沖縄に引越しする際の相場と業者に見積もりをする際に気をつけたいこと

沖縄への引越しは陸路での輸送ができないため、見積もりをすると驚くような高額な金額を提示されることがあります。

他の地域と違って相場もわかりにくいため、提示された金額の妥当性もわかりにくいですよね。

ここでは沖縄への引越しを検討するために知っておきたい引越しの相場と注意点などを紹介します。

沖縄への引越しの相場

沖縄への引越しについて把握するために、まずは引越しをする人の構成別に、それぞれの引越し相場を見ていきましょう。

単身引越しの場合

単身で東京から沖縄まで引越しをする場合、通常期で25万円〜30万円かかります。繁忙期で30万円〜40万円です。

カップルでの引越しの場合

カップルで東京から沖縄まで引越しをする場合は、通常期で30万円〜40万円、繁忙期で40万円〜50万円かかります。

家族での引越しの場合

家族での引越しの場合は、通常期で40万円〜50万円、繁忙期で50万円から60万円かかります。
東京よりも近くなる大阪であればもう少し安くなりますが、反対に仙台や札幌のような超長距離の引越しになるとさらに高くなります。

また荷物の多さによっても変わってくる上に、引越し料金が高額になります。

相場だけ把握していても、実際に出てくる見積もりと、そこからどこまで値引きできるかは未知数であり、「だいたいこれぐらいかかるのだな」ということだけ覚えておきましょう。

上記の金額はチャーター便を想定していますが、コンテナ便の利用などでまだまだ金額が下がる可能性もあります。

沖縄への引越し見積もりの注意点

沖縄への引越しで注意したいのは、引越し先が沖縄本島ではなく、さらに先にある離島である場合があります。

この場合、引越しができないという業者はまだいいのですが、コンテナの輸送にフェリーを利用するため割高な見積もりを出されることがあります。

沖縄本島までの引越し相場はある程度わかっていますが、離島となると情報がほとんどないに等しいため、提示された金額の妥当性がわかりませんよね。

このような場合は、見積もりの内訳を出してもらうようにしてください。

また複数社に見積もりを依頼することで、相場観を掴むようにしてください。

大事なのはここで「格安」な引越し業者を選ぶのではなく、安心して任せられる引越し業者に、妥当な金額で引越しを依頼するということです。

沖縄への引越し費用を安く済ませる方法
沖縄への引越しはどうしても高くなるため、どうにかして少しでも安くしたいですよね。

沖縄への引越しを安くする方法は発送の転換が必要です。

いかにして持っていく荷物を少なくするか、沖縄への引越しを安くする方法はこれに尽きます。
基本的にはダンボールで持っていけるものだけに荷物を押さえるようにしてみましょう。

冷蔵庫や棚、ソファーのような大きくてかさばるものはすべて手放して、沖縄で必要に応じて買い揃えましょう。

どうしても大きな家具や家電を持って行きたい場合も、荷物を減らしてダンボール類は宅配便扱いで送るようにすることで引越し料金を抑えることが可能になります。

もちろん一括見積もりサイトを利用して相見積状態にすることも忘れないようにしてください。

沖縄への引越しは金額が大きいぶん値引き額も大きくなりますので、粘り強く交渉してみてください。

沖縄への引越しをスムーズに行うためのポイント

沖縄への引越しをスムーズにするために心がけることは、しっかりとした計画を立てるということです。

特に手続き関係では、沖縄に行ってから前の住所のある役所に再度書類を取りに戻るなんてことがないように注意してください。

賃貸住宅からの引越しの場合は、すべての荷物を送り出したあとに立会をしてもらい、そのまま沖縄に向かう必要があります。

これらすべてを行き当たりばったりで行うのは無理があります。

ある程度余裕のある範囲でのスケジュールをしっかりと組んで、沖縄から手続きのために戻らなくてはいけないという状況を作らないようにしてください。

まとめ

沖縄への引越しは非常に高額な引越しになります。

少しでも安く引越しをするためには一般的な引越しよりも工夫が必要になってきます。

国内での引越しではありますが、海外への引越しと同じ感覚で、持っていくものを厳選するようにしてみましょう。

また、手続きの段取りをしっかり行って、沖縄に行ってから手続きのためだけに戻ってくるようなことがないように注意しください。