引越しは限界まで相見積もりで値段交渉すれば見積もり費用は安くなる

引越し業者も商売ですので簡単には引越し費用を安くしてはくれません。そんな引越し料金を安くするためのテクニックが相見積もりです。複数の業者に見積もり依頼をすることで、最も安い業者を選ぶのは基本中の基本ですが、実はそこからさらに安い引越し料金を引き出すことが可能です。

引越しの相見積もりは引越し料金を下げる基本

まずは複数の引越し業者に見積もり依頼を行いましょう。各引越し業者のサイトから見積もり依頼をすることができますが、この方法で見積もり依頼をすると引越し業者は相見積もりであることを知りません。そのため正規の料金での見積もり額しか出てこないのですが、最安値の引越し料金を提示してきた引越し業者の引越し料金を他社に伝えると、少なくともそれ以下の金額で再度見積もりを提示してくれます。

その金額を、最安値を出してくれた引越し業者ににも伝えます。これを数回繰り返すことで引越し業者は下げられる限界値まで引越し料金を下げることが可能になります。ただし、この方法は手間がかかります。そこで利用したいのは一括見積もりサイトです。相見積もり前提で見積もり金額を提示してくれるため、交渉の無駄を省くことができます。

業者の即決は絶対にしてはいけません

相見積もりをしていることに引越し業者が気づいたときに「今ならオトクな内容で契約できます」と言って、すぐに契約をさせようとしてます。お得になるなら即決したくなりますよね。でも他の業者からの回答が出揃うまでは、即決しないことをオススメします。

強引にでも即決させようとするのは他の引越し業者と比較して、安い引越し料金を提示できないかもしれないという不安の現れです。見積もりに自信があれば、すべての引越し業者の見積が出揃うまで待っても何の問題もないはずです。

急いで業者を決めたいのでなければ、どんなにいい条件を提示されても、少なくともすべての見積もりが揃うまで、引越し業者の決定は待ちましょう。特典でもなんでもないことをあたかも特典のように言って、お得感を演出する引越し業者もいますから注意は必要です。

引越しの相見積もりをするときのマナー

業者が勝手に競い合ってくれるからといって何をしていいわけではありません、相見積もりをには相見積もりのマナーがあります。まず基本は相見積もりであることを最初から伝えておくことです。一括見積もりサイトを使えばすでに相見積もりなのは引越し業者も理解していますが、引越し業者のサイトから依頼した場合は相見積もりだとは思っていない可能性があります。必ず相見積もりであることを最初に伝えておきましょう。

下見の時間を重ならないようにするのも相見積もりをするときのマナーのひとつです。同じ日に下見のをしてもらうことは問題ありませんが、それぞれの時間が重ならないように配慮する、もしくは何時に次の引越し業者が来るのか伝えておきましょう。

選ばなかった業者の断り方

まず断るときのルールとして、他社に依頼を決めたらできるだけ早く断りの連絡を入れるようにしてください。見積もりをもらって、そのまま放置というのは大人の対応としてよろしくありません。見積もりをお願いした引越し業者のうち、選ばなかった業者すべてに電話してください。

手間かもしれませんが、見積もりを安くするため複数社に依頼をしたわけですから、電話ひとつですみますので必ず電話してください。断りの電話を入れない場合は、見積もりを依頼した営業担当から電話がかかってくることになりますので、そちらのほうが’対応が大変です。

断り方はいろいろありますが、正直に「他社に決めてしまいました」が一番です。引越し業者も断られなれていますので、そんなところで気を使う必要も、嘘をつく必要はありません。理由を聞かれたときは「安いから」ではなく「担当者が良かったので」などの相手に切り返しをされない他社に決めた理由をつげるといいでしょう。

まとめ

引越しの見積金額を安くするためには必ず複数の業者に相見積もりをしてください。そのさいに相見積もりであることを事前に伝えておくことで、引越し業者は自社で出せるぎりぎりの値段を提示してくれます。そこからさらに金額を下げたい場合は値下げ交渉を行ってください。ただし、値下げにも限度があり作業者のモチベーションの低下にもつながりますので、ほどほどの金額で引越しの業者を決めるようにしてください。