【2022年7月版】単身引越しの相場は4万円!レンタカーよりも業者をおすすめする理由

引越しは何かとお金がかかるので、レンタカーを借りて引越しする人もいるようですが、単身引越しの場合には必ずしもレンタカーを使った引越しのほうが安くなるわけではありません。むしろ費用対効果を考えると業者に依頼したほうがいいケースもあります。

そこでここでは、レンタカーを借りての引越しと業者引越しを比較して、どちらを選んだほうがいいのかについて解説していきます。業者を使いながらも相場よりも安く引越しできる方法も合わせて解説しますので、これから単身引越しをするという人は参考にしてください。

単身引越しの料金相場は4万円

レンタカーでの引越しと単身引越しを比較する前に、まずは単身引越しの費用がどれくらいになるのか見ていきましょう。

●通常期(5月〜2月)

 単身(荷物少なめ)単身(荷物多め)
平均3.5万4.2万円
15km未満2.7万円3.2万円
50km未満3.0万円3.5万円
200km未満4.2万円5.0万円
500km未満5.4万円7万円
500km以上6.6万円9.0万円

●繁忙期(3月〜4月)

 単身(荷物少なめ)単身(荷物多め)
平均5.2万円7.0万円
15km未満3.6万円4.4万円
50km未満4.4万円5.4万円
200km未満6.1万円8.1万円
500km未満9.0万円11.5万円
500km以上10.0万円14.0万円

参照:引越し侍

3月〜4月の繁忙期はかなり高くなっていますが、通常期なら荷物が少ない人の平均が3万円台で、荷物が多い人でも4万円台で引越しできています。ただしこれは平均値であり、相場よりも安い料金で引越ししている人もいれば、高い料金で引越ししている人もいます。

とはいえ、それでも思った以上にリーズナブルに感じたかもしれません。引越しを業者に依頼すると、高額になるという印象があり、4万円で引越しできるのは意外な結果ですよね。さすがに長距離引越になるとそれなりの金額になりますが、高くて払えないというほどでもありません。

なぜ単身引越しの料金がこれほど安いのか、その理由を見ていきましょう。

単身引越しは家財が少ないから安い

単身引越しの料金相場が4万円前後で収まっているのは、単純に運ぶ家財の量が少ないためです。大きな家具や家電がない場合には、専用ボックスを使った単身パックが利用でき、東京から大阪までの引越しなら3万円程度で 運んでくれます。

少し家財が多いという人も、単身引越しなら軽貨物車に収まるケースが多く、その場合は引越業者ではなく軽貨物運送業者でも対応できます。軽貨物運送業者は車両の維持費も安く、個人事業主なら経費も少ないということもあり、引越し料金がかなり安く設定されています。

実際に近場への引越しを軽貨物運送業者の赤帽に依頼したら、1万円台で引越しできた というケースもあり、そのような業者の存在が単身引越しの平均金額を押し下げた結果、単身引越しの相場が4万円前後になっているというわけです。

レンタカーを借りて単身引越しをするときの費用

引越し業者を利用して単身引越しをする場合の相場は4万円前後ですが、レンタカーを利用して自力で引越しをした場合には、どれくらい出費になるのか見ていきましょう。

ハイエース12時間レンタル1.5万円
ガソリン代往復60km想定1,000円
引越し資材ダンボールなど4,000円
合計手伝いなし2万円

これらの出費だけで済む場合には約2万円で引越しできます。ただし、友人に手伝ってもらう場合には謝礼を払うことになります。現金で払うなら1人1万円が相場で、2人にお願いすると2万円かかり、トータルで4万円になります。

レンタカーでの引越しは安いというイメージがあるものの、このようにきちんと計算してみると業者に依頼するのとそれほど変わらないことがわかります。この結果を踏まえて、レンタカーでの引越しよりも業者に依頼したほうがいいという理由について、次章で詳しく解説していきます。

レンタカーでの引越しをおすすめしない理由

ここまでの説明で、単身引越しなら業者に依頼してもレンタカーで引越ししても、金額的には大差ないことがわかってもらえたかと思います。金額が変わらないなら、どちらを選んでも良さそうなものですが、出費が変わらないならレンタカーを使っての引越しはあまりおすすめできません。その理由を見ていきましょう。

  • レンタカーは事故のリスクがある
  • 返却が遅れると追加料金が発生する
  • 自分たちで運ぶと疲れる
  • 家財を落下させて破損する可能性がある

これらがレンタカーを利用して引越しをおすすめしない理由です。それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

レンタカーは事故のリスクがある

引越しに使うことが多いハイエースは車体が大きく、さらに家財を満載すると車両が重たくなるため、いつも運転している車とは操作性が違います。雨や雪でスリップする可能性もありますし、事故を起こして家財が破損するだけでなく、ケガをすることも考えられます。

引越し業者なら、扱い慣れた車で配達のプロが運ぶため、事故のリスクは下がります。安全確実に運ぶという視点で考えて、料金が変わらないなら業者に依頼するほうがおすすめです。

返却が遅れると追加料金が発生する

引越しは思った以上に時間がかかり、さらに渋滞に巻き込まれてしまうと返却予定時間に遅れてしまうこともあります。その場合には追加料金が発生します。追加料金くらいなら払えば済むことですが、返却予定時間ギリギリになると焦って運転してしまい、事故を起こしてしまうかもしれません。

業者に依頼する場合には、引越時間が長くなっても追加作業が発生したのでなければ追加料金はかかりません。この点でもやはり業者に依頼する方が有利です。

自分たちで運ぶと疲れる

あたり前のことですが、自分たちで引越荷物を運ぶと疲れます。冷蔵庫や洗濯機など単身用でもそれなりの重さになりますし、エレベーターのない建物の2〜3階にある部屋を何往復もしていると、足がパンパンになってしまいます。

体育会系で体力のある人なら問題ありませんが、運動不足の人だとケガをすることもありますし、そんな状態でレンタカーを運転するのはとても危険です。

家財を落下させて破損する可能性がある

自分で引越しするときに気をつけないといけないのが、家財の破損です。運搬に慣れていないと、冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの重量物だけでなく、食器の入ったダンボールなどを落として壊してしまう可能性があります。破損リスクは引越し業者にもありますが、業者は保険に加入しているため、損をすることはありません。

また、自分が落として壊したなら諦めもつきますが、手伝いに来てくれた友人が壊した場合には、相手も責任を感じてしまい気まずい雰囲気になってしまいます。

引越業者で4万円よりも安く単身引越しをする方法

同じ費用が4万円でもレンタカーを使った引越しはリスクも高く、できることなら業者に依頼してもらいたいところですが、それでもレンタカーで引越しをしたい人もいますよね。それでは業者に依頼すると、引越料金が半額になるとしたらどうでしょう。

2万円で業者が家財を運んでくれるなら、さすがにお任せしようと思えますよね。そこで、ここでは業者の引越料金が相場の4万円よりも安くなる方法をご紹介していきます。

赤帽などの軽貨物運送業者に依頼する

すでにお伝えしましたように、単身引越しの料金相場を下げている要因のひとつが軽貨物運送業者です。引越料金を下げたいのであれば、その軽貨物運送業者に依頼しましょう。たとえば軽貨物運送業者である赤帽なら、首都圏エリアの引越しを下記料金で対応しています。

2時間作業・走行距離20km:13,750円
※通常期の平日料金

レンタカー代とほぼ同じ金額で引越しできるわけですから、これを使わない理由はありません。他の軽貨物運送業者も同じくらいの料金設定ですので、1Kやワンルームから引越しするなら積極的に軽貨物運送業者を利用しましょう。

赤帽引越しの口コミと評判について

くらしのマーケットで格安引越し

家財を減らして単身パックで家財を運ぶ

軽貨物運送業者も遠方への引越しに対応していますが、移動距離が長くなると割高になります。そこで遠方へ引越しするなら、家財を減らして単身パックで家財を運びましょう。すでにお伝えしましたように、東京から大阪までの単身パックなら約3万円で引越しできます。

ただし運べる量に限度がありますので、家財をできる限り減らしておく必要があります。着ていない衣類や使っていない家電、家具などをできる限り処分しておきましょう。10年以上使っている家電があるなら、寿命が近いので引越しのタイミングで買い替えるのもおすすめです。

引越しは単身パック!おすすめの業者ランキング5選

引越し一括見積もりサイトを使って業者選定する

家財を減らしても単身パックに収まりそうにないなら、引越し一括見積もりサイトを利用して、業者選定しましょう。引越し一括見積もりサイトは1回の申し込みで複数の引越し業者に見積依頼できるサービスで、引越料金を抑えることもできます。

引越業者に直接見積依頼すると、業者は少しでも高い料金で配達したいので、相場よりも高い金額を提示してきます。ところが引越し一括見積もりサイト経由なら相見積もりになり、高い金額を提示すると他社に負けてしまうため、どの業者も最初から相場よりも安い金額を提示します。

しかも自分で探すことが難しい地域密着型の格安引越し業者も相見積もりに加わりますので、大手引越し業者だけで相見積もりをするよりも、さらに安い料金で引越しすることも可能です。もちろん期待するほど見積金額が安くなかった場合には、すべて断ることもできます。

レンタカーでの引越しを考えている人も、まずは引越し一括見積もりサイトを使っての見積依頼をしてみて、料金を比較した上でどちらの方法で引越しするか決めましょう。

引越し侍で一括見積もりする

引越し見積もりサイト5社を徹底比較

まとめ

引越しを業者に依頼する場合も、レンタカーを借りて引越しする場合も、料金相場は4万円前後でどちらもほぼ同じくらいの費用で引越しできます。ただし、レンタカーを借りて引越しするのはリスクが高く、運転慣れしているのでなければおすすめできません。

しかも軽貨物運送業者や単身パック、引越し一括見積もりサイトなどを利用することで、引越料金を相場の4万円よりも安くできます。近距離の引越しなら1万円台での引越しも可能ですので、レンタカーを借りるよりも安全確実かつお得です。

レンタカーでの引越しは安いというイメージがあるかもしれませんが、むしろ業者に依頼したほうが安いケースもあります。低予算だからといって安易にレンタカーを使って引越しするのではなく、まずは引越し一括見積もりサイトを使って比較した上で、どのように引越しをするのか決めましょう。