近距離(同市内)などの引越し見積りを安くするポイントとコツ

子どもの学区内に新居を建てたりするような近距離の引越しは、自分たちでレンタカーを借りて仲間に助けてもらいながらするほうが安いかなと思いがちですが、実は短距離の引越しだからこそ、引越し業者に依頼するほうが安くて楽な引越しができたりします。

そんな近距離の引越しの見積もりを、少しでも安くするためのポイントとコツについて紹介します。

長距離の引越しについては以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
長距離引越しの見積りを安くするポイントとコツ

近距離引越しの相場

まずは近距離引越しの相場がいくらぐらいするのか見てみましょう。引越し先は同一市内として、単身、2人家族、4人家族それぞれのオフシーズンと繁忙期の相場は下記のようになります。

オフシーズン(5〜1月)

距離単身2人4人
15km未満(同市町村)平均25,800円平均50,235円平均64,800円
50km未満(同都道府県)平均30,000円平均58,000円平均90,000円

繁忙期(3〜4月)

距離単身2人4人
15km未満(同市町村)平均35,000円平均65,000円平均95,000円
50km未満(同都道府県)平均43,000円平均70,000円平均116,000円

↓↓こちらから一括見積もりができます。

近距離引越しを安くするポイント

以下のポイントを抑えると費用を安く抑える事ができます。

  • 自分で運べるものは自分で運ぶ
  • 引越し業者の都合に合わせる
  • 地域密着型の引越し業者にする
  • 引越し一括見積もりサイトを利用する

自分たちで運べる荷物は自分たちで運んでおく

同一市内の引越しのような場合、自分たちで運べる荷物は自分たちで運んでおくといいでしょう。マイカーに乗る範囲の小さな荷物や衣類だけでもかまいません。

新居に入居可能な日から引越し当日までに数日の余裕がある場合は、その数日を利用して小さな荷物を運んでおいて、大きな荷物だけ引越し業者に任せると引越し料金が大幅に安くなります。

理想は自分たちで搬出・搬入しにくい家電や家具だけを引越し業者に依頼することです。マイカーがなくても、ワンボックスバンであれば3時間5,000円程度で借りることができます。

大きな家電や家具の引越しは安全なプロに任せて、簡単荷物は自分たちで運ぶというようにメリハリを付けることで、短距離の見積もりは確実に安くなります。

大型家電のみの配達については以下の記事が参考になるはずです。

あわせて読みたい
運搬困難な大型家具(冷蔵庫や洗濯機)のみ引越し業者にお願いできる?

時間指定のないフリー便を利用して見積もりを安くする

引越し料金を安くするためのポイントは「引越し業者の都合に合わせる」ことです。

例えば、引越し業者がすでに午前中の引越しと夕方以降の引越しの予約が入っていたけれども、午後から夕方まで時間が空いてしまった場合、引越し業者にしてみればこの時間帯に引越しを入れたくなりますよね。

そんな業者の都合で時間を決めていいですよ、という条件で引越しできるプランがあるのです。それがフリー便と呼ばれる引越しです。

近距離での引越しであれば、引越しにかかる時間は数時間で終わりますので、引越し日だけ決まっていればあとは業者の都合で決めていいですよという依頼の仕方が可能になります。

フリー便を利用して16時からの引越しになったとしても、小物の荷造りが終わっているような場合、2時間もあれば荷物の運搬は終わらすことができます。

近距離の引越しの見積もりを安くするためには「フリー便で大丈夫です」と伝えるようにしてください。

見積もりはこちらから↓↓

引越し侍で一括見積もりする

地域密着型の引越し業者を選んで見積もりを安くする

近距離の引越しは大手の引越し業者よりも、地域密着型の小さな引越し業者のほうが格安で引越しを受け付けてくれる可能性が高くなります。

ここで大手中小のそれぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。

大手の引越し会社

メリット

  • 全国エリア対応
  • 特殊な荷物が運搬できる
  • 特典やサービスが充実
  • 破損など万が一の保険に加入しているので安心

デメリット

  • 価格が高い
  • 引越し以外の細かい対応ができない

安心度で見るとやはり大手引越し業者ですが、値段が高めなと引越し以外(工事や不用品回収など)の質問にはあまり答えられないなど細かい対応は厳しいようです。

地域密着型中小の引越し会社

メリット

  • 指定エリア内なら大手より価格が安い
  • 道に詳しいく、渋滞を避けられる
  • 不用品処分など細かく臨機応変な対応が出来る

デメリット

  • エリアが限られてくる
  • 特殊な荷物が運べない
  • 物損などの保険に加入していないことがある

地域密着型は、地元の不動産屋さんや不用品処分業者とも提携していて、そこからの紹介だと特別料金になったりもします。

引越し一括見積もりサイトを利用する

地域密着型引越し業者でも、どの引越し業者を選ぶべきかわからないですよね。そんなときに利用したいのが引越し一括見積もりサイトです。

引越し一括見積もりサイトは大手の引越し業者ばかり登録されているイメージがあるかもしれませんが、実は大多数が中小の小さな引越し業者になります。

引越し一括見積もりサイトで見積もりをすれば、安くて小回りの効く地域密着型の引越し業者も見積もりを出してくれますのでどこに頼んでいいかわからない場合は見積もりをして見つけましょう。

地域別おすすめの地元引越し業者

地元引越し業者は、TVCMなどの宣伝を行わずコスト削減をしているため、あまり名前を知らないという方のために、ここで地元引越し業者をエリア別に紹介します。

北海道・東北エリア

引越のプロロ北海道

寒冷地を知り尽くしたプロのスタッフが札幌⇔旭川、札幌⇔室蘭など北海道のあらゆる地域をカバー。長距離から北海道への引越しも対応しています。

予算に応じてプランが選べて、大型家具や冷蔵庫のみの引越しにも対応しています。

関東エリア

まつり引越しサービス

東京23区内の単身ワンルームの引越しで18,000円からとリーズナブルな値段で引越しが可能です。

「引越し侍」のお客様投稿の満足度ランキング1位で、電話ではなく細かい料金詳細がメールで届く営業スタイルが人気です。

東海・北陸エリア

愛知引越しセンター

単身からファミリープランはもちろん、精密機器の運搬にも対応したオフィス引越しもできます。さらに不用品やリサイクル買収も対応可能です。

関西エリア

はこびー引越しセンター

単身者引越しプランが8,000円からとかなり格安です。

平日のフリー便で最大50%OFFで、関西から関東までの遠距離引越しも44,000円からとこちらも一度見積もりを出してみる価値はある金額です。

また、盗聴器発見サービスや配線・接続の有料サービスなど、女性一人の引越しには嬉しいサービスが人気です。

九州エリア

なかむらトランスポート

大分県にある地域密着型引越し業者で、別府市や九州地方の引越しに強い会社です。不用品及び粗大ごみ整理作業もでき、引越し保険にも加入しているので安心です。

沖縄エリア

沖配引越しセンター

沖縄から県外、離島と幅広いエリアに対応しており、単身の引越し荷造り荷解き無しで10,000円〜、家族で20,000円からとだいぶ格安での引越しが可能です。

↓↓上記の引越し業者は以下のサイトで無料見積もりが可能です。

近距離引越しは地元引越し業者を利用すべし

近距離の引越しは通常でも引越料金がそれほど高くはありませんが、荷物の一部を自分たちで運び大型家具や家電などを、単品で引越し業者にお願いすると安い価格で引越しをすることができます。

ですが単身者で忙しく休みが取れなかったり、小さいお子さんがいて自力は難しいという方は、地元引越し業者のフリー便を活用したりすれば、引越しの業者の見積もりは大幅に安くすることが可能ですのでおすすめです。

また、少し値段が上がってもいいから安心できる大手にお願いしたいと迷う方もいらっしゃると思いますので、その場合は引越し一括見積もりサイトを利用して、大手や地元業者からの見積もりを出してもらって価格交渉するようにし、そこから安心して任せられる業者を選ぶと良いでしょう。