単身引越しの最安値は日本郵政のゆうパックなのか料金を調べてみた

単身の引越しの場合、家具付きの物件に住んでいる人や、これから一人暮らしを始めるというような、段ボール箱だけで引越しできるケースがあります。このような引越しの場合は、引越し業者に依頼するよりも安く引越しできる方法があります。

それがゆうパックを利用した引越しです。

引越しは引越し業者に依頼するものだと考えている人にしてみると、かなりの盲点かもしれませんが、段ボール箱だけなら普通の荷物と変わりません。そう考えるとゆうパックでの引越しもおかしな話ではありません。

それではゆうパックを利用した引越しが一体いくらでできるのかを見ていきましょう。

ゆうパックでの引越し料金例

それではまずゆうパックの引越しの料金例を見てみましょう。条件は下記のとおりです。

引越元が大阪でのゆうパックの引越しの料金例

引越先東京から大阪
ダンボールの数15箱(120サイズ)
ゆうパックの運賃・料金計算結果18,000円

なんと大阪から東京までの引越し費用が2万円以下で済んでしまいました。

一人暮らしの引越に向いていると言われているクロネコヤマトの単身パックでも大阪から東京の場合は28,000円かかります。

ちなみに北海道から沖縄に引越しをしても24,450円で荷物を運ぶことが出来ます。圧倒的な価格です。

これは10個以上の荷物に適用される数量割引というサービスによるもので、1箱25kg以下に抑える必要がありますが、1箱が25kgを超えないようにだけ注意すればいいので、それほど難しくはありません。

ゆうパックでの引越しの注意点

格安で引越しのできるゆうパックですが、いくつかの注意点があります。

  • ダンボールに入らないものは送れない
  • 1箱25kgまで
  • 配達時間に引越し先に在宅しておく必要がある

一番の課題は、ダンボールに入らないものは送れないということかもしれません。ダンボールに入らない大型のテレビや、本棚や椅子、テーブルなどは運べません。あくまでもゆうパックはダンボールでの引越しに特化した引越し方法だと考えてください。

1箱25kgを越えないことは、本を集中して詰めないかぎりクリアできます。配達時間も宅配便と同じで指定はできますので、確実に新居にいる時間を指定するようにしてください。