沖縄へ引越しする際の料金相場とおすすめの業者でさらに安くするポイント

南国の島沖縄への引越しを考えているけど、海を渡らないといけないから料金がよくわかないという方は多いのでなないでしょうか?

他の地域と違って相場もわかりにくいため、提示された金額の妥当性もわかりにくいですよね。

沖縄への引越しは、陸路での輸送ができないため、見積もりをすると驚くような高額な金額を提示されることがあります。

ここでは「東京から沖縄への引越し」を例に、沖縄への引越しやさらに宮古島や石垣島などの離島への引越しを検討するために知っておきたい引越しの相場と注意点などを紹介します。

また、本土から沖縄への引越しに対応している業者って少ないのでは?という方のために安心して引越しを任せられる引越し業者を紹介しますので参考にしてください。

沖縄の賃貸・不動産情報を探す【うちなーらいふvsGooHome】

沖縄への引越しの相場

沖縄への引越しについて把握するために、まずは引越しをする人の構成別に、それぞれの引越し相場を見ていきましょう。あくまで目安にしてください。

東京から沖縄(およそ1550km)

人数通常期(5〜2月)繁忙期(3、4月)
単身181,000円250,000円
夫婦・カップル227,000円295,000円
家族(3〜5人)254,000円280,000円

単身の場合、大体20万円前後、2人の場合は25万円前後、家族の場合は30万円以下が相場料金になります。

荷物量やエアコン工事などのオプション料金などの追加料金が発生する場合もあります。

引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用と依頼業者の決め方

相場だけ把握していても、実際に出てくる見積もりと、そこからどこまで値引きできるかは未知数であり、「だいたいこれぐらいかかるのだな」ということだけ覚えておきましょう。

↓↓以下のサイトで詳しい見積もりが可能です。

沖縄への引越し方法


長距離引越しの場合、主に以下の2つの方法があります。

チャーター便

旧住居から新住居まで一つの引越し業者が作業し引越しを完了します。

トラックなど距離に応じて追加料金が発生し、チャーター料がかかりますので値段が少し高めですが、引越し日数が短くすみます。

コンテナ便

引越し業者が荷造り、運び出しをし、JRコンテナに積み込み貨物列車で運びます。その後引越し業者が新住居に搬入作業します。

依頼した引越し業者とは別に、交通機関の利用や業者が介入する形での引越しになり、物流便のように他の荷物と一緒に運ぶので費用も安くですみます。

沖縄の場合、どうしても海を渡らなければいけないので、航空便やフェリー便へコンテナごと載せ換えて輸送します。

航空便代やフェリー代がかかるのと、船便だとコストは安くなりますが、荷物が届くまでに5日前後かかります。

船便では間に合わない急な転勤の引越しが必要な場合や、航空便を利用して少ない荷物の引越しをしたい方は、ハトのマーク引越しセンターの「小鳩スカイパック」がおすすめです。

東京から沖縄で63,000円〜となっていますので、引越し一括見積もりサイトで見積もりをしてみましょう。

全国から沖縄への引越し対応可能業者一覧


沖縄県への引越しに対応した引越し業者一覧です。

全国から沖縄への引越しが対応できる業者一覧

  • サカイ引越しセンター
  • アーク引越しセンター
  • アリさんマークの引越社
  • 日本通運
  • ヤマトホームコンビニエンス
  • アップル引越センター
  • トナミ運輸引越しセンター

県外対応地元沖縄の引越し業者

  • 沖縄引越しセンター
  • 沖縄配送センター
  • 琉球トータル引越サービス

思いのほか業者数が多く、驚かれた方も多いのではないでしょうか。業者によっては独自のルートを持っていて安くなるケースもありますので、しっかりと相見積もりをして相場を把握することが大切です。

上記の業者ほとんどが、引越し一括見積もりサイトで見積もりをすることが出来ますので利用しましょう。

沖縄への引越し費用を安くするポイント

沖縄への引越しはどうしても高くなるため、どうにかして少しでも安くしたいですよね。引越し費用を少しでも安くするポイントを紹介します。

POINT
  • 繁忙期を避ける
  • 平日の時間指定なしにする
  • 4社以上から見積もりをとる
  • コンテナ便を選ぶ
  • 荷物を減らす
  • 資材は自分でなるべく用意、梱包する

繁忙期である3月と4月は近距離の引越しでも高くなるので、長距離はなおさら避けるべきでしょう。

また、夏休みの8月や人事異動が出る9月と10月も繁忙期になりますのでできれば避けましょう。

沖縄本島までの引越し相場はある程度わかっていますが、離島となると情報がほとんどないに等しいため、提示された金額の妥当性がわかりませんよね。

引越しができないという業者はまだいいのですが、コンテナの輸送にフェリーを利用するため割高な見積もりを出されることがあります。

このような場合は、見積もりの内訳を出してもらうようにしてください。

沖縄への引越し業者選びで注意したいこと

他と比べて大幅に安い業者や、今契約してくれるなら安くするといった営業の方もいますので、必ず何社から見積もりをとるためにも、すぐに返事をしないようにしましょう。

コンテナ便は費用は安いですが、コンテナの積み下ろしの際の荷物へのダメージも少なからずあるというデメリットも頭に入れておき、できれば物損破損の保険に入っている業者を選ぶようにしましょう。

大事なのはここで「格安」な引越し業者を選ぶのではなく、安心して任せられる引越し業者に、妥当な金額で引越しを依頼するということです。

宅配便で引越しする

いかにして持っていく荷物を少なくするか、沖縄への引越しを安くする方法はこれに尽きます。
基本的にはダンボールで持っていけるものだけに荷物を押さえるようにしてみましょう。

単身引越しの場合、荷物がそんなにない場合は宅配便で送ってみるのもよいでしょう。

冷蔵庫や棚、ソファーのような大きくてかさばるものはすべて手放して、沖縄で必要に応じて買い揃えましょう。

買い揃える場合も、再度引越し時の処分することを考えて高額なものは避けるべきでしょう。

どうしても大きな家具や家電を持って行きたい場合も、荷物を減らしてダンボール類は宅配便扱いで送るようにすることで引越し料金を抑えることが可能になります。

もちろん一括見積もりサイトを利用して相見積りしてから考えても遅くはありません。

沖縄への引越しは金額が大きいぶん値引き額も大きくなりますので、粘り強く交渉してみてください。

沖縄・離島への引越し


沖縄への引越しで注意したいのは、引越し先が沖縄本島ではなく、さらに先にある離島である場合があります。

本土から離島への引越しが対応できる業者一覧

まずは離島の引越しに対応している業者を紹介します。

  • 日本通運
  • 沖縄引越しセンター
  • 沖縄急送引越しセンター
  • 沖縄配送センター
  • 琉球トータル引越サービス

離島へはやはり船便を利用するので、引越し業者は全国引越し対応の地元業者が経験も豊富なので安心です。

とくに、沖縄急送引越しセンターは船舶会社直径列に属する引っ越し業者なので、中間マージンがかからない輸送が可能となっており、船便引越しのなかでも更に安く費用を抑えることができます。

他にも「日通」など、全国から離島に対応している業者複数に見積もりを依頼することで、相場観を掴むようにしてください。

沖縄への引越しをスムーズに行うためのポイント

沖縄への引越しをスムーズにするために心がけることは、しっかりとした計画を立てるということです。

特に手続き関係では、沖縄に行ってから前の住所のある役所に再度書類を取りに戻るなんてことがないように注意してください。

賃貸住宅からの引越しの場合は、すべての荷物を送り出したあとに立会をしてもらい、そのまま沖縄に向かう必要があります。

これらすべてを行き当たりばったりで行うのは無理があります。

ある程度余裕のある範囲でのスケジュールをしっかりと組んで、沖縄から手続きのために戻らなくてはいけないという状況を作らないようにしてください。

沖縄への引越しを安くする方法は発送の転換が必要

沖縄への引越しは非常に高額な引越しになります。

少しでも安く引越しをするためには一般的な引越しよりも工夫が必要になってきます。

国内での引越しではありますが、海外への引越しと同じ感覚で、持っていくものを厳選するようにしてみましょう。

沖縄への引越しをスムーズにするために心がけることは、しっかりとした計画を立てるということです。

特に手続き関係では、沖縄に行ってから前の住所のある役所に再度書類を取りに戻るなんてことがないように注意してください。

賃貸住宅からの引越しの場合は、すべての荷物を送り出したあとに立会をしてもらい、そのまま沖縄に向かう必要があります。

これらすべてを行き当たりばったりで行うのは無理があります。

ある程度余裕のある範囲でのスケジュールをしっかりと組んで、沖縄から手続きのために戻らなくてはいけないという状況を作らないようにしてください。

沖縄への引越しを無事に終えたときには、達成感と快適な南国の暮らしが待っていることでしょう。