マンガや書籍が多くて重い!引越し時にダンボールへの効率の良い詰め方

引越しをするときに梱包が難しいもののひとつがマンガや書籍です。1冊1冊はとても軽いためどんどんダンボールに詰め込んでいったら、ダンボールが重くて持ち上げることが出来ないなんてことがあります。

ここでは意外と知られていない、マンガや書籍を効率よくダンボールに詰める方法について紹介します。

紐でまとめた梱包はしない

本をダンボールに入れずに、そのままビニール紐などでまとめてしまう梱包方法がありますが、この梱包は引越し業者が嫌がる梱包の一つになります。

本が破損してしまう恐れもありますし、何よりも運びにくいためです。紐でまとめていても不安定な状態ですので、慎重に運ばなくてはいけませんので、引越し作業が遅くなってしまいます。

引越しをするときはマンガや書籍を紐でまとめるのではなく、ダンボールに梱包するようにしましょう。

一番小さいダンボールに詰める

マンガや書籍が大量にある場合は、どうしても大きなダンボールに詰めたくなります。これが大きな失敗のもとです。マンガや書籍の梱包は一番小さいダンボールを使いましょう。

ダンボール1箱での最大重量の目安は15kgです。多少はオーバーしてもいいのですが、15kgを超えると底が抜けてしまう可能性がありますし、何よりも運搬する人が大変です。

漫画などの単行本は100冊、ハードカバーの小説などで30冊がひとつの目安になります。これ以上は詰め込まないようにしましょう。

空いた空間がある場合は、衣類のような軽いものを上から詰めておくと本が動かずに安定した梱包が可能になります。

ダンボールの底面をしっかり補強しておく

できるだけたくさんの本を詰めないようにしても、それでもマンガや書籍の梱包はダンボールの底が抜けやすい荷物のひとつであることには変わりありません。

底面は紙製のガムテープではなく、強度の強い布テープで止めるようにしてください。念の為にダンボールの底は十字に補強を入れておくと安心してマンガや書籍を運ぶことが出来ます。