【引っ越し値引き交渉術】見積もり後に半額になる依頼のコツとは

引越し見積もりの値引き交渉

引っ越しはどうしてもお金がかかってしまいますので、安くできることろは少しでも安く抑えたいですよね。

引っ越し料金はとくに交渉することで価格が大きく変わる引っ越し費用のひとつですから、上手に交渉をして納得の料金で引っ越しを行いたいものです。

ここではあまり強気に交渉できない人から、普段から値引き交渉を行っていて交渉が得意という人まで、幅広い層に活用できる交渉術を紹介します。

引っ越し値引き交渉と有利にすすめるコツ


見積もりを下げる基本は相見積もりです。徹底して値切りたい場合は、手間はかかりますが訪問見積もりを3社〜5社に依頼してください。

多ければ多いほど価格競争になるため引っ越し料金は安くなります。

ただし、同じような種類の引っ越し業者ばかり揃えないように気をつけてください。大手ばかり4社を集めても金額に大きな差は出ません。

しっかり値切りたいのであれば、地元の小さな引っ越し業者や、中小の引っ越し業者などバラエティに富んだ選定を行ってください。

そうすることで意図的に見積もり金額にばらつきをつくることが重要です。

値引き交渉前に準備しておくこと

訪問見積もりをを行うのは引っ越し業者ですので、本来であれば引っ越しを依頼する側が準備することといえば掃除ぐらいですが、徹底して値切りたいならもっと細かい準備が必要です。

それは引っ越しに関する資料を作成しておくことです。

引っ越しに関する資料

    • 運ぶ荷物の選定とリスト(大型荷物や梱包を自分でするかしないか)
    • 引っ越し先の建物に関する情報(エレベータ有無など)
    • できれば引っ越し先の写真(地図や建物の外観)
    • オプション料金や注意してほしい点

引っ越し先の建物に関する情報や引っ越しに持っていく大型荷物のリストなど、分かる限りの情報を提供してください。

引っ越し先の写真まであるとベストですが、最低でもグーグルマップなどを利用して地図と建物の外観だけでも分かるようにしてください。

その他にも注意して欲しい点や要望をまとめて、引っ越し業者の担当者はそれと現場を見て確認するだけでいい状態を用意しておきましょう。

そうすることで営業担当は「言った言わない」のトラブルを避けることができるため、安全を見て高めの見積もりをせずに、最初から安い見積もりを出してくれます。

素人感を出さないのがポイント

引っ越しに関する知識を少しでも入手しておき、何よりも「この人はちょっと違う」というイメージを持ってもらうことで、今後の交渉もしやすくなります。

\引っ越し費用が最大半額!/

必ず値切れる引っ越し値引き交渉の方法


ここで、見積り金額を安くする値引き交渉の方法を紹介しますので、自分に合った交渉術を使って見積もり金額を安くしてもらいましょう。

見積もり値引きの交渉方法

  1. 相見積もりを行う方法
  2. 即決カードを使う方法
  3. 心理戦で値下げしてもらう方法
  4. 訪問見積もりで競わせる方法

1.相見積もりを行う方法

引っ越し一括見積もりサイトを利用することで「相見積もりですよ」と言っているようなものですので、あまり強く交渉できない人でもこの方法であれば簡単に見積もりを安くすることが出来ます。

また、引っ越しの値段を下げてもらう交渉をするのに相見積もりは「絶対」です。

1社だけに依頼をして「高いからまけてください」と言ったところで「値下げは応じられません」の一言で片付けられてしまいます。

複数社で見積もりをしていることを伝えることで、引っ越し業者にできるかぎり、安い見積もりを提示してもらうのです。

引っ越し一括見積もりサイトを利用して見積もり依頼をすれば、引っ越し業者は最初から相見積もり前提の見積金額を提示してくれるのであえて「相見積もり」を口にする必要もなくなります。

複数社から相見積もりをする

2.訪問見積もりで競わせる方法

交渉が得意だという人は、先ほどお伝えした交渉術を使って複数社の訪問見積もりを行い、徹底的に値下げをあおりましょう。

相見積もりなのかそうでないのかによって、引っ越し業者の提示してくる金額がまったく変わってきます。

訪問見積もりの日程が決まったら、まずは1社目の見積もりをしてもらいます。ポイントは「相見積もりになる」ことをしっかり伝えることです。

1社目は限界値ではないにしてもそれなりに安い金額を提示したうえで「即決なら更に安くします」と言ってきます。

その言葉に乗ってはいけません。むしろ「まだ下げられる要素があるのだな」くらいに思っておきましょう。

複数社の訪問見積もり交渉の流れ
STEP.1
1社目の見積り金額を2社目に提示する
1社目の金額をベースに2社目の見積もり行います。できれば1社目の金額は伏せ1社目が安かったと2社目にプレッシャーをかけます。
STEP.2
2社目の見積り金額を3社目に提示する
2社目の見積金額を下げさせ、その下がった見積金額を提示して3社目の見積金額を下げさせます。
STEP.3
3社目にもらった見積り金額を1社目に再度提示して安くなるか交渉する
最後の1社の見積もりを終えた段階で、1社目に戻ります。この時点で1社目の見積もりからは数万円下がっていることもあります。
STEP.4
STEP.1〜STEP.3を繰り返す
どこまでループさせるかは交渉者の腕次第ですが、このループ作戦で限界まで見積金額を下げさせることが可能になります。
STEP.5
引っ越し業者を決める
ここからは下がらないかな、というところで見切りをつけて実際に依頼する引っ越し業者の選定を行います。

「他社がここまで下げてきたけどどうしますか?」と金額を提示すると、可能であれば値引きの提案をもらえますが、引越業者からは「これ以上は無理です」という声も聞こえ始めるかと思います。

もし、「これ以上値引きはできません」と返された場合は、「似たような金額のところがあって迷っている…」「できることなら御社にお願いしたいのですが….」この2点を伝えるのも有効です。

値引きはしてくれなくても、なにかオプションをサービスしてくれたりとプラスαのサービスをしてくれるかもしれません。

とにかく粘り強さが必要で、時間がかかる交渉ですが、その交渉によって得られる利益はとても大きい物になります。

交渉に自信のある人はぜひ訪問見積もりを利用した交渉を行ってください。

契約したい引っ越し業者がある場合は1社目にしない

狙っている引っ越し業者がある場合は、複数社と訪問見積もりをする際、1社目ではなく3社目か4社目に訪問するようにしてもらいます。そうすることで、狙っていた引っ越し業者と一番安い金額で契約ができるので一石二鳥になります。

引越し侍で一括見積もりする

3.即決カードを使う方法

即決カードとは?
即決カードとは、「あと少し安くしてくれたら即決します」という交渉の最終段階で使う半額もありえる伝家の宝刀です。

この「即決」カードはかなり強力です。相見積もりをしている状態であれば、ほとんどの場合で見積金額が下がります。

交渉が得意な人は、とっておきの切り札ですのでこの「即決カード」を使うのをできるだけ先送りしましょう。引っ越し業者から切り出されても無視してください。

交渉が苦手な方は、本来であれば、見積もり訪問を何社か行い、最後のとどめの一言として使うべきですが、あまり交渉が得意ではなく相見積もりの金額で満足している人には、「即決カード」を早い段階で使ってもよいでしょう。

即決カードの注意点
気をつけたいのは、この方法は交渉の上手下手が現れてしまうことです。無理に値下げさせようと粘るとかえって空気が悪くなり、当日気持ちのいい引っ越しができませんので、断られても「では、それでお願いします」という潔さも大切です。

4.交渉が苦手な人が値下げしてもらう方法

交渉が苦手な方で、難しい駆け引きをしたくない、引っ越しまでに時間がないという場合の取っておきの方法があります。

それは、

「価格交渉はしません。最初に出してもらった見積もりで一番安いところに依頼します」
と宣言することです。
※ここでいう見積もりは一括見積もりサイトで出てきた仮の見積もりではなく、訪問見積もりを含めた正式の見積もりです。

価格交渉をしないという宣言は「後出しでの値下げを認めない」という宣言にもなります。

こう言われると引っ越し業者は、自分たちの出せる最も安い見積もりを提示するしかなくなります。

最初から最高の見積もりを出してもらうための心理戦です。

心理戦のメリット・デメリット

メリットは、しつこい営業を「約束したでしょ」とはねつけることができるということと、時間の短縮になることです。デメリットは思ったよりも下がらなかったときに、その金額を受け入れるしかないことです。

\引っ越し費用が最大半額!/

引っ越し値引き交渉で気をつけること

引っ越しの交渉
訪問見積もりの際の交渉術について説明してまいりました。

しかし、引っ越し業者の営業も交渉のプロですので、こちらが優位に立つつもりがあちらが優位だったという状況にもなりかねません。

そこで、引っ越し業者の口車に載せられないために気をつけたいことを説明していきます。

引っ越し値引き交渉で気をつけること以下の

値引きの交渉の注意点

    • 引っ越し費用の相場をある程度把握しておく
    • 引っ越し業者側の提案に即決しない
    • 交渉のやりすぎに注意

引っ越し費用の相場をある程度把握しておく

いくら引っ越し業者と値引き交渉しても、実際いくらまで下がればお得になったのか判断するのは難しいですよね。

そこで重要になってくるのが、引っ越し費用の相場の把握です。希望の引っ越し日が繁忙期(3〜4月)になるのか閑散期(5月〜2月)になるのかはもちろんのこと、大体でいいので月別の引っ越し相場を把握しておくようにしましょう。

例えば閑散期の家族の引っ越しだと

家族2〜3人の同一県内の引っ越しの場合、6万円〜7万円代が相場で10万円近いと高いと考え、逆に繁忙期だと10万円は仕方がないと考えます。

引越し侍で引っ越し相場を確認する

引っ越し業者側の提案に即決しない

一番注意したいのが、引っ越し業者側から営業トークで「即決してくれるなら〇〇円まで下げます」という風に即決を迫ってくるケースです。

確かに、引っ越し者の予算内に収まっていたり、相場より安ければ即決しても良い場合もありますが、同日で他社のほうが実は安かったという可能性も少なからず考えられます。

とにかく、「うちに即決してくれた安くします」という言葉にはすぐには乗らず、「他の業者の見積もりを見てから」というふうに断るか、逆に「即決するのでそれよりもっと安くなりませんか?」と自分優位の交渉へ持っていくようにしましょう。

交渉のやりすぎに注意

先ほども少しお話しましたが、とにかく安くしようと、交渉をやりすぎると引っ越し業者にも従業員への給料を払わなくてはいけないので、利益のない引っ越しは断られてしまうこともあります。

また、あなた以外にも引っ越しをしたいという人がいることを忘れてはいけません。

見積もり書は引っ越しの予約ではないのでトラックの空き状況によって日々変わります。

返答はなるべく早く、できれば訪問見積もりの翌日には行うようにしましょう。

引っ越し値引き交渉は粘りもん勝ち


ここまでしなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、値引き交渉で数万円も金額が変わるとわかれば紹介した交渉術でとにかく粘り強く交渉するしかありません。

訪問見積もりはその交渉を行うための数少ないチャンスですので、希望の値段になるまで粘り強く交渉を続けましょう。

交渉は苦手という方は、引っ越し一括見積もりサイトを使ってインターネットで相見積もりをしてもらうか、訪問見積もりの際に「即決カード」を使いましょう。

交渉に自信がある方は、訪問見積もりの際の心理戦か見積り金額のループ作戦で交渉してみましょう。

そしてここが限界だと思ったら、気持ちを切り替えて交渉を終了させ、そこからは値引きしてもらった金額で気持よく引っ越し作業をしてもらいましょう。

ただし度を過ぎた交渉は相手にいいイメージを与えませんので、ほどほどで切り上げることも心がけてください。

無事、気持ちよく引っ越し作業が終わったあかつきには、引っ越しは人生でそう何度もあることではありませんが、「また機会があればおたくを利用したい」と安くしてもらった感謝の気持ちを伝えましょう。

引越し見積もりサイト5社を安さや電話頻度に登録業者数から徹底比較