赤帽引越しの口コミと評判からわかる赤帽の仕組み

一人暮らしの引っ越しを引越業者に依頼すると、近距離でも5万円近い費用になり、繁忙期ですと10万円以上の見積もりが出てくることもあります。引っ越しにそんなにもお金をかけたくないという人も多く、そういう人たちが利用しているのが赤帽です。

「でも赤帽ってよくわからないし不安」という人もいると思いますので、ここでは実際に利用した人の口コミや評判を元に、赤帽が本当に安いのか、そして安心して利用できるのかを徹底検証していきます。

\10万円キャッシュバックキャンペーン/

赤帽の引っ越し費用相場

引っ越しなら赤帽
赤帽を利用して引っ越しをした場合、どれくらいの費用がかかるのかその相場を紹介します。

まずは基本料金を見てみましょう。

基本となる料金の目安

作業時間2時間以内・走行距離20Km以内だと13,500円
※土日は2割増し

この料金に対して、作業時間が長くなったり走行距離が増えたりすると費用が上がります。

例えば、高速道路を使う場合には実費分の費用がプラスされ、1人では運び出せないような重たい家電や家具などがある場合には助手が1人つきますので18,000円追加費用が発生します。

それらを踏まえたうえで、具体的な費用相場を見ていきましょう。

東京から神奈川21,000〜29,000円
東京から長野49,000〜67,000円
東京から大阪76,000〜88,000円

トラックの大きさなどの違いがあるため、営業所ごとに多少の差はありますが、相場としてはこれくらいの費用で引っ越しできます。トラックを1台チャーターすることを考えると、かなり格安です。

赤帽の人気度

赤帽安い
実際に大手引越業者の顧客満足度をランキングしているオリコンで、赤帽は7年連続コストパフォーマンス部門1位です。

長距離の引っ越しでは引越業者よりも高くなることもありますが、近距離での引っ越しでは圧倒的な低価格で人気があります。

しかも、引越業者は繁忙期になる高額な見積りになりますが、一部の営業所を除く赤帽は基本的に一律料金のため、1年を通して同じ値段で利用できるのが大きな特徴です。

\見積もりが最大50%割引になる/

赤帽引越しの良い口コミと悪い口コミ

赤帽 料金
赤帽の引っ越しがリーズナブルだと分かってもらえたところで、実際に利用したことのある人たちの口コミを見ていきましょう。

良い口コミだけでなく、悪い口コミもありますので、それぞれの口コミのご紹介と解説をしていきます。

赤帽の良い口コミ

一年前に引っ越した際に金額がとにかく安いところで探していたところ赤帽引越センターさんが一番安かったのでお願いしました。作業員の方も礼儀正しく、スピーディーに仕事をこなしていくのでとても頼もしく金額も安かったように思います。

とても気さくなスタッフさんでしたのでなんの不満もありませんでした。手際の良さはピカイチではないでしょうか。たった1人での作業なので時間もかかるのではと少し心配した時もありましたが、サクサク捗り無駄話もなく黙々とこなしてくれました。

きちんと周りのものに傷がいかないようにしてくれたり、わたしたちへの対応もとても丁寧でよくしてもらいよかったとおもう。またつぎ引越しをすることがあればまた頼みたいと思った。

対応も感じの良い方達で、運ぶか悩んでいた物を結局処分する事にしたんですが、サービスで、解体もしてくださいました。
また、洗濯機や、冷蔵庫の設置もこう置いた方がいいと思うので、こうしますね。など、きちんと説明をしてくれたので安心でした。

運良くとても親切・丁寧な赤帽さんで、エレベーターなしの4階を何度も往復していただき

良い口コミを見てみると一番に価格の安さや、作業スタッフは一人なのに手際が良かったなど価格だけでなく技術面でも高評価のようです。

価格が安い分、梱包や運搬などは自身で行わなくてはいけませんが、利用された方は一緒になって協力的に作業を行うことでスムーズに引っ越し作業を終えられているようです。

赤帽の悪い口コミ

大きな荷物タンスなどを運んでもらうために頼みましたが、個人のため「手伝ってくれる人はいますか」「包装は前もってしておいてください。」といわれました。言われたとおりしていたのですが、タンスに毛布を巻くのに連れてきた人に五千円追加、タンスを下ろすのに二階とは聞いてなかったと二千円追加されたにも関わらず下ろしていたときにタンスをぶつけてくれました。弁償もしてくれmませんでした。どこの赤帽もそうとはかぎりませんが私はもう赤帽に引越しは頼みません。

荷物は自分でまとめました。
時間短縮するためには、自分で荷物を運んだりと、楽ではありませんでした。
時間で換算する見積内容だと、サービス的にはきつい内容でした。
若い男性ではなかった分、余計に時間短縮するためには、努力も必要でしたので、気を使いました。

事前に連絡も無く突然見積もりに来られ、引越し当日は遅刻して来られ、あれ?と思う対応でした

引越し先にエレベーターがないので、冷蔵庫とか洗濯機とかタンスとかを3階の部屋まで手伝わされました。
滅茶苦茶きつかったです。

引越先のアパートの階段踊場から私の部屋まで全ての荷物を運ぶ作業を私1人でやらされました。

一方で悪い口コミを見てみると、「一緒に荷物を運んで疲労した」「家具を傷つけられた」といった良い評価からは考えられないような内容の口コミが目立ちます。

前者に関しては、お金を払っているから全てやってくれると思ったという利用者の考えと、赤帽スタッフによる作業員一人等の案内不足が考えられるため、いわゆるコミュニケーション不足が原因です。

後者に関しては、スタッフの研修がしっかりと行われていない粗悪な業者とも取れますが、家具が傷つけられるトラブルなどは大手の引っ越し業者でもありうることです。

トラブルが無いに越したことはないですが、万が一のことを考えると緊急時の対応が赤帽のような個人運営と大手業者に差がでるところでもあることが口コミからわかります。

赤帽の評判

赤帽 評判
先ほどの口コミを踏まえ、赤帽の評判を検証していきます。

総合的な評価としては満足できる

トータルの評価としては満足できるサービスを展開しているのが赤帽です。

実際に利用している人の評価としては、「利用して良かった」という声が多く、先程お伝えしたオリコンのランキングでは、コストパフォーマンスだけでなく、現場スタッフの対応や作業内容、提案プランなどでも1位になっているのも事実です。

先ほど悪い口コミでも紹介した通り、ほとんどがコミュニケーション不足が考えられるため、価格の安さや悪い口コミに惑わされず、実際の電話対応や訪問見積もり時に業者としっかりコミュケーションをとり、自分で良し悪しを判断することが大切です。

赤帽の口コミや評判の良悪の差がでるのはなぜか?

赤帽の評判でも少し触れましたが、赤帽の口コミをチェックすると、利用者ごとにまったく違った印象を受けているのが分かります。

それには理由があります。それは以下のように赤帽という引っ越し業者の仕組みが大手の引っ越し業者と異なるからです。

赤帽の仕組み

赤帽は中小企業等協同組合法に規定されている「事業協同組合」。 農家が集まって組織した「農業協同組合(農協)」や、漁師が集まって組織した漁業協同組合(漁協)と同様の組織で、貨物軽自動車運送事業者である赤帽組合員が集まって組織化されたものです。
つまり、赤帽組合員は農家や漁師と同様に、それぞれが独立した「個人事業主」、俗に言う「オーナー」という位置付けになります。
全国各都道府県に44の協同組合が存在し、約180ヵ所の組合本部、支部、営業所等の拠点がございます。

個人事業主ですので、柔軟な対応をしてお客さんに喜んでもらうことを重視している人もいれば、仕事だから嫌々荷物を運んでいる人もいます。

会社組織になっている引越業者のように、社員教育を徹底しているわけではありませんので、以下のように誰が運ぶかによって評価がきれいに分かれてしまうというわけです。

評判の良悪の差の理由
赤帽は個人事業主が集まって作られた協同組合組織ですので、運送店Aと運送店Bには基本的に関わりがありません。
過去に営業所Aで利用して満足できたから、次の引っ越しも同じ赤帽である営業所Bに依頼したら、対応がまったく違ってイメージダウンするといったことがよくあります。

上記のようなことにならないためにも、次章では口コミから分かる評判が良い赤帽を見つける方法を紹介します。

評判が良い赤帽を見つける方法

悪い口コミを心配しすぎて、赤帽の利用をあきらめるのは賢明だとはいえません。先ほども言った通り赤帽はトータル的な評判は高い業者です。

何より、引っ越し費用を安く抑えたいなら赤帽を利用しない手はありません。ここでは評判が良い赤帽を見つける具体的な方法を紹介します。

まずは以下の3点を意識しましょう。

    • 他人の口コミは参考程度にする
    • 配車センターではなく運送店(組合員)を自分で探す
    • 契約条件はメールやFAXなどで証拠を残す

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

他人の口コミは参考程度にする

まず大事なのが、赤帽に限っては他人の口コミはあまり参考にならないということです。

すでにお伝えしましたように、運送店Aと運送店Bはまったく別物です。このため、ある人の利用した運送店がとても態度が悪くても、そのことは自分が利用しようとしている運送店とは関係ありません。

もちろん逆もあり、他の人がどれだけ褒めていても、その運送店を使えるわけではありません。どちらの口コミも「そういうことがある」くらいに考えておきましょう。

ただ、運任せにする必要はなく、応対がしっかりとした運送店を選ぶコツというものがあります。どうすれば、きちんとした運送店に作業をしてもらえるのか、次項で詳しく説明します。

配車センターではなく運送店(組合員)を自分で探す

赤帽 引っ越し」で検索すると、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会のサイトが出てきます。ここからも引っ越しの見積依頼ができますが、このサイトから申込みをすると担当する運送店を選べません。

運が良ければしっかりとした運送店が担当しますが、運が悪いと悪い口コミにもあるような高圧的で技術力も低い運送店が担当になることもあります。

このため、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会から申し込みをするのではなく、赤帽を含む他の引っ越し業者から一括見積もりできるサイトで見積依頼をしましょう。

引っ越し一括見積もりの流れと業者の決め方

引っ越し一括見積りサイトへアクセスし無料見積もりをクリック

赤帽 一括見積もり

必要な事項を入力する


見積もり後は、複数の業者から連絡がきますが、その中からホームページが見やすく、引っ越しの料金も分かりやすく設定されている運送店を選びましょう。

公式ホームページが見やすい業者を選ぶ

ホームページを設置しているということは、自社でしっかりと仕事を取ってこようという気持ちの現われで、そのような運送店は引っ越しがサービス業であることを意識していますので、横柄な態度を取られる確率が大幅に下がります。

契約条件はメールやFAXなどで証拠を残す

運送店によっては、見積もり時や契約後にあやふやな回答をすることがあります。そのような運送店を利用すると後からトラブルになりやすいので気をつけてる必要があります。

赤帽を使ってトラブルになるケースの多くが「言った」「言わない」という認識違いによって発生します。このため、やり取りはできるだけメールやFAXで行い、証拠を残すようにしましょう。

例えば、以下のような引っ越しに必要な項目については必ず確認し、書面やメールなどの証拠を残すようすることで「言った」「言わない」といった状況を防ぐことに繋がります。

証拠として残しておくべきこと

    • 見積金額
    • 追加料金が発生する可能性
    • 運んでもらう荷物の量
    • 引っ越しの日時
    • 引っ越し先住所
    • 作業人数
    • 手伝いが必要かどうか
    • 荷物が乗り切らなかったときの対応
    • 荷物が破損したときの対応

項目が多くて意外と面倒だと感じた人がいるかもしれませんが、これらはトラブルにならないために必ず共有しておかないといけない情報です。そして、口頭ではなくきちんと形に残しておくことが大切です。

赤帽の口コミは頼りにならない

引越業者を選ぶと気に、口コミというのはとても参考になる情報です。やはり実際に利用した人の声というのは納得しやすく、どの業者の良し悪しを判断するためにはなくてはならないものです。

ただし、赤帽に限っては口コミがほとんど役に立ちません。

理由は、赤帽は看板が同じだけで、それぞれ個人商店に近い会社のため、サービスや技術力に多少差が出やすい組織だからです。

例えば、きちんと研修も行ってもその研修を本気で取り組んでいる人もいれば、適当に流している人もおり前者と後者では、顧客応対がまったく違ってきますしそれぞれの経験値も同じではありません。

だからといって、オリコンでも高い評価を受けている赤帽を使わないというのはもったいないですよね。運送店ごとにサービスの質がまったく違うということを認識し、信頼できる運送店を自分で探すように心がけてください。

ここでご紹介した方法で選定すれば、運送店選びで失敗する確率を下げられます。手間はかかりますが、それだけで満足度の高い引っ越しができます。悪い口コミに惑わされずに、ここなら大丈夫と思える運送店を探し出して引っ越しをお願いしましょう。

\見積もりが最大50%割引/