引越し見積もり後の電話はしつこくて迷惑!上手に活用する方法とは

引越し一括見積もりサイトを利用するときに、引越し業者からの電話攻勢にうんざりしてしまうことがあります。

引越の見積もりはまず、引越しに関する情報入力を行います。その情報を元に下記の2種類のいずれかの方法で、見積もりを行うことになります。

  • 電話による詳細な見積もり
  • 訪問による詳細な見積もり

見積り依頼をしたわけですから、相手から連絡が来るのは当然ですが、電話による詳細見積もりを選んだ場合、深夜の遅い時間に電話をかけてくる業者や、断ったのに何度もしつこく連絡してくる業者もいます。

そのようなしつこい電話に悩まされずに、一括見積もりを上手に活用する方法について紹介します。

引越し電話見積もり後のしつこい電話を無くす方法

備考欄に「メールでの連絡でお願いします」と記入する

どの引越し一括見積もりサイトでも、情報を入力した後に備考欄もしくはコメント欄があります。そこに「メールでの連絡でお願いします」と記入しておきましょう。

そう書いているにも関わらず電話をしてくる引越し業者もいます。コメント欄までちゃんと見ていない業者さんということになりますので、その時点で候補から落選させればいいのです。

コメントにメールでと書いたにも関わらず、電話してくるわけですから利用者のことを全く考えていない業者ですので、引越しをするときにもトラブルが予想されます。

電話があった時点で引越しの選択肢から外してください。「あなたの会社には依頼できない」ときちんと伝えることが重要です。

しつこい電話に嫌気が差して、フリーダイヤルからかかってきた電話や電話帳の登録外からの電話に対して、会話もせずに切ったという人もいるようですが、この方法では電話が鳴り止むわけではありません。

この方法で電話攻勢は激減します。少なくとも電話が鳴り続いて悩まされるという状態からは開放されますので、あとは電話で連絡してくる引越し業者をいかにして省くかだけに注力してください。

着信拒否設定をする

メールでの連絡のみにしているのに電話してきて、断っても何度もかけてくる。そんな引越し業者の電話番号は悩むことなく着信拒否にしてしまいましょう。

各携帯電話会社のサービスに迷惑電話の着信拒否の設定がありますので、そこに対象となる電話番号を入力しておきましょう。

自宅の電話でも同様のサービスがありますが、携帯電話に比べて手続きが面倒ですので、迷惑電話を見越して、引越し一括見積もりサイトでは携帯電話の番号を入力しておきましょう。

相手が電話番号を変えてくるようでしたら、その電話番号も追加してもいいのですが、そこまでして連絡してくる場合は、強めの口調で断ることも必要になります。

電話入力の必要のない一括見積もりサイトを利用する

電話番号を入力するから電話がかかってくるのです。電話番号を入力しなければ、引越し業者はメールなどで連絡してくるしか選択肢がなくなります。

引越し一括見積もりサイトによって、電話番号の入力の要・不要が違いますが、いくつかの引越し一括見積もりサイトでは電話番号入力不要なシステムを利用しています。

その中でも注目されているのが引越し侍の「ネット料金比較&予約」です。このサービスは電話番号もメールアドレスも入力不要です。

「ネット料金比較&予約」は、見積もりに必要な情報を入力するだけで、対応可能な引越し業者からの提案を一覧で見ることができ、そこから引越しの依頼をすることができます。

面倒な引越し業者とのやりとりを行わずに引越しの予約ができるため、とても評価の高いサービスになっています。

でも便利!引越し見積もりを電話で行う3つのメリット

1.最短で引越し見積もりを出してもらえる

電話見積もりはとにかくスピーディーです。荷物が少ない単身者の場合はあっという間に見積もりが完了します。

すぐにでも引越しをしたいという人や、複数の引越し業者の見積もりをすぐに揃えたいというときは電話で見積を進めてください。

2.家の中に入られない

訪問見積もりの場合は、やはりそれなりに部屋は片付けておきたくなります。面倒ですが、洗濯物や荷物が散らばった状態の部屋は見られたくないので、掃除することになるのですが、電話で見積であれば、部屋の荒れ具合を気にする必要はありません。

女性の一人暮らしのように、誰かを部屋に招き入れるのが怖いという場合も、電話見積もりであれば、その心配も不要になります。

3.自分の都合のいい時間に見積もりしてもらえる

訪問見積もりの場合は時間の調整が必要になるケースがありますが、電話見積もりの場合は、自分の空いた時間に行うことができます。

多くの引越し業者が20時過ぎまで見積もりを行ってくれますので、平日の仕事が終わったあとに見積もりしてもらうことも可能です。「いま見積もりがほしい」電話見積もりなら、そんなタイミングで見積依頼が可能です。

やっぱりしつこい!引越し見積もりを電話で行う3つのデメリット

電話での見積もりにはメリットがあるのと同時にデメリットもあります。電話見積もりのデメリットについて見ていきましょう。

1.複数の引越し業者に依頼するとストレスが溜まる

訪問引越しでも結局は時間がかかるのですが、顔の見えない引越し業者と30分近く電話をすることになりますので、想像以上にストレスがかかります。

6社に依頼をすると3時間近くかかります。ほとんどの人が3社目ぐらいで音を上げて、そこで引越し業者を決めてしまうことになります。

2.引越し料金が安くなりにくい

実際に荷物を確認しない電話見積もりは、「念のため」高めの値段設定になってしまいます。想定していたものと違ったということを最初から織り込んでおくのです。

トラックの大きさも、一回り大きめのものを用意することもありますので、どうしても割高な価格での引越しになりがちです。

3.大量の荷物がある場合は電話見積もりできない

電話見積もりは基本的に荷物が少なめの人でないと利用できません。荷物が増えれば増えるほど詳細な情報が必要になり、ちゃんと確認しないと判断できないことが多いためです。

引越し料金を高く設定してリスク回避するにしても限度がありますので、大荷物の場合は、そもそも手軽でスピーディーな電話見積もりができないと断られてしまうことがあります。

まとめ

引越し一括見積もりサイトはとても便利なのですが、便利さだけでなく電話攻勢のようなありがた迷惑な面もついてきます。引越し一括見積もりサイト側でも、この迷惑電話状態になってしまうことへの対策を行っていますので、それらのサービスを上手に使うようにしてください。

少なくとも「メールでの対応のみ」としておくことで、しつこい電話は大幅に減ることになりますので、情報入力時には必ず記載しておきましょう。

それでも電話してくる引越し業者はその場でお断りの意思を伝えて下さい。「無料にしてくれても100%あなたには頼まない」ぐらいはっきりと断ることが、引越し一括見積もりサイトを上手に使うためには必要だということを覚えておきましょう。