3月と4月の引越し費用は高い!安くしたいなら3月より4月がおすすめ

 3月中の引越しは高い!引越し料金を安くしたいなら4月がおすすめ
引越し料金は通常期と通常期で大きく変わってきます。

大手の引越しの場合で繁忙期と通常期で見積金額が10倍近く違ったというようなことも実際にあるようです。

そんな繁忙期の代表が3月なのですが、引越しを安くしたいなら3月ではなく4月をオススメします。その理由についてこれから説明していきましょう。

3月は引越しのハイシーズンです

日本は4月から新年度が始まりますので、学校も会社も4月から新しい人たちが入ってきます。

新入生、新入社員、転勤者。新しく入ってくる人たちは新しい環境に備えて3月中に移動してくることになります。

このため3月は1年で最も引越しが多い季節になり、引越し業者は人手不足になるほど引越しの依頼を受けることになるのです。

受け切れない引越しに関しては協力会社に依頼することもありますので、その支払も考えて高い見積もりを出すのですが、それでも利用するしかないため「3月は高くても儲かる」引越し業者の年に1度の稼ぎどきなのです。

このタイミングで引越しをすると引越し料金が高くなることはどうしても避けることが出来ません。

3月4月の引越し料金の相場

移動距離単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
2人家族4人家族
近距離(20km以内)49,147円57,610円60,255円80,698円
近距離(50km以内)56,674円59,774円68,589円94,680円
長距離(200km以内)78,835円82,177円105,086円125,021円
長距離(300km以内)96,346円105,812円147,493円211,726円

3月4月に引越しをしようとすると、全体的に引越し料金が高くなっています。相場だけでも2割から3割ほど割高になります。引越しの予約が遅くなってしまうと、さらに高い引越し料金を提示してくることもあります。

さらに3月の引越しになるとさらに引越し料金がアップします。3月の土日になると、通常期の倍近い金額を提示されるようなこともあります。

引越し費用を安くする基本は繁忙期(3月4月)を避けること

引越し料金を下げる基本は繁忙期を避けることです。この場合は3月の引越しを辞めて別の月にずらします。

ちなみに引越し費用が安い月と言われているのが、6月7月11月1月です。

ところが4月からの新生活に向けて1月や6月に引越しをするのは現実的ではありません。

ですので3月の引越しは4月に変更できないか検討してみましょう。

心情的には4月の新生活が始まる前にすべての準備を整えておきたくなりますが、例えば3月の最終土日と4月の最初の土日で引越し代が10万円違うとすればどうでしょう。

引越し代がどれほど変わるかは引越し業者しだいですが、大手引越し業者であれば確実に2倍は変わります。

3月を避けて4月に引越しをするには十分すぎるメリットではないでしょうか。

3月の引越しを4月にずらすためのポイント

とはいえ4月からは新しい学校や新しい職場での生活がスタートしています。どのようにすれば4月に引越しをしてスムーズに新生活に移行できるのでしょうか。

まず4月からは新生活が始まりますので、現在の自宅から大学や職場に通えないか検討してください。片道2時間程度であれば1週間ぐらいはなんとかなります。

通勤や通学にそれ以上の時間がかかるときは、格安のホテルなどを利用するという手もありますし、新生活の拠点となる新居を3月末から契約しておくというのももひとつの方法です。

書類の提出の都合もありますので、できることなら3月中に賃貸契約を行い、3月中に住民票を動かすなどの事務手続きを行うようにしてください。

最低限の小さな荷物だけを持って新居での生活をスタートさせ、最初の休日に本格的な引越しを行えば引越し料金を下げることは可能です。

ただし、旧居と新居の家賃を2重に払っている期間は費用としてはマイナスになりますので、できるだけ短くするのは理想です。

新居はフリーレントなどの最初の数ヶ月間家賃の掛からない物件を選ぶなど工夫をしてみてください。

どうしても3月に引っ越さなくては行けない場合の注意点

どうしても3月に引越しをするしかないような場合もあると思いますので、その際のアドバイスもしておきましょう。

まず3月に引越しをすることが決まったらできるだけ早く、引越しの予約を行ってください。

後になればなるほど引越し業者は忙しくなるため、引越し条件が悪くなりますし、協力会社を利用して無理やりスケジュールを詰め込むため、引越しの質が下がったり、引越し費用が高くなります。

早い段階で複数業者に見積もりを行い、相見積もりの状態にしてください。

また引越し業者に安くなる日や時間帯を聞いてみましょう。繁忙期でも平日であれば余裕のある安く作業ができる日もあります。

早めの予約と、繁忙期でも平日などの比較的安く作業ができる日を選ぶことが3月に引越しをするしかないときのポイントになります。

引越し一括見積もりサイトで安い業者を探す

引越し料金を少しでも下げたい場合に利用したいのが、引越し一括見積もりサイトです。引越し一括見積もりサイトでは、1回の依頼で複数の引越し業者から見積もりをもらえます。

3月4月の引越しであれば、引越し業者によって数万円の金額差が出てきますので、出てきた見積もりの中から、安い金額を提示してきた業者と連絡を取りましょう。

業者を探したら値引き交渉を行う

安値の見積もりを提示してくれた引越し業者にそのまま依頼してもいいのですが、繁忙期は安い金額といっても、それなりに高い金額になっています。

引越し料金を下げるには、引越し業者を決めてからが勝負になります。まだこの時点では交渉のテーブルについただけだと考えましょう。

引越し業者間で値引きを競うことになる相見積もりの状態にしたり、訪問見積もりでさらに安く引越しできる方法を提示してもらいましょう。

まとめ

3月に引越しをしなくては行けない人がおおいため、3月はどうしても引越しのハイシーズンになります。

3月と4月では引越し料金が倍以上違うこともありますので、日程の調整などをうまく行いできるだけ4月に引越しをするようにしてみましょう。

4月の引越しが難しい場合は、引越しの予約の先送りをせずに早め早めの行動で少しでも安く引越しできるように準備しましょう。