1年間の引越しのピークは3月ですが、その前の2月は引越し業者にとって、忙しい時期になるのでしょうか。3月の高い引越し料金を逃れて2月中に引越しをする人がいそうなものですが、2月はまだまだ引越しのオフシーズンになります。

引越し料金ももちろん安くなる傾向にあります。ここではそんな2月の引越しについてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

2月の引越し料金が安くなる理由

引越しで人が動きやすいのが、年度の切り替わりと大型連休になります。2月は年末年始と春休みの間になるため、ほとんどの人にとって、このタイミングで引越しをする理由がありません。

特に家族での引っ越しでの場合は、きちんと1学年を終わらせてから引越しをしないと、手続きなども煩雑になるため、あえて2月に引越すくらいなら、学年末の3月を待って引越しをする人がほとんどです。

会社においても、4月からの新年度に向けて、2月は人の動きの通知がまだされていない可能性もあります。2月に引っ越しをしたら4月から転勤なんてなると引越し料金と、不動産業者に支払ったお金が無駄になってしまいます。

そう考えると2月は引越しをする人が少ないのですが、引越し業者は反対に3月からの引越しシーズンに向けて人を確保しておきたいところです。

ただ人を確保しても仕事がなければ、休ませておくことしか出来ません。それでも給料が発生しますので、引越し業者としては経営が苦しくなってしまいます。

このため引越し業者は、引越し料金を限界まで値下げしてでも、なんとかして仕事を請けようとします。このため2月は引越し料金が安くなります。

2月に引越しを上手にするためのポイント

基本的に引っ越し料金が安いのが2月の特徴ですが、実は2月ならいつでも安いというわけではありません。2月の後半になると、早めに引越しのできる学生が動き始めます。

これから進学してひとり暮らしを始める学生や、4月から社会人として働き始める学生が、社会人の引越しよりもひと足早く引越すことになります。

このため2月の後半からは、引越しの繁忙期へとシフトしていきます。

2月の引越しを考えている人は、少なくとも2月の中旬までには引越しをするようにしましょう。先送りをしていると、3月の引越しシーズンに巻き込まれることになりかねません。

早め早めの行動で、引越し料金の安い、2月前半の引越しを目指しましょう。

また引越しが安いからといって、適当に引越し業者を選んで決めていると、割高な引越し料金を提示されることもあります。できるだけ、引越し一括見積もりサイトなどを利用して、相見積もりの形にして見積り依頼を行いましょう。

2月に引越しをするときの注意点

2月の引越で注意したいのは雪などの影響になります。2月は気温も低く引越し作業も楽ではありませんが、そこに雪が降ったら引越し作業ではなくなることもあります。

そもそも引越しのトラックを出せなくなって、引越し予定日に引越し作業をすることができなくなることもあります。

引越の見積もりを行う段階から、できるだけ雪が降ったらどうするかなどのシミュレーションを行なっておくようにしましょう。事前に打ち合わせをしておけば、いざ雪になったときの対応をスムーズに行うことが出来ます。

また、冬ですので早い時間から日が沈んでしまいます。午後以降の引越しは、暗闇の中での作業という可能性もありますので、新居では先にライトをつけられるような準備をしておく必要があります。

荷物を搬入しようにも、ライトがなければ運びようがありません。

新居のライトは別で購入するか、自分たちの手で運んで、先に取り付けておくと、引越し作業をスムーズに行うことが可能です。

引越し日のスケジュールをしっかり把握して、引越し作業が早く終わるようにしっかりサポートしてあげましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。