすぎてどこを利用していいか、判断するのが難しくなっています。そこでここでは、おすすめのトランクルームやレンタル収納スペースをまとめてご紹介していきます。

トランクルームとレンタル収納スペースの違い

おすすめのトランクルームを紹介する前に、まずは収納サービスについての基本的な分類について解説しておきます。収納サービスには大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれに用途や借り方に違いがあり、それを理解していないと格安のサービスでも割高になることもあります。

わかりやすく解説していきますので、まずは基本的な部分をしっかりと頭に入れておきましょう。

人気話題!格安で荷物預けるサービス 

収納サービスの分類

荷物を預けるための収納サービスには大きく分けて、下記の2種類があります。

  • トランクルーム
  • レンタル収納スペース(レンタル倉庫・貸倉庫)

困ったことにレンタル収納スペースやレンタル倉庫、貸倉庫も、すべてまとめて「トランクルーム」として貸し出しているサービスもあり、現時点ではとても分かりづらい状態にあります。ただ、正式にはこの2タイプに分かれていると覚えておきましょう。

その違いは、倉庫業法の対象になるかどうかということです。倉庫業法に基づいて荷物を預けるのがトランクルーム。それ以外のスペースを借りるのがレンタル収納スペース(レンタル倉庫・貸倉庫)になります。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

トランクルームの特長

  • 寄託契約(委託契約)
  • 荷物の出し入れは業者が立ち会う
  • 保管者に荷物の保障義務あり
  • 倉庫業法によって認可

自社倉庫を持っている会社が、自社の荷物ではなく他社や個人の持物を保管・管理するのがトランクルームです。このためトランクルームでは、利用者と寄託契約(委託契約)を結び、「荷物を預かる」というスタンスでサービスを提供しています。

荷物を預かるわけですので、トランクルーム業者は荷物を保障する義務があります。そして、荷物を倉庫に入れたり出したりするのはトランクルーム業者の役割となっています。このため、トランクルームの営業時間外には、荷物を出し入れすることができません。

メリットは小さな荷物を1個から預けられるということです。シーズンオフで着ない衣類をダンボールに詰めて1箱だけ預けたり、ストーブや扇風機などを単品で預けたりすることもできます。その場合の利用料金も安く、荷物の出し入れを宅配便で行うことも可能です。

レンタル収納スペースの特長

  • 賃貸契約
  • 荷物の出し入れ自由
  • 保管荷物の保障義務なし

レンタル収納スペースやレンタル倉庫、貸倉庫は、場所を貸し出すサービスです。マンションやアパートなどの賃貸物件と同じ扱いで、違うのは荷物を預けることに特化しているという点です。スペースを借りるので、自由に荷物の出し入れができます。

危険物など保管NGとなっているアイテムもありますが、生活用品などであればほとんどのアイテムをスペースいっぱいにまで預けられるので、大量のアイテムを収納するのに適しています。ただし荷物の保障はありませんし、屋外コンテナのように温度管理も湿度管理もされていないケースもあります。

屋外タイプですとセキュリティも甘く、さらに賃貸契約ですので保証金や鍵代などの初期費用が発生するといったデメリットもあります。それでもオートバイのガレージ代わりに借りられるなど、自由度の高さで人気があります。

用途に合わせて選ぼう

レンタル収納スペースもトランクルームとして展開されていることもあり、サービス名だけでこの2種類のどちらなのか判断するのがとても難しいため、サービス利用するときには「荷物を預ける」か「場所を借りる」かの、どちらなのかチェックしましょう。

それぞれ、どのような人に適しているのかまとめました。

トランクルームが適している人
・預ける荷物が数点
・頻繁に出し入れしない
・空調設備がある場所に預けたい
・近くに収納サービスがなく宅配便を使いたい
レンタル収納スペースが適している人
・たくさんの荷物を預けたい
・大きな荷物を預けたい
・頻繁に出し入れしたい
・自由に使えるスペースが欲しい

同じようなサービスに見えて、実はこのように適した用途が違います。自分が使いたいのはどちらなのか明確にして利用するサービスを決めましょう。

モノを預ける!おすすめ格安トランクルーム

トランクルームとレンタル収納スペースの違いを把握したところで、ようやくおすすめの格安トランクルームの紹介となります。ここでは「格安」であることを重視して、おすすめできるトランクルームをご紹介していきます。

サマリーポケット

サマリーポケット

● 箱に詰めて送るだけ
● スタッフが荷物を撮影してリスト化
● 最短翌日には家に届く

サマリーポケットは株式会社サマリーが提供するトランクルームで、荷物の管理は寺田倉庫でおこなっています。ダンボールに詰めて預けたい荷物を送るだけで、面倒なリスト化までサマリーポケットのスタッフが行ってくれます。

リスト化しない場合には1箱250円から預けることができ、取り出しは1箱1,000円からと格安で利用できます。管理も老舗業者の寺田倉庫で行いますので、安心して任せることができるトランクルームサービスです。

月額保管料250円/箱〜
倉庫への配送料金無料
倉庫からの配送料金1,000円/箱〜
物品管理寺田倉庫

サマリーポケット公式サイト

宅トラ

● 保管管理と運搬はクロネコヤマト
● 大型荷物にも対応
● 全国対応

宅トラはコンシェルジュサービスを行っているクオリティライフ・コンシェルジュが提供するトランクルームサービスです。荷物の管理や運送はクロネコヤマトグループが行っており、他のトランクルームサービスと違い、大型荷物でも預かってもらえます。

荷物が多い場合には、指定のカーゴ単位で預かってもらうこともでき、全国どこからでも利用できるといったメリットがあります。荷物がダンボール3箱もしくは5箱、保管は最低6か月という縛りがありますが、安心かつ格安で荷物を預けられるサービスです。

月額保管料1,480円/3箱〜
倉庫への配送料金1,500円/箱〜
倉庫からの配送料金1,500円/箱〜
物品管理ヤマトグローバルロジスティクスジャパン

宅トラ公式サイト

minikura

● 保管のプロフェッショナル寺田倉庫の自社展開サービス
● 預け入れ無料・12ヶ月以上の保管で取り出し料無料
● アイテム単位でクリーニングしてもらえる

寺田倉庫が自社で展開しているトランクルームサービスです。箱単位で250円から預けることができ、12ヶ月以上預けた場合には取り出し費用がかかりません。クローゼットごと預けたり、預けた衣類をクリーニングして保管したりするなどのサービスも行っています。

預け入れは宅配便を使いますが送料は無料で、コンビニへの持ち込みにも対応しています。預けた荷物はインターネットのマイページ上で写真やリストで管理し、単品での取り出しも可能です。保管はもちろん寺田倉庫ですので、湿度や温度管理、セキュリティまで徹底しています。

月額保管料250円/箱〜
倉庫への配送料金無料
倉庫からの配送料金無料(12ヶ月未満の取り出しは1,000円)
物品管理寺田倉庫

minikura公式サイト

sharekura(シェアクラ)

● 月額100円からの格安サービス
● 認定トランクルームで保管
● 保管中の荷物をマイページで管理

sharekuraはシェアクラ株式会社が提供するトランクルームサービスで、東運ウェアハウスの倉庫で1箱100円からという業界最安値水準で保管してもらえます。東運ウェアハウスの倉庫は国土交通省の優良トランクルーム認定を受けており、保管のプロが管理してくれます。

ダンボールでの保管だけでなく、ゴルフバッグやスノーボードなどの大型アイテムにも対応し、荷物が多い人のために、スペース単位で管理してくれるスペース・プランなどが用意されています。保管中の荷物はインターネットのマイページで確認でき、簡単操作で取り出せます。

月額保管料100円/箱〜
倉庫への配送料金無料
倉庫からの配送料金600円/箱〜
物品管理東運ウェアハウス

sharekura公式サイト

エアトランク

● 集荷・配送無料
● 最高水準の保管環境(認定トランクルーム)
● 自社スタッフによる応対

エアトランクは関東を中心に、大阪や名古屋などの都市部で展開しているトランクルームサービスです。運営はエアトランクが行い、管理はアパレル物流で実績のあるOTSが、認定トランクルームにて行います。

集荷も配送も無料で行ってくれるのが強みで、ダンボール3箱から預かってもらえるプランと、スペース管理プランの2種類が用意されています。きちんと教育された自社スタッフが応対しているため、利用者の多くが満足(総合満足度95.2%)しているサービスです。

月額保管料1,000円/3個〜
倉庫への配送料金無料
倉庫からの配送料金無料
物品管理OTS

※月間無料集荷・配送個数6個まで

エアトランク公式サイト

場所を借りる!おすすめレンタル収納スペース

自分の好きなタイミングで荷物の出し入れをしたいという人は、トランクルームではなくレンタル収納スペース(貸倉庫・レンタル倉庫)が適しています。こちらも格安にこだわって、おすすめのレンタル収納をご紹介していきます。

キュラーズ(Quraz)

● オリコン顧客満足度No.1
● 手数料無料
● 湿度管理&店舗スタッフ常駐

キュラーズは2021年オリコン顧客満足度No.1(利便性)のレンタル収納スペースサービスです。無料シャトルが用意するなどサービスが充実しており、さらには事務手数料や管理費などが発生せず、月額利用料と2,300円のセキュリティカード代だけで利用できます。

ビル全館がトランクルームとなっており、セキュリティが高く、しっかりと湿度管理されています。スタッフの対応時間は限られていますが、店舗スタッフが常駐しているため、いざというときにも安心のサービスです。

東新宿店価格
0.5畳13,400円
1畳21,800円

キュラーズ公式サイト

ハローストレージ

● 全国90,000室以上
● 用途に合わせた商品ラインナップ
● 月額550円で加入できるハロー安心保証パック

ハローストレージは業界物件数No.1、全国に90,000室以上も備えたレンタル収納サービスです。セキュリティの高い屋内型、コンテナまで車を寄せられる屋外型だけでなく、トランクルーム専用に設計した1軒家型のトランクハウス24シリーズなど、幅広いラインナップで人気があります。

利用する店舗ごとに料金に違いがありますが、全体的にリーズナブルな料金設定になっています。さらには鍵の紛失等に備えて、月額550円で加入できるハロー安心保証パックが用意されるなど、よくあるトラブルにも対応できる体制が整っているのも魅力のひとつです。

トランクハウス24新宿下落合店価格
0.5畳8,000円
1畳15,600円

ハローストレージ公式サイト

収納ピット

● 関西最大級の店舗数
● 女性でも安心して利用できるように配慮
● 運搬代行サービス

収納ピットは関西を中心に展開し、最近は東京や神奈川にも新店舗をオープンしているレンタル収納サービスです。女性でも安心して利用できるように、店舗は人通りの多い場所を選んでおり、さらには台車などの貸出サービスも充実しており、利用者からも高く評価されています。

また、荷物が多くて運べないという人のために、運搬代行サービスも行っており、車を持っていない人でも手軽に利用できます。日本レンタルボックス協会に加盟するなど、信頼できる業者が運営しているのもおすすめのポイントのひとつです。

新宿四ツ谷駅西店価格
0.5畳12,100円
1畳18,700円

ハローストレージ公式サイト

加瀬のレンタルボックス

● 申込みから最短10分で利用可能
● 管理費なし
● 初月使用料無料

加瀬のレンタルボックスは全国に70,000室を展開している、大手レンタル収納サービスです。ネット契約なら最短10分で利用可能になる手軽さが魅力で、面倒な書類の記入や郵送が必要ありません。またネット契約なら最大3,300円の割引を受けられます。

管理費や共益費は発生せず、必要なのは月額使用料のみで、さらに申込日から月末日までは使用料が無料になります。屋内型や屋外型だけでなく、バイク専用スペースや大型収納スペースのガレージ倉庫などもあるため、家の建て替えで1時的にまとまった荷物を預けたいときにも利用できます。

新宿区新宿店価格
0.5畳7,100円
1畳12,400円

ハローストレージ公式サイト

オレンジコンテナ

● 0.5畳1,000円から
● 電源コネクタ利用サービス
● 火災補償のついた月額500円の安心パック

オレンジコンテナは、土地活用を提案するアパルトマンイクシーズが提供するレンタル収納サービスです。使っていない土地を有効活用しているため、住宅地にコンテナタイプの貸倉庫が並んでいるなど思わぬところでサービスを展開しています。

土地の所有者がオーナーというケースも多く、場所によっては0.5畳1,000円からという、破格で利用できるのが魅力です。さらには電源コネクタのついたコンテナなどもあり、ガレージとしても便利に使えます。また、火災補償のついた安心パックも用意されているので、いざというときにも安心です。

荻窪店価格
0.4畳4,400円
1畳11,000円

オレンジコンテナ公式サイト

レンタル収納の新しいスタイル「モノオク」

ここまで収納サービスといえば、用途に合わせてトランクルームとレンタル収納スペース(レンタル倉庫・貸倉庫)のどちらかを利用するのが一般的でしたが、実はこれまでにない新しいスタイルのレンタル収納「モノオク」が話題となっています。

トランクルームやレンタル収納スペースとどのような点が違い、どのようなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

モノオクの特長

モノオクは空きスペースを活用した物置きのシェアサービスです。トランクルームやレンタル収納スペースとの違いは、メルカリのように個人間取引を基本としたサービスになっている点で、モノオクを使ってスペースが空いているホストと、物を預けたいゲストが取引きします。

個人間取引になるため、トランクルームやレンタル収納スペースよりもリーズナブルな料金で荷物を預かってもらえるというのが、この収納サービスの特長になります。

荷物の配送は宅配業者に任せても構いませんし、ホストが「対面での受け取り」を設定している場合には、自分で運び込んでもOKです。個人宅に預けることになりますので、訪問前には連絡をする必要がありますが、友人に荷物を預かってもらうような感覚で利用できます。

モノオクの利用料金

モノオクは利用料金をホストが設定できるので、地域や立地、スペースの広さにより料金相場は変わります。通常は1畳あたり5,000〜7,000円/月程度で設定しているケースが多く、決済金額の10%がモノオクのゲスト手数料として発生します。

1畳あたり5,000円に設定されていた場合には、サービス手数料が500円発生しますので、支払額が5,500円になります。3,000円で設定しているホストも多く、この場合は1畳あたりなんと3,300円で借りられます。

レンタル収納スペースを借りたいけど、手続きが面倒だし料金も安いとはいえ1畳で1万円以上することもあるので躊躇している人でも、この料金なら無理なく利用できますよね。少しでも安く収納スペースを確保したいという人は、新しいスタイルの収納サービス「モノオク」がおすすめです。

モノオク!格安で荷物預ける

まとめ

荷物を預けたいときに便利な収納サービスですが、タイプの違う2種類のサービスが「トランクルーム」として展開しています。利用するときにはまず「(少量の)荷物を預ける」「スペースを借りる」のどちらを利用したいのかを明確にしましょう。

荷物を預ける:トランクルーム
スペースを借りる:レンタル収納スペース(レンタル倉庫・貸倉庫)

この整理ができていれば、迷うことなく最適なサービスを選べます。ただし格安とはいえ、レンタル収納スペースにはそれなりの費用がかかります。

少しでも安くスペースを借りたいのであれば、新しいスタイルの収納サービス「モノオク」も選択肢に入れておきましょう。いま注目のサービスですので、思わぬ近場で場所を貸している人が見つかるかもしれません。

収納サービスを選ぶときに大切なのは、用途と予算に合わせて選ぶということです。自分の用途と予算をよく考えて、ここでご紹介した中から自分に最適なサービスを利用しましょう。