【クロネコヤマトの引越しプラン&サービス】引越しする利点と注意点とは

ヤマトホールディングス傘下で国内の引越しを行っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

クロネコヤマト(ヤマト運輸)の引越し部門がヤマトホームコンビニエンスだと考えてください。

クロネコヤマトで引越し?と思うかもしれませんが、実は1年間で30万件の引越しと300万件の大物家財の配送を行っています。

ヤマトで引越しとは

いちおうお断りを入れておきますが、「ヤマト」とは、みなさま一度は耳にしたこともあるでしょう「クロネコヤマト」さんのことです。物流の大手である「ヤマト」で引越しをした時のメリットや注意点について進めていきたいと思います。

実際のところクロネコヤマトの評判はどうなの

ヤマトという会社について

ロネコヤマト引越しセンターは、宅配便の歴史で培ってきた他を寄せ付けない物流網と、大変フレキシブルな料金設定でお客様に安心されるサービスを提供しています。
特に、引越しのカバー率は日本でもナンバー1を誇り、どんな地域でもどんな遠くても効率的な引越しを行ってくれます。長距離の引越しをお考えの方にはお勧めのサービスを提供しています。

このように、ヤマトには「宅配事業で培ってきた物流網」を持っているということが大きな強みであるといえそうです。知名度からいっても、安心感や信頼度というのは多くの方が持てそうです。また、全国に支店が数多くあるようなので、その辺も強みであると言えるのではないでしょうか。

良い評判を挙げてみます


実際によく聞こえてきた声としては「仕事が速い」という点、また「料金が安い」などといった点が多く寄せられていました。また、「機会があればまた頼みたい」といったリピーターとしての声も見受けられました。やはりここでも長年の宅配事業がなせる業ということが言えるのではないでしょうか。

ヤマトの単身引越し

引越しといえば、従業員を数人乗せた大きなトラックがやってきて作業を行ってくれるイメージでしょうが、ここでは単身での引越しの場合について書いてみたいと思います。

大きく分けると2種類

「単身プラン」と「単身パック」という言葉をご存じでしょうか。どちらも似た響きですが2つには明確な違いがあります。まずは「単身プラン」についてですが、こちらはトラックをチャーターして引越しを行うということになります。しかし、もし仮に一人暮らしなど荷物の少ない方の場合、トラックに空きスペースができていたとしてもやはり一台分の料金になってしまいます。ちょっと「ムダ」な気がしますよね。
 
その「ムダ」を無くしたいという方は、次にお伝えします「単身パック」という方法を考えてみてはいかがでしょうか。

単身パック料金を適用させよう

では、「単身パック」の説明をさせて頂きます。これは、縦約1m横約1m高さ1.7mの専用ボックスに収まるものであれば、ボックス一台分の料金で済むというものです。

もう一つ「単身パックミニサイズ」というものがあります。こちらは、縦と横の長さは一緒ですが高さが1.3mとなる代わりに値段が1,000円安くなる、というサービスです。

ただし、冷蔵庫やテレビといった大型な家電の扱いには気を付けなければなりません。実際の大きさを測っておかないと「収まらなかった」ということも考えられます。そういった場合、ボックスに収まらなかった物は自家用車などで運ぶ、などといった2つの方法を併用して料金を安く抑えるといったやり方もあるようです。

不用品回収ってしてくれますか

不用品の処理に困ってます

さて無事荷造りも終わり、あとは業者さんを待つだけとなりふと部屋を見てみると使わなくなった家具や家電が残ってしまった、などという場面はなんとなく想像ができそうです。しかし、不用品の処分に対してもお金がかかってしまう現在においては、頭を悩ませてしまう問題であるといえるでしょう。

例えば「リサイクルショップなどで買い取ってもらおう」としたとしても、持っていくこと自体手間が掛かりますし、何よりも買い取ってもらえなかった場合、相当の時間と労力がかかってしまいそうです。

ヤマトなら「これ」ができます

ヤマトには「不用品買取サービス」というものがあるそうです。引越しの際、不用品の処分と同時に買い取りまで行ってくれるのであれば、それだけでもかなりの手間が省けそうな気がしませんか。しかしながら、買い取りには一定の条件があり確認が必要ではあります。例えば、家具類であれば購入より6年以内、家電類であれば製造より6年以内ということであるそうですが、買い取ってもらえるのであればその分引越し費用を抑えることができそうです。

問い合わせしてみよう!

さて、実際に連絡をとってみることを考えてみましょう。方法としては電話によるものとインターネットによるものがあります。電話の場合は年中無休で8時から21時の間、インターネットの場合は返答までに時間が掛かる場合があるそうなので、お急ぎの方は電話連絡の方が良さそうです。

ここでは、こちらの状況を正確に把握しておくことが重要になってきます。繁忙期と呼ばれる時期であれば、その分料金が割高になりますでしょうし、移動距離や荷物の量によっても大きく変わってくることでしょう。せっかくなのですから、例え概算であったとしても正確な値段を知りたいものですよね。

見積もりを取る、取らないで大きな差が!

まずは見積もりから

よく聞かれるフレーズではありますが「まずは見積もりから」です。問い合わせの後、実際に状況を確認にやって来るということです。こちらは土曜、日曜、祝日にも対応していますし、引越し先や荷物が変更になった際の再見積もりも無料で行ってくれるそうなので気軽にやっておいたほうが良いでしょう。

その際、疑問点など聞いてみても良いかもしれません。「荷造りは自分でやるのか」または「ダンボールなどは自分で用意するのか」などでしょうか。もちろん業者に頼めば頼むほど、その分オプション料金として、全体の費用がより掛かることになるでしょう。自分でやれることと業者に頼むことをはっきりさせておいたほうが良いでしょう。

また、見積もりには業者さんが直接部屋の中までやって来るので、特に一人暮らしの女性の方は心配になることもあるのではないでしょうか。そんな時は、家族や友人を同席させてみてはいかがでしょうか。

複数の見積もりを手に入れよう

今回の趣旨とは少し離れてしまいますが、どうしてもお伝えしたいことがあります。それは「一括見積もりサービス」というものです。これは、インターネット上で複数の業者へ見積もりの依頼を出すことによりそれぞれの業者の相場が1度に分かるというものです。申し込みの際には、現住所や名前、電話番号などの情報が必要になりますが、1回の入力で済みますので、1件1件業者と対応することを考えると手間はかなり省けそうな気がします。

あとは、複数の業者による競合により、直接その会社に見積もり依頼するよりも値引きなどのサービスがより見込めるということが言えそうです。

それはいつやればいいの

申し込みの際には、移動先や大まかな荷物の数も必要となってくるため、引越しの段取りがほぼ決まった時と言えるでしょう。直接業者に問い合わせをする前に行っていただきたいと思います。

業者側にも私達にも

クロネコヤマトをはじめ、多くの業者が手数料を払ってまで一括見積りサービスに参加しているのは
一括見積りサービス経由で来るお客さんが圧倒的に多いからです。
(既にインターネットからの見積り依頼で、業界全体の半数を超えています)
利用者からしてみたら、一切無料でこんなメリットがあるわけですから、
今後も一括見積りサービス利用者は増えていくのではないかと思います。

このように、業者側は手数料を払ってでもこうしたものに参加しているようです。参加している時点ですでに収支はマイナスなのですから一段と「他社にはとられまい」と値引きなどのサービスが行われるという仕組みのようです。

業者側からすれば、業界全体の半数を超えるほどの巨大な市場であり、それにより新規のお客が増えるであろう可能性がおおいに見込めます。また利用する側からしてもそれぞれの業者の競争により、恩恵を受けることが出来そうですし、双方共にメリットのあるこのシステムはぜひとも使って損の無いものではないでしょうか。

ヤマトホームコンビニエンスの口コミ、評判のまとめ

荷物が少ない単身の引越しには「コストパフォーマンが良い」と高評価ですが、荷物が多くなって単身用のコンテナに載せきれないような荷物の量になるとそれほどお得感がないと感じている利用者もいます。

宅急便と同じで基本的に値引きには応じないため、他社と同じ感覚で値引き交渉を行っても無駄になってしまいますが、「値引き交渉をする必要がないほど安い」という口コミが多く見られます。

新居への引越しで家を傷つけられたという口コミが目につきますので、新築への引越しに利用する際には注意が必要です。保険に加入するなど事前に傷がついたときの対応を営業担当者と話をしておきましょう。

ヤマトホームコンビニエンスの引越しプラン

単身引越

家具家電レンタル×単身引越サービス

単身赴任や進学など決まった期間の一人暮らしをサポートするプランで最小限の荷物で引越し後すぐに生活を始めることが出来ます。

単身引越サービス

単身者で荷物が少ない人向けのサービスで、宅配便感覚で引越しができます。

単身引越ジャストサービス

急な転勤などで時間があまりない単身者向けのサービスで、600km以内であれば翌日配送になります。

おまかせフリー割サービス

単身者や家財の少ない近距離の引越しに最適な、引越し日時をクロネコヤマトに任せます。

引越らくらくタイムリーサービス

利用者のニーズと予算に合わせて最適な引越しをクロネコヤマトが提案します。
(プランは2016年4月現在のものになります)

家族引越

建替引越しパック

住居の建替え時に仮住まいへ引越し、建替え後の新居への引越しをサポートします。

リフォーム引越の達人

住居の建替え時に仮住まいへ引越し、建替え後の新居への引越しをサポートします。

高齢者ホーム入居サービス

入居時の事前相談から、入居後の相談まで専属アドバイザーが高齢者ホーム入居のサポートをしてもらえるサービスです。

(プランは2016年4月現在のものになります)

ヤマトホームコンビニエンスの引越しオプション

各種取り外し・取り付け

エアコンやテレビのアンテナ、オーディオ機器の取り外し、取り付けを行います

荷づくりサービス

面倒な荷づくりをクロネコヤマトのスタッフが代行して行います

荷ほどきサービス

家財のすべてを荷ほどきするサービスと一部だけを荷ほどきするサービスがあります

輸送サービス

ピアノや車両、金庫や絵画などの輸送を行います。

不要品の引き取り

処分が間に合わなかった粗大ゴミやリサイクル品をクロネコヤマトで引き受けます。

旧居・新居のお掃除

部屋の汚れ具合に応じて、簡単な掃除や本科的なクリーニングまで行います。

ご挨拶ハガキ

引越しの案内ハガキを印刷するサービスです。

転居転送サービス

旧住所に届いた宅急便を自動的に新住所に無料で転送します。

資材の販売

引越しに必要なダンボールやガムテープ等の資材を販売します。
(引越しオプションの内容によっては、各プランに含まれていることもあります。)

ヤマトホームコンビニエンスの特徴

ヤマトホームコンビニエンスの引越しは単身向けとファミリー向けにプランが分かれているため、それぞれに最適な引越しプランを選びやすくなっています。

プランは多いのですが、それぞれのプランがどのような人を対象にしているかが明確になっているため、プラン選びで迷うことはありません。

他社との最大の違いは充実した単身向けプランです。荷物が少ないのに高い引越し料金を払うしかない単身者にとって非常に助かります。

最近では同じようなサービスを他社でも行っていますが、クロネコヤマトの宅急便網を駆使した小回りの効くプランの提案は他社にはないきめ細かさと安心があります。

まとめ

いざ「引越し業者を決める」となったときに費用、サービスなど人によって重要視するポイントはさまざまであるとは思いますが、「ヤマト」においては、やはりその「ブランド力」というものは大きなものであると言えそうです。宅配事業の会社であれば、荷物の取り扱いにも慣れているのではないか、などと考えてしまいそうなものです。

しかし「料金をより安く抑える」という意味では「一括見積もりサービス」をぜひ使っていただきたいです。もし「ヤマト」にしか頼みたくないといった方がいらっしゃっても、複数見積もりをした上で「ヤマト」を選べば直接1社のみ交渉するよりもお得になるかもしれません。

ヤマトホームコンビニエンスは宅急便の延長で引越しを行っているため、他の引越し業者とは同列には考えにくいところがあります。

ヤマトホームコンビニエンスを利用して、単身で少量の荷物の引越しを行う場合には、圧倒的にコストが下がる可能性があるため、積極的に利用したい引越し業者です。