7月の引越しと聞くとオフシーズンで低価格での引越しができそうと思っていませんか?それは半分正解で、半分不正解です。7月は引越し業界ではオフシーズンと繁忙期の両方を兼ねている珍しい月になります。

7月の引越しがなぜそんな複雑なことになっているのでしょう。ここではそんな7月の引越しの特徴について紹介します。

7月の引っ越し料金は高くなる?それとも安くなる?

7月は上旬から中旬までが引越しのオフシーズンになり、引越し料金が安くなる6月の影響を受けて、低価格での引越しが可能になります。

ところが7月の後半になり、学校が夏休みになった途端に、夏休み中に引越しをしたい家族での引越しが増え、引越業界はいきなり繁忙期になってしまいます。

このため、同じ7月でも少しの違いでオフシーズンと繁忙期が切り替わってしまうのです。

7月に引越しを考えている人は、できることなら学校が休みになる前の7月の前半での引越しがおすすめになります。

7月に引越しを上手にするためのポイント

7月の引越しは、前半はゆっくり腰を据えて引越し業者を選ぶことが可能ですが、7月後半に引越しするとなると、引越し業者が忙しくなり、即決で決めていかないと、引越しのスケジュールを確保することも難しくなります。

7月後半に引越しをする場合は、できるだけ早いタイミングで引越し業者選びを行いましょう。

とはいえ、慌ててしまって割高な引越し料金で引越をしないように、注意する必要があります。どんなに繁忙期でもやり方次第で引越し料金を安くすることは可能です。

まずは海の日のような連休での引越しは避けるようにしてください。連休は引越しをしたい人が多いため、引越し料金が高くなる傾向にあります。少しでも安く引越しをしたいのであれば、連休での引越しは避けてください。

理想は平日の引越しですが、難しいようであれば7月前半での引越しができないか検討してみましょう。

引越し一括見積もりサイトを利用して相見積もりをすることも、引越し料金を安くするためのテクニックですので、少しでも安く引越しをしたい場合は、引越し一括見積もりサイトを積極的に利用して、安値での引越しを目指しましょう。

7月に引越しをするときの注意点

7月は夏のイメージがあるかもしれませんが、7月の前半はまだ全国的に梅雨明けしていない季節になります。このため、料金の安い7月の引越しは、雨の中での引越しになる可能性がかなり高くなります。

雨の中の引越しは、大きな荷物や大切な荷物を落下させてしまうこともあり、しかも荷物を全く濡らすことなく引越しをすることは、かなり難易度の高い作業になります。

多少のリスクを理解していても、思い出の品などが壊れてしまい悲しい思いをすることもあります。

何でもかんでも引越し業者に頼り過ぎるのではなく、本当に大切なモノは自分で運べないか検討してみましょう。

7月も後半になると、一気に気温が上昇しますので、引越し作業中に熱中症になってしまう作業員もいます。特に暑さに慣れていないような学生のアルバイトさんが作業チームに入っているようなときは、熱中症のリスクについて常に考えておくようにしてください

作業員も自分も熱中症になると、作業の進みが悪くなります。それでも熱中症は最適な予防することで防ぐことが可能です。しっかりと熱中症対策を行なってから、引越し作業を行うようにしましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。