引越し用ダンボールを安く入手する3つの方法

引っ越しをするときに必ず必要になるダンボールですが、実はこのダンボールは使い方にコツがあるの知っていますか?ダンボールへの荷物の詰め方、あまり意識せずに使っていたというひとが多いのではないでしょうか。

ここでは引っ越し時のダンボールをどうやって安く入手すべきかについて紹介します。

引っ越し業者から無料でダンボールをもらう


引っ越しを行うときは基本的に引っ越し業者からダンボールをもらえます。いい加減な営業さんだとダンボールについて何も言わないかもしれませんが、基本的にはもらえるものですので、無料でもらえる上限までは引っ越し業者からもらいましょう。

業者別ダンボールの無料サービス

引っ越し業者無料ダンボール枚数
サカイ引越センター最大50枚(サイズ大小2種類)
アート引越センター家族:最大50枚、単身:最大10枚
ハトのマークの引越センター最大50枚
アーク引越センター最大50枚
ヤマトホームコンビニエンス
(クロネコ)
引越らくらくタイムリーサービス利用の方のみ
個数無制限
日本通運単身パック当日便利用で最大10枚
家族は最大50枚
アリさんマークの引越社最大50枚
SGムービング最大50枚
ハート引越センター最大50枚

ダンボール無料サービスを見ると、家族プランのを申し込んだ場合はダンボール等の資材は無料でもらえますが、単身引っ越しの場合は有料で用意してもらうか、自身で用意するケースが多いようです。

業者別引っ越し資材の販売と料金

万が一上限以上ダンボールが必要になった場合は、引っ越し業者から購入することもできます。ただほとんどが単身者向けの資材セットになっており、単品での購入はできません。

また、資材販売をおこなっているかいないかは引っ越し業者によってもことなりますので、見積もりの際に営業の方に確認してみてください。ここでは公式ホームページで公開されている販売資材を紹介します。

ヤマトホームコンビニエンスの単身用資材パック3,200円

日本通運の単身・一人暮らしパック2,800円

  • ダンボールS(343mm×343mm×343mm)4個
  • ダンボールS(517mm×343mm×343mm)6個
  • クラフトテープ1個
  • フトン袋1袋
サカイ引越センター

Aパック…3,000円(税抜)
・ダンボール大(縦340mm×横520mm×奥350mm)5個
・ダンボール小(縦340mm×横350mm×奥343mm)5個
・ガムテープ1個
・フトン袋1袋
Bパック…6,000円(税抜)
単身資材パック…5,000円(税抜)

お店からもらう


引っ越し業者からもらえるダンボールが不足したら、以下の近所のお店にもらえないか相談してみてください。

  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • ショッピングセンター
  • ホームセンター
  • 家電量販店

コンビニやドラッグストア

コンビニやドラッグストアではあまり大きなサイズの段ボール箱はないかもしれませんが、大きいペットボトル用の箱などは、単行本や漫画を入れるのにちょうどいいサイズになります。また、こちらはダンボール獲得の確率が高いです。

家電量販店

家電量販店であれば「炊飯器」や「レンジ」が入っているサイズのダンボールが引っ越しに使えそうです。ですが家電量販店の場合展示している商品の梱包でダンボールを使用することが多いため保管している可能性が高く、もらえる可能性は低いと考えられます。

ですが商品を買ったお客さんがダンボール要らないので処分してくださいと余っている場合があるので、聞いてみるだけ聞いてみてもよいでしょう。

ショッピングセンターやホームセンター

ショッピングセンターやホームセンターは倉庫も広く、ドラッグストア同様消耗品も扱っているため、ダンボールの獲得確率は高い方といえます。

お店に伺うタイミングですが、お店にもよりますので近所のお店の日頃の様子をみて比較的混雑していない時間帯を判断してください。お願いする際は「余っているダンボールがあれば譲ってもらえますでしょうか?」と丁寧語でお願いしてみましょう。

スーパーのダンボールには注意


青果や惣菜、調理場があるスーパーからのダンボールの使用はおすすめできません。理由はダンボールにゴキブリの卵がついている可能性が高いからです。

生食材を扱っているお店では倉庫でゴキブリが巣を作ったり卵を産み付けている可能性があり、それを使用するとせっかくの新居にゴキブリが発生してしまいますので、スーパーのダンボールの使用は最低限にしてください。

ダンボール置き場が屋内か屋外か
ダンボール置き場が雨風に当たりそうな場所だった場合は、耐久性が低下している可能性があるため使用を控えたほうがいいです。

ホームセンターかネットで購入する

単身者でダンボールを購入する場合

荷物の少ない単身引越しの場合は、ホームセンターやネットでの購入も良いですが、フトン袋やテープ、エアーキャップなど一式揃っている引っ越し業者の資材セットのほうがお得な場合があります。

引っ越し業のダンボールは頑丈にできており、品質的にも高いので検討してみても良いでしょう。

家族引越しでダンボールを購入する場合

家族プランを申し込んでダンボールが足りない場合は、一旦引っ越し業者に追加でもらえないか相談してから購入でも遅くはありません。というのも引っ越し業者は見積もりの際に確認したおおよその荷物分しかダンボールを渡さないため、実際は追加分を無料で貰えるケースもあるからです。

ですが追加でダンボールをもらった場合、結果荷物が増えたということになり申告漏れで引越し当日に、引越し見積もり金額自体変わることもあります。2〜3枚追加なら心配いりませんが、それ以上の場合は注意が必要です。

引っ越し業者からももらえず、近所のお店でダンボールがなかなかもらえなかった方や貰うのに恐縮してしまう場合は、ホームセンターかネットで購入しましょう。

費用は10枚セットで2,000円から3,000円程度になります。急ぎで数箱必要なときはホームセンターで直接購入が一番手っ取り早い入手方法になります。

お店で貰う場合は店側に配慮を忘れないようにしましょう

コンビニやホームセンターで無料で貰う場合は、お店の忙しくない時間帯に伺い店員さんに声をかけます。待たされて結局「ありませんでした」と断られることもあると思いますが、こういう時も「貴重なお時間ありがとうございました」とお礼を言うようにしましょう。

またダンボールの入手は基本的に引っ越し業者から無料でもらい、不足分を近所のコンビニやドラッグストアでもらうようにしましょう。緊急時は引っ越し業者やホームセンターで購入するようにしましょう。

引っ越し業者からもらったダンボールは大きくてかさばるものを詰め、近所でもらったダンボールはなるべく小さくて重いものを詰めましょう。

引越しで食器などの割れ物をダンボールに詰める上手なコツ