引越し料金が安い!相場の値段より安くするには時期と業者選びが大切

引越しには何かとお金がかかるもの。引越し費用を下げるためにも、できるだけ無駄な出費を抑えたいと考えたときに検討してもらいたいのが引越し料金です。

引越し料金には基本的に定価がありませんので、引越し業者が好きな値段をつけることができます。もちろん引越し業者も好き勝手に値段を決めているわけではなく、時期による変動が合ったり、引越し業者の得意不得意もあります。

ここでは引越しを相場よりも安くするための、時期と引越し業者の選び方について紹介します。

引越し時期で違う料金の相場

引越しは繁忙期とシーズンオフとでは、時期が違うというだけで引越し料金が変わってきます。引越条件にもよりますが、繁忙期はシーズンオフと比べ30〜50%も引越し料金が上がる傾向にあります。

ここではまず繁忙期とシーズンオフでのそれぞれの引越し料金相場を紹介します。

シーズンオフ(5月~2月)の引越し料金相場

シーズンオフと呼ばれる5月〜2月の引越しですが、シーズンオフの中でも多少の波があるため、下記相場はあくまでもひとつの参考として見てください。

傾向としては引越し先が遠ければ遠いほど、荷物が多ければ多いほど引越し料金が高くなる傾向にあるのが分かるかと思います。

移動距離単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
2人家族4人家族
近距離(20km以内)37,805円44,315円46,350円62,075円
近距離(50km以内)43,595円45,980円52,761円72,831円
長距離(200km以内)60,642円63,213円80,835円96,170円
長距離(300km以内)74,112円81,394円113,456円162,866円

繁忙期(3月~4月)の引越し料金相場

繁忙期の引越し料金相場が下記になります。

オフシーズンよりも3割ほど料金が高くなっていることがわかると思います。繁忙期でも極端に高くないと感じるかもしれませんが、繁忙期に直前に引越しの依頼をすると、ここからさらに値上がりすることになります。

移動距離単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
2人家族4人家族
近距離(20km以内)49,147円57,610円60,255円80,698円
近距離(50km以内)56,674円59,774円68,589円94,680円
長距離(200km以内)78,835円82,177円105,086円125,021円
長距離(300km以内)96,346円105,812円147,493円211,726円

安い引越し業者は一括見積もりサイトで探せる

引越し一括見積もりサイトは、引越しをしたい人の情報と引越しの内容をサイト上で入力すれば、あとはクリックするだけで、複数の引越し業者から見積もりをしてもらえるサービスです。

本来であれば、いくつかの引越し業者に見積もりを依頼して比較するときは、それぞれのホームページで情報の入力を行う必要があります。

その方法だと手間がかかってしまうため、数社に入力をしたところで力尽きて「もういいや」になってしまいがちです。

ところが、引越し一括見積もりサイトであればたった1度の入力で済んでしまいますので、簡単に複数の業者さんから引越し料金の見積もりをいただける仕組みになっています。

引越し一括見積もりサイトの代表的なものとして引越し侍があります。引越し経験のない人には聞き慣れない名前かもしれませんが、引越しの検討を行う人の多くが利用しているサイトになります。

引越し侍を利用すると、1度の入力で複数社への見積もりが可能になり、見積依頼をあっという間に終わらせることができます。少しでも安い業者を見つけたいとき、引越し侍は引越しをする人の強い味方になってくれます。

引越し一括見積もりサイトを使うと安くなる理由

引越し業者に直接依頼するよりも、引越し一括見積もりサイトを利用したほうが引越し料金が下がる理由は、依頼者が「いくつもの業者に見積もりを依頼している」ことを前提に見積もりを作るためです。自分の会社で引越しを請けるためには、他社に負けない安い金額を提示できなければ、土俵に上がることすらできません。

引越し業者が何も言わなくても競い合ってくれることで、引越し料金は自然と下がるのです。短距離の引越しであれば、大手の引越し業者が提示できないような価格で引越しを引き受ける地元密着型の引越し業者も登録されているため、幅広いタイプの引越し業者が競い合ってくれるというのも、引越し料金が下がる理由のひとつです。

それだけではなく引越し一括見積もりサイトから依頼をすると、ダンボールやガムテープ等の引越し資材をサービスしてくれる引越し業者もあります。たかがダンボールと思うかもしれませんが、引越しに必要な量のダンボールを自分で購入すると、1枚200円で50枚使えば1万円にもなります。決して小さな金額ではありませんよね。

相場より引越し見積もり価格を安くしてもらうためのポイント

引越し一括見積もりサイトを使えばそれだけで引越し料金が安くなりますが、実はまだまだ安くする方法があります。引越し条件をいくつか変更することで、引越し業者が安い見積を出しやすくするのです。

引越しパックやプランを利用する

引越し一括見積もりサイトで見積依頼をすると引越し業者は標準的な引越しプランでの見積もりをしてきます。これでも決して高くはありませんが、実はもっと安くする方法があります。それは引越し業者オリジナルの引越しパックやプランを利用するのです。

例えば荷造りと荷解きを自分たちで行うというプランや、単身引越しのためのプランなどがあります。引越し業者をいくつかに一括見積もりで絞ったら、各引越し業者にもっと安くできるプランがないか問い合わせてみましょう。

自分にぴったりな引越しパックやプランがある場合は、さらに引越し料金が安くなります。

多忙期(3月〜4月)を避ける

引越し価格は時期による引越価格の波があります。引越し業者が忙しいときには高くなり、引越し業者が暇なときは安くなるのが一般的です。

日本人は4月をひとつの区切りとして1年が動いていますので、進学や就職、転勤などが多くなる3〜4月に引越し件数が増える傾向にあります。そのため、3〜4月は引越し業者は忙しくなり、引越し料金も高くなります。

引越し業者によっては引越し時期の違いだけで、2倍以上の引越し料金の違いが発生します。

3〜4月だけはどんなテクニックを使っても引越し料金を下げることが難しくなるため、引越し料金を下げたいときは3〜4月の多忙期を避けるようにしてください。

引越し希望日を平日にする

引越しの多くは土日祝日などの休日に行われます。仕事が休みになるため引越し作業をしやすいためです。このため土日祝日は引越し業者が忙しくなり、仕事を請けたくても請けられないことがあります。

反対に平日は引越し業者のスケジュールに余裕があるため、引越しをできるだけ請けたい状態になります。作業員をただ待機させておくよりは、利益は少なくても稼働させたほうがよいため、安い引越し料金を提示してくる傾向があります。

作業時間を指定しない

引越し時間をこちらから指定せずに、業者の好きな時間に設定してもらうことで、引越し業者は空き時間を利用した引越し作業を行うことができます。午前中で引越しが終わって、午後に仕事が入っていないような場合も、引越し業者は安く設定しても引越しを請けようとするため、時間指定をするよりも安い引越し料金を提示してくれます。

訪問見積もりでさらに値切る

引越しの見積もりを電話だけですると、引越し業者は見えていない部分のリスク回避のために、少し高めの引越し料金を提示します。いざ引越しを行う段階になって、想定外のトラブルに対処するためです。

ところが訪問見積もりをしてもらうことで、想定外を減らすことができます。引越し元の家の間取りや、周辺の道路状況、そして実際運びだす荷物の量を細かくチェックしてもらうことで、引越し業者が「念のため高めに」としている部分を差し引いてもらうことができます。

また複数の引越し業者に訪問見積もりしてもらうことで、相見積の状況を作り、引越し業者同士で価格競争をしてもらうということも可能になります。

まとめ

引越しを少しでも安くするためには3〜4月の繁忙期を避け、引越し業者に余裕のあるオフシーズンの引越しを狙ってください。どうしても繁忙期に引越しをしなければいけない場合を除いて、この時期をずらすことで引越し料金は大幅に下げることが可能になります。

また引越し料金には定価がないため、同じ引越であっても引越し料金は業者によって変わります。このため、引越し侍などの引越し一括見積もりサイトを利用して、いくつもの引越し業者から見積もりをもらえるようにすることで、手間と時間をかけずに安い引越し業者を見つけることが可能になります。

少しでも引越しを安くしたいときには、引越し侍などの引越し一括見積もりサイトの利用は必須だと考えておきましょう。