海外へ引越しするときのダンボールは専用のものを使ったほうが良い理由

海外への引越しは家具や家電を持っていくことはほとんどありませんので、基本はダンボールのみの引越しになります。

そのダンボールですが、スーパーやコンビニでもらえるようなダンボールでいいかというと、そうでもありません。

海外への引越しには海外用のダンボールというものが売られていますので、こちらをおすすめします。

それはいったいなぜなのか。

海外用ダンボールじゃなきゃダメ?

海外で暮らしたことのある人ならわかるかもしれませんが、海外での荷物の扱いはとても雑で乱暴でしす。放り投げる、蹴飛ばすは当たり前の世界です。

海外に行くのに日本の常識は忘れてるようにしましょう。

海外用ダンボールはそんな劣悪な輸送環境にも耐えられるようにダンボールが2重構造になっています。

これでも「穴が開いてた」というような人もいますので、どれほどの扱いをうけているか想像できますよね。

ですので「最低限の保護」という意味で海外用の頑丈なダンボールを使用してください。

少し割高になりますが、ここでケチって大損をするよりは、保険だと思って海外用ダンボールを使用するようにしてください。

海外用ダンボールを使うメリット

海外用ダンボールを使うメリットは、やはりその頑丈さにあるのですが、じつはそれだけではありません。

海外用ダンボールは海外で流通しているサイズのダンボールですので、扱う人が慣れているサイズになります。

慣れているから丁寧に扱ってくれるかというとそうではありませんが、持ち慣れている形状のダンボールのほうが、落下させる危険性も少なくなります。

トラックへの荷積みも同じサイズのダンボールのほうがきれいに詰めますので、揺れなどに対して強くなります。

ダンボールが頑丈ですので、しっかり固定することが出来るのも揺れに強い積み込みが出来る要因になります。

様々なシチュエーションで荷物を守りやすくなるのが海外用ダンボールのメリットになります。

段ボールサイズの選び方


ダンボールが頑丈だからといってなんでもかんでも詰め込めばいいというものではありません。

ダンボールにはサイズごとに使い分けする必要があります。

基本的な考え方は「小さなダンボールに重いものを入れる」です。

大きいダンボールについついなんでも詰め込んで重くしてしまいがちですが、大きな段ボールは小さなダンボールに比べて強度がありません。

大きな段ボールには衣類などの軽くてかさばるもの入れて、本のような重たいものは小さなダンボールに詰めるようにしてください。

海外引越しのダンボール梱包ワンポイントアドバイス


海外引越しのダンボールは扱いが悪いため、梱包に手を抜くと簡単に箱が壊れて中身がこぼれてしまうことがあります。

そうならないためにダンボールのテープはクラフトテープと呼ばれる紙製のものではなく、布粘着テープと呼ばれる強度の高いものを利用しましょう。

壊れやすいものは必ず梱包材でぐるぐる巻きにしてください。

中に入れるものがないからといってすき間を開けておくと、ちょっとした衝撃で荷物が動いてしまい、その勢いで中側からダンボールを突き破ることもあります。

すき間にはタオルや梱包材をかならず詰め込んで、中の荷物が絶対に動かない状態にしておきましょう。

荷物が分からなくなるのを防ぐために、ダンボールに大きく名前と目的地を書いておけば、途中で紛失する可能性が低くなります。

念のため梱包した荷物は、梱包状態も含め、すべて写真に収めておきましょう。トラブル発生時に「自分はきちんと梱包した」と主張できますので、少しの手間を惜しまず、行うようにしてください。

海外引越しについては以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
海外への引越し費用相場と見積もりが安いおすすめの業者ランキング

まとめ

海外への引越しに関わらず、海外に荷物を送る場合は海外用ダンボールを基本としましょう。

私たちが思っている以上に海外での荷物の扱いがひどいため、日本の薄いダンボールではすぐに穴が開いたり壊れたりしてしまいます。

頑丈な海外用のダンボールを使用し、そのうえで中の荷物をしっかり守れるように梱包することで、大切な荷物を海外の手荒い輸送環境から守るようにしてください。