【11月の引越し料金相場】11月は1年間で最も引越し値段が安くなる時期

1年間で最も引っ越し料金が安くなるのが11月の引っ越しです。

引っ越しを行う人も少なく、まさに引っ越しの穴場になるのですが、実際のところ11月の引っ越しというのは、お得に引っ越しの出来るタイミングなのでしょうか。

ここでは11月の料金相場や、11月の引っ越し事情について紹介します。

11月の引っ越し料金の相場

ここで距離と人数別における11月の引っ越し相場を見てみましょう。

同都道府県内(50km未満)の人数別における引っ越し相場

単身1人の場合平均30,000円
夫婦、カップル2人の場合平均58,000円
家族3人以上平均70,000円

同一地方内(200km未満)の人数別における引っ越し相場

東京都から静岡県ぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均48,000円
夫婦、カップル2人の場合平均75,000円
家族3人以上平均82,000円

遠距離地方(500km未満)の人数別における引っ越し相場

東京都から大阪府までぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均58,000円
夫婦、カップル2人の場合平均126,000円
家族3人以上平均130,000円

これらはあくまで相場ですが、荷物の量や土日・祝日、エアコン取付け取り外し工事等のオプション料金などで料金が加算されます。上記の引っ越し料金を参考に、引越し侍SUUMO引っ越しなどで、複数社からしっかり相見積もりをとるようにしましょう。

暖房にもなるエアコンの工事については次の記事が参考になります。

引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用相場とおすすめの引越し業者

11月の引っ越し料金が安くなる理由

次の引っ越し料金相場のグラフでもわかるように、11月は1年の中でもっとも引っ越し料金が安くなります。その理由を見てみましょう。

人の流れが止まる

11月は人の動きが1年間で最も少ない時期になります。転勤や就職、進学にもあまり関係がなく、引っ越しをする理由がないため、11月の引っ越しは需要不足になり、引っ越し料金が下がる傾向にあります。

逆に、大学入学や新卒の入社が多い3月と4月は一年のうちでもっとも高い引っ越し料金になります。これは不動産業界でも同じようなことが言えます。

3月と4月の引っ越し料金相場については次の記事が参考になるはずです。

【3月4月の引越し料金相場】安くしたいなら3月より4月がおすすめ

家賃も安いので引っ越し初期費用が安くなる

11月で安くなるのは引っ越し料金だけではありません。転勤など、人の流れが少なくなる11月は賃貸物件の礼金などが低くなり、しかもフリーレントのように、家賃が数ヶ月分無料になるようなこともあります。
つまり物件の初期費用が安くなるのです。

もし自由に引っ越し時期を決めることが出来るなら、引っ越しにかかるトータルコストを大幅に下げることが出来る11月は、安く引っ越しをするために最適な月になります。

10月の引っ越しが割高になる傾向にありますので、10月か11月かの引っ越しで悩んだときは11月の引っ越しを選ぶようにしましょう。

10月の引っ越しについて以下の記事を参考にしてください。

【10月の引越し料金相場】10月はタイミングによっては引越し費用が高くなる

11月に引っ越しをするメリットとデメリット

1年の中で最も引っ越し料金が安くなる11月ですが、具体的なメリットとデメリットを見てみましょう。

構造化データの記法は3パターン

  • Microdata(マイクロデータ)
  • RDFa(アールディーエフエー)
  • JSON-LD(ジェイソンエルディー)

メリット

  • 価格が安い
  • 予約がとりやすい
  • 長距離引っ越しが安い
  • 家賃が安くなる傾向にある

デメリット

  • 短距離の引っ越し料金はそんなに変わらない

以上のようにメリットの方が圧倒的に多く、デメリットといえば短距離の引っ越しは通常の閑散期とあまり変わらないところくらいです。

しかし、11月は引っ越し料金が高くなる土日祝日が少なく、安くなる平日が多いこともメリットの一つになります。

11月に引っ越しを上手にするためのポイント

11月の引っ越しを上手に行うためのポイントは、「じっくり時間をかけて行う」ということになります。

引っ越し業者は暇な状態ですので、確実に引っ越し案件を確保したくなります。そのため「いま決めてもらえれば◯◯万円で行います」のような提案をしてきます。

そこで決めてしまうのではなく、出来る限り引っ越し一括見積もりサイトなどを利用しましょう。相見積もりの状態を作り出すことで引っ越し業者同士で競ってもらうようにすれば、さらに引っ越し料金を格安にすることができます。

引越し見積もりサイト5社を安さや電話頻度に登録業者数から徹底比較

11月の引っ越し料金を安くするポイント

また、安いからと言って荷造りや荷物の量が多いと、結局いつもと変わらない料金になり、お得な気になれませんので、荷造りや荷解き作業を自分でやる、不用品を処分するなど、以下のポイントはしっかり抑えておくようにすることが大切です。

引っ越し料金を安くするためのポイント
  •  土日祝日は避ける
  •  荷造り・荷解きは自分でやる
  •  荷物の量を減らす
  •  複数社から見積もりをとる
  • 引越し侍で一括見積もりする

    11月の引っ越しがお得になる日

    11月の中でも、料金がとくに安くなるお得な日を紹介しますので参考にしてください。

    サカイ引越センター1日、5日〜8日、12日〜14日、19日、20日、22日、26日
    アリさんマークの引越社1日、2日、5日〜9日、12日〜16日、19日
    アーク引越センター5日、8日、13日、14日、16日、20日、22日、26日、28日

    11月の引っ越し割引率を見ると、前半の平日がお得なようです。月末になると高くなる傾向にありますので、早めの相見積もりで予約をとるようにしましょう。

    11月に引っ越しをするときの注意点

    引っ越し料金が安いと言われている月でも、需要が多い日程では引っ越し料金が高くなる傾向にありますので、連休のような人気の高いタイミングは外すようにします。

    また同じく月末になると引っ越しの需要が増えるため、料金も上がりやすくなります。

    11月でも引っ越し料金が高くなる場合

    11月がシルバーウィーク(第1週に3連休以上になること)になるような年は、その期間だけ少しだけ引っ越し料金が上がることもあります。

    できれば週末や連休に引っ越しをしようとせずに、できるだけ引っ越しする人が少ない平日を選んで引っ越しをしましょう。

    また引っ越し作業をすべて引っ越し業者に依頼すると、それだけ料金も高くなります。「安いから」と安心していると、結果的に割高な引っ越し料金になることもあります。

    安易に引っ越しを依頼するのではなく、基本的には引っ越し一括見積もりサイトなどを利用して、相見積もりの状態を作り出すようにしてください。

    11月は料金が安いが油断は禁物

    引っ越し料金は転勤や入学などの人の流れによって左右されることが多いので、移動の多い9月10月の秋の引っ越しを避けられそうであればぜひ11月の引っ越しを検討してみましょう。

    とくに長距離の引っ越しや荷物の多い引っ越しなんかは、メリットが多くデメリットが少ないので間違いなく損はしません。

    ですが安心しきって、業者を簡単に決めてしまうと思わなぬ損をしてしまいます。

    引っ越し料金を安くする方法である引っ越し一括見積もりサイトで複数の業者から相見積もりを出すことを必ず忘れないようにしてください。

    年末年始の引っ越しについて以下の記事を参考にしてください。

    【12月1月の引越し費用相場】年末年始でおすすめなのは1月の引越し