年末年始(12月〜1月)の引越し見積もり費用は繁忙期に比べると安い

引越しの難しいところは1年中同じ価格というわけではなく繁忙期には引越し料金は高くなり、オフシーズンは安くなります。

なぜ引越し料金に定価がなく、常に変動しているのか?とにかく引越しを安くするためには何月に引越しをするべきなのかについて説明します。

年末年始(12月〜1月)の引越し料金相場

ここで年末年始(12月〜1月)の料金相場を紹介します。

同都道府県内(50km未満)の人数別における引越し相場

東京都内程度の距離です。

単身1人の場合平均30,000円
夫婦、カップル2人の場合平均58,000円
家族3人以上平均70,000円

同一地方内(200km未満)の人数別における引越し相場

東京都から静岡県ぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均48,000円
夫婦、カップル2人の場合平均75,000円
家族3人以上平均82,000円

遠距離地方(500km未満)の人数別における引越し相場

東京都から大阪府ぐらいまでの距離です。

単身1人の場合平均58,000円
夫婦、カップル2人の場合平均126,000円
家族3人以上平均130,000円

エアコン取付け取り外しがある場合は、上記の平均料金にプラスで、エアコン取付け取り外し工事等のオプション料金が加算されます。

見積もりについては、引越し一括見積もりサイトでさらに詳しい料金の見積もりが簡単にできますので利用してみてください。

引越し見積もりサイトが気になる方は次の記事が参考になるはずです。

おすすめの引越し一括見積もりサイトと利用するメリットとデメリット

実は穴場!?年末年始の引越し

12月の年末は、出費を抑えるために引越しをする人は少ないイメージですが、年内に引越しを終えて年越しはゆっくりしたいということから意外と引越しが多い時期だったりします。こちらの年間の引越し料金平均値のグラフを見てみましょう。

年間の引越し料金平均値のグラフ

年末の12月は引越し料金が意外と高い?

引越し料金の平均値グラフを見ると12月に少し上がっています。年末年始を新居で過ごしたいということで年末に合わせて家を建て、冬休みや年末のお正月休みに入ったところで引越しをしようという人が多いようです。

そのため12月下旬ごろは閑散期の中でも引越しが増え、割増料金となる傾向にあります。どうしても12月に引越したい場合は大晦日前の29日と30日が狙い目です。

年末年始でおすすめなのは1月の引越し

実は閑散期の中でも、引越し費用が安くなる穴場は年始にあたる1月での引越しになります。

年始は新年から動き回りたくないという心理が働くため、引越しをする人が大幅に減ることになります。また積雪の影響を心配して引越しの申込みが減少傾向にあるのも一つの理由です。

そのため、年始から2月前半までは引越しを格安で行うことが出来る穴場の時期ということになります。

またこの時期は引越し業者も学生のアルバイトを確保しやすい時期ですので、人件費も抑えることが出来ます

12月か1月で迷ったら・・・

引越しを12月か1月どちらかで迷ったら年明けの比較的予約が取りやすい1月にしましょう。

年末年始の引越し事情

1月に引越したほうが良い場合、元旦でも引越すことができるのか詳しく説明します。

大晦日や元旦に引越しできるのか?

「学校の転校があるから冬休みや正月休みを利用して引越したい」、「年始が安いから」といって、1月1日に引越しをしたくても営業している引越し業者がないことがほとんどです。

引越し業界にもGWもお盆時期も仕事があり休みを取ることが出来ません。年末年始くらいしか休めないため12月31日〜1月2日の3日間はほとんどの業者が休みと思っていいでしょう。

しかし、中には年中無休で営業している引越し業者もありますので大晦日や元旦に引越しをすることも可能です。

引越し一括見積もりサイトなどで年末年始の日時を入力すれば営業している業者から連絡が入るはずです。

大晦日・元旦営業している業者

  • アーク引越センター
  • ヤマトホームコンビニエンス

しかし大晦日・元旦に引越しをする場合、特別料金が発生してしまい結果的に割高になってしまうので注意が必要です。

引越し侍で一括見積もりする

年末年始の交通網の渋滞

そしてもうひとつ、年末年始は交通網が非常に混雑する時期でもあります。

高速道路も新幹線も飛行機もどれも混雑していますので、引越しをスムーズに行えない可能性があります。

長距離の引越しで渋滞に巻き込まれて引越しの荷物を受け取れないなんてことにもなりかねませんので、引越し業者とよく相談の上決めるようにしてください。

年越しは帰省先や海外ですると言った場合なんかは、一旦荷物を引越し業者に預けて年明けに受け取ることもできないか聞いてみても良いでしょう。

真冬の引越しは雪に注意

12月と1月といえば雪の季節でもあります。雪は水と一緒なので荷物が濡れてしまうため、雨の日の引越しと同様にビニールに入れたりするなど注意が必要です。

また思わぬ積雪で道が封鎖され、引越しができないという状態も予想されます。天気予報にも注意を払いながらスケジュールにゆとりをもって予約を取ることが大切です。

年末年始(12月、1月)のお得日

ここで年末年始の引越しがお得になる日を紹介しますので参考にしてください。

12月の引越しお得日

アリさんマークの引越社3日〜7日,10日〜14日,17日〜19日
サカイ引越しセンター4日〜6日,10日〜12日,17日,18日,20日
アーク引越センター2日,4日,5日,14日,18日,20日,26日,28日,30日

1月の引越しお得日

アリさんマークの引越社未掲載
サカイ引越しセンター7日〜10日,14日〜16日,21日,22日,24日,28日
アーク引越センター4日〜7日,10日,14日〜16日,18日,22日,24日,28日

平日が安いのはもちろんですが、土日でも時間指定なしにすれば交渉の余地は十分にありますので土日のフリー便も検討してみましょう。

年末に見積もりして正月後の引越しがおすすめ

年末年始(12月〜1月)の間で引越しをいつにしようか迷ったら、正月後の4日以降の平日が予約も取りやすく料金が安くなる傾向にあるのでおすすめです。

休み期間に引越しを考えていて、冬休みや仕事休みにギリギリ入っている方は、12月中に見積もりを行い業者を決めたら年明けのこの時期に予約を取るようにします。

注意したいのは、年末年始はどこのお店も閉まってしまうので、荷物の処分やライフライン等の諸手続きなど早めに動き始めるのがポイントです。

大晦日や元旦に営業している業者もあるようですが料金が割高になってしまうので、あえてこのときに引越しをする必要はありません。年末が忙しい場合は正月後にゆっくり引越しを行うほうが良いでしょう。

12月でも1月でも先ほどお伝えしたお得日を参考にしながら、早めに複数社から相見積もりもしてもらい業者を決めるようにしてください。

東北や北海道は、積雪の影響も考えられるので荷物の汚損防止など業者とよく相談して対処できるようにしておきます。