セレナで冷蔵庫や洗濯機は運べる?幅・高さと引越しでの注意点4選

Serena sentakuki reizōko

引越しをするときに、セレナのような荷室が大きな車があると、引越し業者に依頼せずに自分で運びたくなりますよね。少なくともダンボール類は問題ありませんし、気になるのは冷蔵庫や洗濯機といった大型の家電を運べるかどうかという点です。

実際にインターネットで調べてみると運べるという意見もあれば、無理だという意見もあり、どちらなのか迷ってしまいます。そこで、ここではセレナで冷蔵庫や洗濯機を運ぶことができるのかについて、詳しく解説していきます。

冷蔵庫や洗濯機は横に倒さず運んだほうがいい理由

セレナで冷蔵庫や洗濯機を運べるかどうかを解説する前に、冷蔵庫と洗濯機の運び方についてお話しておきます。それは冷蔵庫も洗濯機も、原則として横に倒すのがNGだということです。なぜ横に倒してはいけないかについては、以下記事を見てください。

車で冷蔵庫を運ぶ時について詳しくはこちら
kuruma-reizoko引越し時に車で冷蔵庫を運ぶ時の注意点5選!横に倒しても大丈夫?

セレナで冷蔵庫と洗濯機を運ぶことができるのか

serena

参照:日産公式サイト

冷蔵庫と洗濯機の積み方について把握できたかと思いますので、次に本題である「セレナで冷蔵庫と洗濯機を運べるのか」について解説していきます

  1. 大型の冷蔵庫は横積みでもセレナでは運べない
  2. 洗濯機は横積みした冷蔵庫と同時に運べない

ポイントはこの2つです。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

大型の冷蔵庫は横積みでもセレナでは運べない

まずは物理的に冷蔵庫がセレナの荷室に収まるのかどうかを確認してみましょう。セレナの年式にもよりますがおおよその寸法は下記のようになります。

serena

参照:日産公式サイト

荷室高約1,220mm
奥行き約1,720mm

次に一般的な冷蔵庫のカタログサイズをチェックしてみましょう。

高さメーカ別
1,160mmAQUA AQR-12J(126L)
1,213mm三菱電機 MR-P15E(146L
1,293mmパナソニック NR-B17CW(168L)
1,125mmシャープ SJ-GD14F(137L)
1,568mmシャープ SJ-PD28F(280L)
1,820mmシャープ SJ-W412F(412L)
1,833mmシャープ SJ-F502F(502L)

セレナは荷室高が約1,220mmもありますが、倒さずに運べるのは1人暮らし用のコンパクトな冷蔵庫のみです。それでもギリギリのサイズで、少しでも傾けると引っかかるくらいのサイズ感ですので、かなりコンパクトでない限り縦積みは難しいと考えてください。

奥行きが1,720mmありますので、300Lクラスの冷蔵庫ならなんとか収まりますが、それ以上になると横に倒してもはみ出してしまいます。自分の冷蔵庫の高さをチェックして、1,600mm以上あるならハイエースやトラックといった、奥行きが十分にある車を利用しましょう。

洗濯機は横積みした冷蔵庫と同時に運べない

冷蔵庫の高さが1,600mm以下であれば、冷蔵庫を倒して横向きにすることで運べますが、そうなると今度は洗濯機を詰めなくなります。洗濯機の高さは1,100mm以下ですので単体では問題なく積載できますが、問題は幅にあります。

冷蔵庫の幅600mm
洗濯機の幅600mm
セレナの開口幅約1,190mm

冷蔵庫も洗濯機も一般的なモデルで幅が600mmあります。ところがセレナの開口幅は1,190mmしかありません。さらに荷室には折りたたんだシートが出っ張っていますので、冷蔵庫を横向きにして積載すると、洗濯機を載せるスペースがなくなってしまいます。

縦積みできない冷蔵庫と洗濯機を一緒に運ぶのは難しいので、セレナで運ぶ時には2往復するつもりでスケジュールを組みましょう。

引越しで冷蔵庫や洗濯機を運ぶ時の注意点4選

hikoshireizouko

  1. 冷蔵庫も洗濯機も水抜きをしておく
  2. 2人以上で運搬する
  3. 冷蔵庫は電源を入れてもすぐにモノを入れない
  4. 寿命が近いなら処分して新居で揃えよう

冷蔵庫も洗濯機も水抜きをしておく

冷蔵庫と洗濯機は電源を切って、そのまま運搬というわけにはいきません。それぞれきちんと水抜きをしておかないと、運搬中にセレナの荷室が水浸しになってしまいます。それぞれの水抜き方法をご紹介しますので、必ず運ぶ前に水を抜いておきましょう。

冷蔵庫の水抜き方法

STEP.1
引越し前日までにコンセントを抜いて電源を切っておく
STEP.2
引越し当日にトレイに溜まっている水を捨てる

冷蔵庫の水抜き方法はこれだけです。冷蔵庫の種類によってはトレイではなく排水栓が付いている場合もありますが、基本的な作業方法は同じです。また、冷凍庫に霜が付いているようなら、電源を切って扉を開けっ放しにしておき、溶けたところをタオルなどで拭き取ってください。

自動製氷機能がある場合には給水タンクがついていますので、そちらの水もきちんと捨てておいてください。

洗濯機の水抜き方法

STEP.1
蛇口を閉める
STEP.2
標準コースで1分ほど回す(給水ホースの水を抜く)
STEP.3
給水ホースを外す
STEP.4
1番短い時間設定で脱水する(排水ホースの水を抜く)
STEP.5
排水ホースを外す

この作業を前日までに行っておきましょう。給水ホースと排水ホースを外すときに水が漏れる可能性がありますので、タオルを用意してこぼれた水を拭き取りましょう。きちんと蛇口を閉めていれば水がこぼれてもそれほど大事にはなりませんので、慌てず対応してください。

2人以上で運搬する

冷蔵庫は重さが50kg以上あり、洗濯機もタテ型で30kg、ドラム式ですと50kgくらいあります。とても1人では運べませんので、セレナへの搬入・搬出は2人以上で行いましょう。男性が安全に運べる重さは20〜30kgです。大型の冷蔵庫は4人で運ぶようにしてください。

無理に運ぼうとした結果、落として壊れてしまったら買い替えなくてはいけなくなりますし、運搬中に腰を痛めたら通院費や治療費がかかります。これでは何のために引越し業者に依頼せずに引越しするのかわかりませんよね。

カタログなどで、自分の冷蔵庫や洗濯機の重さを確認しておき、それに見合った人数を確保しておきましょう。

冷蔵庫は電源を入れてもすぐにモノを入れない

冷蔵庫を運ぶときに気をつけたいのが、設置してすぐに電源を入れないことと、電源を入れても内部が冷えるまではモノを入れないということです。冷蔵庫を横にしたときには、オイルが冷却回路から抜けるまで半日放置するとお伝えしましたが、縦にして運んだときも、途中で斜めにしていることもあるので、1〜2時間は放置しましょう。

また電源を入れても、通常は2〜3時間は内部を冷やすのに時間がかかります。モノを入れていると冷やすのにさらに時間がかかりますので、電源を入れたからといって、すぐにモノを入れないよう気を付けてください。特に夏場は半日かかることもあります。その間に冷やさなくてはいけないものがあるなら、クーラーボックスを使いましょう。

寿命が近いなら処分して新居で揃えよう

冷蔵庫も洗濯機も電化製品ですので寿命があります。一般的な寿命は下記のようになります。

冷蔵庫の寿命9〜10年
洗濯機の寿命6〜8年

10年以上使い続けているという人もいるかもしれませんが、いつ壊れてもおかしくない状態にあります。そんな冷蔵庫や洗濯機をセレナで運ぶと、運搬中の振動で壊れてしまう可能性があります。せっかく運んだのに、壊れてしまったのでは苦労が水の泡です。

そうならないためにも、古い冷蔵庫や洗濯機は引越し前に処分しましょう。このときまだ動いているなら売れるのでは?と思うかもしれませんが、寿命が近い家電を買ってくれる業者はありません。いずれも適正な方法で処分しましょう。

冷蔵庫も洗濯機も家電リサイクル法の対象になっていますので、粗大ごみとしては捨てられず、下記のいずれかの方法で処分します。

  1. 購入したお店に引取依頼する
  2. 自治体に問い合わせる
  3. 指定引取場所に持ち込む

無料で回収すると宣伝している廃品回収業者もいますが、その多くが詐欺業者で毎年のようにトラブルになっています。無料と言っておいて「運搬費用は別途かかります」と高額な料金を請求してくることもありますので、必ず上記のいずれかの方法で処分しましょう。

不安な場合には家電だけでも引越し業者に運んでもらおう

セレナを使って自分で引越しをしようと考えたとき、冷蔵庫と洗濯機が思ったよりも取り扱いが面倒だと感じたかもしれません。せっかく運んだのに壊れてしまったのでは困りますし、そもそも引越しを手伝ってくれる人がいないと、どちらも運び出すこともできません。

でも引越し業者に依頼する予算はないというのであれば、冷蔵庫と洗濯機だけでも引越し業者に運んでもらいましょう。そんなことできるの?と思うかもしれませんが、ほとんどの業者が家電だけの引越しにも対応してくれます。

ただ1社だけに見積依頼すると、相場よりも高値を提示されてしまいますので、必ず2〜4社で相見積もりを行いましょう。そうすることで業者間での競争が生まれ、どの業者も自社の出せる最安値を提示してくれます。

1社ずつ見積り依頼するのは時間がかかるから面倒だという人もいると思いますので、その場合には、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう。引越し一括見積もりサイトは、1回の申込みでまとめて複数社に見積依頼できてしまう素敵なサービスです。

無料でしかも冷蔵庫や洗濯機ならメーカー名と型式を伝えるだけで、すぐに見積もりを出してくれます。あとは信頼できそうな業者を選んで契約するだけです。とても便利なサービスですので、冷蔵庫や洗濯機を運んでもらう時にはぜひ活用してください。

冷蔵庫だけの引っ越し料金とおすすめ業者について詳しくはこちら
冷蔵庫や洗濯機・ベッドだけの引っ越し料金とおすすめの業者4選

まとめ

セレナの荷室は比較的広いため、引越しにも使えると思っている人もいるかもしれませんが、広いとは言え乗用車ですので、単身用の小さな冷蔵庫でないと縦積みできず、横積みをすると、コントは洗濯機が入らなくなります。また、ファミリー用の大きな冷蔵庫は横積みでも入りません。

  1. 冷蔵庫の高さを測る
  2. 1,600mm以上なら業者に依頼、1,100mm以上なら横積みにする
  3. 冷蔵庫を横積みするなら2回以上に分けて洗濯機と別々に運ぶ

まずは冷蔵庫の高さをカタログなどで確認し、セレナに収まるかどうかの確認をしましょう。冷蔵庫を横にしても、新居に設置して半日放置すれば使えるようになりますが、洗濯機は横にするのはNGです。また運搬中の振動も洗濯機にはよくないので丁寧に運転しましょう。

いずれも重量があるので、運搬は必ず2人以上で行うようにしてください。落としてしまうと簡単に壊れますし、無理に持ち上げると腰を痛めることもあります。いろいろと気をつけなくてはいけないので、面倒に感じるなら冷蔵庫と洗濯機だけでも引越し業者に運んでもらうのもおすすめです。

引越し一括見積もりサイトを使えば、リーズナブルな料金で冷蔵庫と洗濯機だけでも運んでもらえます引越しにあまりお金をかけたくないけど、冷蔵庫と洗濯機は確実に運びたいというのであれば、このサービスを使って運搬のプロである引越し業者に任せてしまいましょう。

\引っ越し見積もりが最大半額!/