近距離引越しの料金相場(2人・3人・4人・5人)と見積もりを安くするコツ

子どもの学区内に新居を建てたりするような近距離の引っ越しは、自分たちでレンタカーを借りて仲間に助けてもらいながらするほうが安いかなと思いがちですが、実は短距離の引っ越しだからこそ、引っ越し業者に依頼するほうが安くて楽な引っ越しができたりします。

そんな近距離の引っ越しの見積もりを、少しでも安くするためのポイントとコツについて紹介します。

近距離引っ越しの相場


まずは近距離引っ越しの相場がいくらぐらいするのか見てみましょう。引っ越し先は同一市内として、単身、2人家族、4人家族それぞれのオフシーズンと繁忙期の相場は下記のようになります。

オフシーズン(5〜1月)

距離単身2人3人4人
15km未満(同市町村)平均25,800円平均50,235円平均60,000円平均64,800円
50km未満(同都道府県)平均30,000円平均58,000円平均70,000円平均90,000円

繁忙期(3〜4月)

距離単身2人3人4人
15km未満(同市町村)平均35,000円平均65,000円平均76,000円平均95,000円
50km未満(同都道府県)平均43,000円平均70,000円平均111,500円平均116,000円

単身引越しの相場

通常期の単身引越しで荷物が少なく、15km未満の近距離引っ越しの場合だと最安で1万円ちょっとで収まる場合もあれば、繁忙期だと10万円以上かかる場合もあります。

高くなるケースとしては、急な転勤で引越し日が選べない日や、荷物が思ったより多くなってしまったなど要因は様々ですが、一番の要因は「複数社から相見積もりをしなかった」という方が多いためです。

家族の引越しの相場

通常期家族の引っ越しの目安としては、安いときには3万円代で収まったりする場合もあれば何十万かかったという場合もあります。

しかし、家族の引っ越しには、エアコン工事やピアノ運搬などのオプション料金がかかってしまうものですし、自身で荷造りを行うなど無理に費用を安く抑えようとすると、引っ越し当日にかえって慌ただしくなってしまいますので、荷物量などを考えながらしっかり相見積もりを行うことが大切です。

引越し侍で一括見積もりする

単身近距離引っ越しを安くするポイント


単身の近距離引っ越しの場合は以下のポイントを抑えると費用を安く抑える事ができます。

  • 自分で運べるものは自分で運ぶ
  • 大型家具・家電のみ引っ越し業者に依頼する
  • 赤帽(軽トラック引っ越し)を利用する
  • 宅配便を利用する

自分たちで運べる荷物は自分たちで運んでおく

同一市内の引っ越しのような場合、自分たちで運べる荷物は自分たちで運んでおくといいでしょう。マイカーに乗る範囲の小さな荷物や衣類だけでもかまいません。マイカーがなくても、ワンボックスバンであれば3時間5,000円程度で借りることができます。

大型家具・家電のみ引っ越し業者に依頼する

新居に入居可能な日から引っ越し当日までに数日の余裕がある場合は、その数日を利用して小さな荷物を運んでおいて、大きな荷物だけ引っ越し業者に任せると引っ越し料金が大幅に安くなります。

理想は自分たちで搬出・搬入しにくい家電や家具だけを引っ越し業者に依頼することです。大きな家電や家具の引っ越しは安全なプロに任せて、簡単荷物は自分たちで運ぶというようにメリハリを付けることで、短距離の見積もりは確実に安くなります。

大型家具・家電のみの配達について
冷蔵庫や洗濯機・ベッドだけの引っ越し料金とおすすめの業者

格安の赤帽(軽トラック引っ越し)を利用する

赤帽とは?

通常の軽トラック・バンとは違い、引越業務に耐えられるように赤帽用の専用塗装や専用エンジンを装備したトラックになります。屋根も付いてるので、雨の日の引っ越しも可能です。少量の荷物で、近距離の引っ越しにはうってつけです。

ただし、作業員は一人のため一緒に手伝って引っ越しを行うことを条件に費用を格安に抑える事ができます。

荷台の大きさ
長さ:1.9M
幅:1.3M
高さ1.2M
左右、リヤの3方向のドアの開閉ができるので荷物の積み下ろしも楽にできるようになっています。

赤帽で最大50%安く見積もりしてみる

宅配便を利用する

「実家から上京するので、大型の荷物もなくダンボール数箱だけ」という引っ越しの場合は、無理に業者に依頼する必要はないでしょう。ゆうパックやヤマトなどの宅配便で送るのも一つの方法です。

宅配便で引っ越しについて詳しくはこちら
単身引っ越しはゆうパック引越しが最安値【ダンボールのみ】

家族の近距離引っ越しを安くするポイント


家族の近距離引っ越しの場合は以下のポイントを抑えると費用を安く抑える事ができます。

  • 自身で荷造り荷解きをする
  • 引っ越し業者の都合に合わせる(フリー便を利用する)
  • 荷物を減らす
  • 地元の引っ越し業者を利用する

自身で荷造り荷解きをする

ほとんどのファミリープランでは、依頼する作業内容によって3つのコースから選ぶことが可能です。それは、荷造り・荷解きを自身で行うコース、荷解きのみ自身で行うコース、荷造りから荷解きまですべて作業スタッフに任せるコースの3つです。

コースによって料金が変わるので、とにかく費用を安く抑えたいという方は荷造り・荷解きを自身で行うコースを選ぶなどして、費用を安く抑えることもできます。しかし、小さいお子さんがいたり、共働きで荷造りの時間がないなどの場合は無理をせず、引っ越し業者にすべて任せるプランを選びましょう。

時間指定のないフリー便を利用して見積もりを安くする

引っ越し料金を安くするためのもう一つのポイントは「引っ越し業者の都合に合わせる」ことです。

例えば、引っ越し業者がすでに午前中の引っ越しと夕方以降の引っ越しの予約が入っていたけれども、午後から夕方まで時間が空いてしまった場合、引っ越し業者にしてみればこの時間帯に引っ越しを入れたくなりますよね。そんな業者の都合で時間を決めていいですよ、という条件で引っ越しできるプランがフリー便と呼ばれる引っ越しです。

フリー便を利用して16時からの引っ越しになったとしても、小物の荷造りが終わっているような場合、2時間もあれば荷物の運搬は終わらすことができます。近距離の引っ越しの見積もりを安くするためには「フリー便で大丈夫です」と伝えるようにしてください。

荷物をとにかく減らす

引っ越し費用を安く抑える最大のポイントでもあるのが荷物を減らすことです。荷物が多いとトラックのサイズが大型になり、作業員の数も増えるため、必然的に引っ越し料金も上がってしまいます。

遊んでない子供のおもちゃ類や、古い家具や家電は思い切って友人知人に譲るか、不用品回収で処分することで荷物量はだいぶ変わってきます。

地元の引っ越し業者を利用する

最後は、サカイやアートなどの大手引越し業者ではなく、東京23区内だけの引っ越しを請け負う「まつり引っ越しサービス」などの地元密着型の引っ越し業者にも相見積もりを出してもらうことです。

大手引っ越し業者のうりは全国区に対応していることへの安心感でもあるので、長距離引っ越しでは頼りになりますが、近距離引っ越しの場合はそこまで大手にこだわる必要はありません。

規模が小さい業者の場合その分融通がきいたり、費用に関しても大手より安くしてくれる可能性が高いです。地元の引っ越し業者にどういった業者があるのかも調べておいて損はありません。

近距離引っ越しは工夫すれば安くなる

近距離の引っ越しは通常でも引越料金がそれほど高くはありませんが、荷物の一部を自分たちで運んだり、宅配便を利用したり、大型家具や家電などを単品で引っ越し業者にお願いするなど工夫をすると安い価格での引っ越しが可能です。

ですが単身者で仕事が忙しく休みが取れなかったり、共働きで小さいお子さんがいて自身での荷造り作業は難しそうという方は、無理をせず作業を引っ越し業者にお願いしましょう。

その場合は、地元引っ越し業者のフリー便を利用すれば、引っ越しの業者の見積もりは大幅に安くすることが可能ですのでおすすめです。そのためにも引っ越し一括見積もりサイトを利用して、大手と地元業者からの見積もりを出してもらって価格交渉するようにし、そこから安心して任せられる業者を選ぶと良いでしょう。

関連記事

長距離引越しの料金相場(2人・3人・4人・5人)と見積もりを安くするコツ