仏壇の引越しは大変?仏壇の引越し費用と方法と業者選び

意外と知られていませんが仏壇の引越しには作法があります。

年配の方ほどこの作法に厳しく「知らなかった」ではすまされないトラブルにもなりますので、少なくとも知識として「仏壇の引越し」について覚えておきましょう。

ここでは仏壇を引越しさせるために知っておきたい知識についてまとめていますので参考にしてください。

仏壇の引越しは移動させるだけではありません

仏壇がある家の引越しをするときに、ただ引越し業者に依頼するだけでは、きちんと引越しをしたことにはなりません。

仏壇は位牌を置くだけの場所ではなく、そこにはご本尊が安置されています。ほとんどの場合は木で作られた仏像かと思いますが、安置されているご本尊は信仰する宗派によって変わってきます。

このご本尊には霊が入っており、亡くなられた方の位牌にも魂が入っているとされています。

引越し作業は決して丁寧なものではありませんので、引越し作業中に仏様の居心地が悪くならないようにと、一時的に仏壇から出ていただく作業が必要になります。

魂の抜けている仏壇はただの箱でしかありませんから、引越し業者も気兼ねなく運ぶことが出来るというわけです。

仏壇を引越しする際の「入魂・抜魂」とは

その魂を抜く作業、そして魂を戻す作業をそれぞれ「抜魂」「入魂」と呼びます。

あたりまえですが、素人にできる作業ではありません。熟練の引越しスタッフであっても「抜魂」「入魂」はできません。

「抜魂」「入魂」をできるのは僧侶だけです。

僧侶にお経をあげてもらい、正式な手順で行わなければ仏壇から魂を抜くことも、戻すこともできません。

仏壇の引越し費用の相場

仏壇の引越しにかかる費用は大きく分けて2種類あります。

それはお坊さんに依頼する「入魂、抜魂」の費用と、引越し業者の追加費用になります。

入魂、抜魂の費用は一般的に1〜3万円と言われていますが、宗派によっても異なり、また引越し先が遠方の場合の対応も変わってくるため、まずはお寺さんに相談するようにしてください。

引越し業者の追加料金の相場は1〜2万円になります。

引越し家財の中に仏壇が含まれている場合は、きちんと見積もり依頼時に申告するようにしてください。

仏壇の引越しをお願いする業者の選び方

仏壇の引越しをするときの業者選びでは、「仏壇の引越しを引き受けてくれるかどうか」という基準で引越し業者を選ぶことになります。

どれだけ安く引越しができても、仏壇の引越しができなければ意味がありません。

基本的には1社1社、仏壇の引越しの可否を確認していくことになります。

大手の引越し業者であればよほどのことがない限り、仏壇の引越しは問題なく行えますが、中小の引越し業者の場合は仏壇を運べないことがあるので注意してください。

手っ取り早く引越し一括見積もりサイトで探すほうが早い

引越しの見積もりを複数社に依頼するのに、いちいち「仏壇は運べますか?」と聞くのは大変です。

そんなときに利用したいのが引越し一括見積もりサイトです。

引越し一括見積もりサイトの引越し侍の場合、見積もり依頼時に「仏壇あり」の情報を含めて一括で依頼をすることが出来ます。
引越し侍仏壇

そのことにより、仏壇を運べない引越し業者を除くことができ、そして仏壇の追加費用込みでの見積もりをしてもらうことが出来ます。

小さなことかもしれませんが、見積もりを1社1社に依頼することは想像以上に労力が必要で、大変な作業です。そこに仏壇の引越しまで加わるのですから、業者選びはできるだけ時間も手間もかけずに行いたいですよね。

引越し侍で一括見積もりする

位牌やご本尊は引越し業者任せではなく自分で運ぶようにする

仏壇の引越しは引越し業者がしてくれるものだとはいえ、ご先祖様と仏様がいらっしゃるわけですから、位牌やご本尊のような大切なものは自分で運ぶようにしてください。

またお坊さんは「今日来てください」で動けるわけではありませんので、引越しが決まったらすぐにお寺に相談して、「抜魂」「入魂」のスケジュールを決めてください。

「抜魂」「入魂」は同じお坊さんに依頼するのが理想ですが、引越し先が遠方の場合はお坊さんに相談するようにしましょう。

近年「抜魂」「入魂」を行わない家庭が増えている

「抜魂」「入魂」を行うかどうかは気持ちの問題ということで、お仏壇に手を合わせるだけの人もいます。

ただ親族に礼儀作法にうるさい人がいた場合、「抜魂」「入魂」を行わなかったことを叱ってくる人もいるかと思います。

そして何よりも「抜魂」「入魂」されていない仏壇は運べないという引越し業者もいますので、「抜魂」「入魂」を行わない場合は、引越し業者に相談するようにしてください。