ゴールデンウィーク中(5月)の引越しは見積もりが高いの?安いの?

3月は引越しのピークなので4月にずらそうとしたけれど、4月の後半からはすでのゴールデンウィークに入っていることが多いですよね。

ゴールデンウェークの引越しって高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

3月ばかり注目される引越しの繁忙期ですが、ここではゴールデンウェークの引越しについて紹介したいと思います。

ゴールデンウィーク中(5月)の引越しは見積もりが高い?

結論から言えば「ゴールデンウェーク中の引越しは高くなる」のですが、3月のようにとんでもない値段になることはありません。

値引き交渉も可能ですので条件次第では「ちょっと高くついたかな」ぐらいの感覚で引越しすることは可能です。

それでもやはり大型連休というのは引越しのチャンスであることは間違いありません。

3月の引越し料金が高すぎて諦めた人が次に狙うのが、休みを取りやすいゴールデンウェークなです。

割と近場の引越しの場合は、「5月までは通勤・通学時間を確保して遠くから通い、ゴールデンウェークに引越しをしよう」という考えの人が大勢います。

そのため、ゴールデンウェークはちょっとした繁忙期になるため、引越し見積もりがたかくなるのです。

ゴールデンウィークでも安く引越しをする方法

ゴールデンウェークは引越し業者も無理のない範囲で作業を詰め込みたい時期です。こういうときは引越し業者同士で競い合ってもらうことが一番です。

ゴールデンウェークは一括見積もりサイトを利用してください。

一括見積もりサイトを利用することで、相見積もりであることをアピールしつつ、それぞれの引越し業者の出す見積もりを引き合いに引越し料金を下げてもらいましょう。

3月は相見積もりをしてもそもそもほとんどの会社が高い金額の見積もりを出してきますので、下がったところで限界があります。

ゴールデンウェークは引越しの需要と供給がちょうどいいバランスになりますので、交渉次第で安くすることが可能な繁忙期だと覚えておきましょう。

狙い目はゴールデンウィーク後

ゴールデンウェークの引越しはものすごく高いわけではないのですが、決して安いわけではありません。

みんなが狙っているために「やや割高になっている」状態ですので、とにかく安く引越しをしたいという人は、ゴールデンウィークは避けるべきでしょう。

引越し料金が落ち着くのが、ゴールデンウィーク直後の月曜日からです。

ここからはまた通常通り、引越し業者がお客さんを奪い合う時期になりますので、限界まで引越し料金を下げることができます。

ただし、ゴールデンウィーク中でも休日の並びが悪いときなどは、比較的引越し業者も余裕があります。

三連休の最終日や、飛び石連休など翌日が出社日になる日はゴールデンウェークといえども引越し料金が安くなることもありますので、最初から諦めずに引越し業者に問い合わせてみましょう。

ゴールデンウィークの引越しの注意点

ゴールデンウェークに引越しをするのに最も注意しなくてはいけないのが、自分たちの移動です。

行楽シーズンですので人が大勢動いています。公共の交通機関も、高速道路も混雑しやすい時期ですので、できるだけ早めに移動の足を確保してください。

車で新居まで移動する場合に渋滞に巻き込まれますと、トラックが先についてしまい荷物の受取ができないこともあります。

ゴールデンウィークの引越しは、常に時間に余裕を持って行動するようにしてください。

また引越しをスムーズにするためにも、少し高くても午前便か、割増料金を払って早朝便にするというのも快適な引越しにつながりますので、一度検討してみましょう。

まとめ

3月の繁忙期を避けてゴールデンウィークに引越しをしようと考えるのはみんな同じです。ゴールデンウィークはちょっとした繁忙期になります。

とにかく安くしたい人はゴールデンウィークを外したほうがいいかもしれません。

またすべての交通機関が混雑しますので、引越しも行動も早め早めを心がけて行いましょう。