引越し荷造りのコツと梱包方法(食器や服・小物など)

引越しはすべて業者に任せます。そんな人はあまり気にすることではありませんが、引越し料金を少しでも下げたい人は、荷物の梱包くらいは自分ですることになります。ところがこの梱包、簡単なようでちょっとしたコツが必要になります。

ここでは梱包慣れしていない人でもわかる、基本的な梱包方法について紹介します。

引越しの梱包の基本的な考え方

まず知っておいてもらいたいことは、「大きなダンボールには軽い荷物、小さなダンボールには重い荷物」これが原則になります。

大きな段ボールだからいっぱい詰め込もうと思うと、重くて持てなくなったり、底が抜けてしまったりすることがあります。

また「重いものを下側に、軽いものを上側」にすることも重要なポイントになります。逆にするとバランスが悪くなり、荷物の運搬時に不安定になってしまいます。本などの重たい物を底に並べ、その上に小物を入れて梱包するとバランスが良くなります。

POINT

・大きなダンボールには軽い荷物、小さなダンボールには重い荷物
・重いものを下側に、軽いものを上側にする

ダンボールのサイズで入れるものを分ける


大は小を兼ねるということで何でもかんでも大きなダンボールに詰めてしまう人がいます。大きいダンボールに本や雑誌を詰め込んで、持ちあげられなくなる人もいます。

「小さなダンボールには重いもの、大きなダンボールには軽いものを入れる」これが段ボール箱の基本的なルールになります。大きなダンボールに重いものを入れると持ちあげられなくなるだけではなく、ダンボールの底が抜けてしまうこともあります。

一度にたくさん運びたいからといって、大きなダンボールに重いものを詰め込まないようにしてください。

運び出すのは引越し業者かもしれませんが、引越し業者もプロレスラーではありませんので、極端に重たい荷物は腰に負担がかかってしまいます。運ぶ人のことを考えて梱包してあげる、ちょっとした気遣いが引越し業者に喜ばれます。

ダンボールが足りなくなった場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

引越し時のダンボールの入手方法

グループごとに分けてダンボールに梱包する

ダンボールに詰める荷物は、できるだけひとつのグループごとにまとめて梱包するようにしましょう。キッチン用品であればキッチン用品だけでまとめてダンボールに入れ、ひとつの棚にある小物や書類などはひとつのダンボールに入れます。

書籍などは詰め込み過ぎると重たくなってしまいますので、できるだけ小さなダンボールを複数用意して、書籍専用のダンボールグループを作りましょう。

ダンボールの外に内容物と部屋を記載する

梱包が終わったら、ダンボールの外側に通し番号を記入し、簡単に内容物と新居のどこに配置するものなのかを記載するようにしましょう。

記載例

・キッチン用品 キッチン下
・本 リビング本棚
・〇〇の服 寝室

余裕があれば、それぞれの箱の詳細な内容物をリスト化しておくと、あとになって「どこにあった?」とならなくて済みます。

ただすべての荷物をリスト化するのは大変ですので、よく使うものだけどこに入れたのかを、リスト化しておくだけでも引越し先でのストレスは少なくなります。

また、運んでほしいものに注意してもらいたいときは「われもの注意」と書くか、シールを貼っておきましょう。

食器をダンボールに詰める方法

食器はダンボールに上手に詰めることが難しいアイテムのひとつです。食器は重たいため、ダンボールは小さめのものを選びましょう。

次に「割れないこと」が重要になりますので、下記の2点を注意してください。

食器が割れないための注意

  • 食器同士がぶつからない
  • 食器がダンボール内で動かない

食器の詰め方

まずは食器を1枚ずつ新聞紙で包みます。そしてダンボールの底面もクシャクシャにしたダンボールを敷き詰めてください。

食器と食器の間にもクシャクシャにした新聞紙を入れて、食器同士が当たらないようにしてください。なおかつ食器が動かないように隙間を新聞紙でどんどん埋めていきます。

最終的に上面にも新聞紙を詰めて、ダンボール内で食器が動かないようになったら、ダンボールを閉じて先ほど紹介した「われもの注意」のシールを貼れば完了になります。

それぞれの食器の詰め方を見ていきましょう。

お皿の詰め方

ダンボール横と底面に、緩衝材を詰めておき横からの衝撃に備えます。お皿は新聞紙で一枚一枚包み、縦にしてダンボール内に並べて詰めます。
必ずお皿とお皿の隙間にも、新聞紙などを詰めるようにして動かないようにします。

コップの詰め方

意外と詰め方に困るのがコップです。サイズはできるだけ揃えるようにし、隙間に新聞紙などを詰めるまではお皿と一緒ですが、図のように、ダンボール内で二段にして入れるようにするのがポイントです。

刃物の詰め方

刃物はとくに梱包に気をつける必要があります。新聞紙でくるむだけではもちろん危険ですので、新聞紙かタオルでくるんだあと、さらに刃の部分だけ上からダンボールで覆います。最後にガムテープなどで固定して、抜けないようにします。刃物ケースなどがある場合はそちらを利用しても大丈夫です。

新聞紙がない場合

新聞紙がない場合でも、代用品となるものはいくつかありますので紹介します。

  • 衣類
  • タオル
  • キッチンペーパー
  • 緩衝材(プチプチ)
緩衝材は、100均でも購入できますが量が少ないので、以下のようなネットかホームセンターで購入するのがおすすめです。食器以外にも家電などの割れ物にも使えます。
衣類やタオルで包んだ場合は、繊維が付いてるかもしれないので、開梱後食器を洗って収納しないといけませんが、キッチンペーパーだとその心配が少ないため、そのまま収納でき時短になります。

隙間ができた場合にも、上記のものを詰めるようにしたらよいでしょう。

衣類は用途別に梱包する

衣類は、引越し当日からすぐに必要になるものなので、とりあえずダンボールに詰めるのではなく、すぐに取り出せて使用できるようにすることが大切です。ここですぐに取り出せるポイントを紹介します。

着ていないものと現在着ているものに分ける

衣類はすべてひとつのダンボールとしたいところですが、まずはシーズンオフで着ていないものと現在着ているものに分けるようにしてください。

シーズンオフの衣類は早い段階で梱包を終わらせましょう。よく着る衣類は引越し先ですぐに取り出せるように分かりやすくひとまとめにしてください。

家族1人ごとに分けて入れる


洋服は家族ごとにわけることで、開梱後すぐにタンスに入れることができます。とくに子供服の場合は、兄弟でも微妙に服のサイズが違うので、ダンボールも兄弟ごとで分けて詰めるようにしてください。

とりあえず、ダンボールに誰の服が入っているか書いていれば、引越しの際にタンスに入れる暇がなくても、ダンボールから取り出してすぐに着ることができます。

シワになるものはハンガーにかけたまま

スーツなどのシワにしたくない衣類は、できればハンガーラックごと運んでもらうか、引越し業者のハンガーボックスを利用してください。

Yシャツなどをたたんで収納する場合は、100円均一に売ってるクリアファイルを背当てにしてたたみ、クリアケースに入れるようにするとシワになりにくいです。

本をダンボールに詰める方法


本を大きなダンボールに詰めてはいけないことは伝えましたが、それでは実際、一つのダンボールにどれだけの本を詰めていいのかについて紹介します。

本の重さに気をつけて詰める

大小にかかわらず、ダンボールの1箱に詰めていい重要は10kg〜15kgだと考えてください。

漫画などの単行本であれば100冊、ハードカバーの小説などは30冊、ジャンプのような週刊誌のばあいは20冊が一つの目安になります。

欲張って入れ過ぎないようにして、もしダンボール内にまだ余裕があるような場合は、衣類を詰めるなどして、箱のなかで本が動かないように固定しておきましょう。

書籍の梱包について詳しくしりたい方は以下の記事を参考にしてください。

マンガや本が多くて重い!引越し時にダンボールへの効率の良い詰め方

引越しは梱包で疲労感が変わる

引越し費用をおさえるために、梱包・開梱を自分で行うかたも多いでしょう。梱包をうまくできるかどうかで、引越し時の疲労感が大きく変わってきます。

また、前もってしっかり仕分けしておくことで、引越しによって物がなくなった!といったことも少なくなります。

ここで紹介した梱包方法を実践するなどして、ちょっとひと手間加えるだけで、開梱に時間が取られることもなく引越しが快適なものになりますので、時間をかけてでも梱包はしっかり行うようにしてください。

引越しに伴う植木鉢や盆栽、植木、庭木の梱包の方法と業者の探し方