おすすめの引越し一括見積もりサイトと利用するメリットとデメリット

引越しをするときに便利な引越し一括見積もりサイトですが、どれも同じだと思っていませんか?一括で見積ができるというところは同じなのですが、使いやすさや対応している引越し業者数がそれぞれに違っています。

そんな引越し一括見積もりサイトの中から、おすすめできるサイトを選びました。

それぞれのサイトの特徴と、引越し一括見積もりサイトを使うメリットとデメリットもまとめましたので、引越し一括見積もりサイトを利用するときの参考にしてください。

なぜ引越し一括見積もりサイトを利用したほうが良いのか

短時間で複数の引越し業者に連絡できる

もし急な引越しだからと急いで引越し業者に電話して、1社目で割といい値段で引越しができそうならそれがベストです。ただし、5社も6社も連絡してまだ決まらなかったらどうしましょう。

1社1社こまかく連絡していたら、1社15分では済まないかもしれません。ところが一括見積もりサイトであれば、10分程度で10社以上に見積り依頼をすることができます。

これはとても大きなメリットになります。何時間もかけて1社ずつ連絡していたのが、10分の作業で完了し、しかも即日や明日の引越しが可能な業者だけが連絡してきます。

一括見積もり時に急な引越しであると伝わりますので、それに対して「来週なら」などといった、どうでもいい連絡は来ないわけです。

引越し一括見積もりサイトを利用すれば、引越し業者からの連絡も込みで30分あれば、引越し可能な業者を確保できます。

相見積もり前提の見積もりを出してくれる

急ぎの引越しだからと引越し業者に直接連絡した場合、多くの引越し業者が必ず足元を見た見積金額を提示してきます。それでも引越しできるからいいかと思って了承する人も多いのですが、結果的にはかなり割高な引越しになってしまうことがあります。

とこが引越し一括見積もりサイトを利用した場合は、急いでいるとはいえ自動的に相見積もり前提の金額で見積もりを出してくれます。

足元を見た金額を提示した場合、他社が通常の見積もりを出してきたら当然そちらに取られてしまいます。そうならないためにも、引越し業者はそれなりに安い金額を提示するしかなくなるわけです。

引越し一括見積もりサイトと利用すれば、割高な料金での引越しを避けることができるのです。

即日や翌日の場合、引越しを引き受けてくれないケースもあるので注意が必要

今日引越したい、明日引越したいという人の多くが単身者です。会社員でも緊急時に移動してもらうのは動きやすい単身者を選ぶはずです。既婚者で子供がいる人に「今日引越してほしい」なんていう職場はまずないでしょう。

ですので多くの場合、即日や翌日の引越しが可能になるのですが、それでもまれに家族の引越しで即日や翌日の引越しを依頼してくることがあるそうです。翌日はともかく即日の場合は引き受けてくれないケースが多くなります。

荷物が多すぎて、訪問しないと正確な見積もりを作れないためです。そのため、荷物が多い人や家族での引越しを急にしたいと言っても、リスクを考えて受け入れてくれない可能性が高くなります。

もし大荷物で急な引越しを引き受けてもらえないような場合は、最低限の荷物を宅配便などで送って引越しは後日にするか、もしくは多少価格は高くなっても、赤帽などのチャーター便に相談してください。

引越し一括見積もりサイトのメリット

1度の入力で複数社に見積もり依頼が出来る

引越し一括見積もりサイトがなかったころは、引越し業者のウェブサイトでいちいち入力しなければいけませんでした。A社の入力を済ませたら、同じ内容をB社でも。そんな作業を何社分もするのは大変ですよね。

おそらく3社目ぐらいで力尽きてしまうのではないでしょうか。

引越し一括見積もりサイトならそれが1回で済むわけです。たった1回入力しただけで、複数社に見積もり依頼が出来ます。これが大きなメリットの1つです。

自動的に相見積もりになる

もうひとつのメリットは、相見積もりだと引越し業者に伝えなくても相見積もり前提の見積もりを出してもらえるということです。

引越し業者のウェブサイトだけで見積もり依頼をすると、引越し業者は競合を考えずに見積もりを出してくることがあります。そこから値引き交渉が始まりますので手間がかかってしまいます。

それに比べて引越し一括見積もりサイトであれば相見積もりがあたり前なので、最初から競争を考えての価格を提示してくれるため、特に交渉しなくても納得できる金額を提示してもらえます。

引越し一括見積もりサイトのデメリット

営業の電話やメールが無数に来る

引越し一括見積もりサイトを利用した人の多くが営業の電話やメールに悩まされています。本当にうんざりするくらいの量です。

こんな感じです。

ただし、これが複数社に相見積もりをするということです。

引越し業者はぜひとも仕事を取りたいわけですから、営業担当は頑張って契約を勝ち取ろうとしてきます。この意気込みが引越し料金を下げる原動力にもなります。

この電話やメール攻勢を止める方法は、できるだけ早くに現地見積もりを依頼する業者を数社に絞ってください。決まってしまえば、選ばれなかった会社からの電話やメールは止まります。

まず最初の電話で「他社の見積が出るまで待って欲しい」と伝え、次に現地見積もりを依頼する会社にはその旨を、選ばなかった会社には「他社で決まった」と連絡するようにしてください。

引越し見積もりの電話については以下の記事で詳しく解説しています。

引越し見積もり後の電話はしつこくて迷惑!上手に活用する方法とは

引越し料金だけで決めてしまう

相見積もりが前提ですから、引越し業者が勝手に価格競争をしてくれます。

気が付くと依頼者も「どっちが安い」しか考えられなくなります。気持よく引越しができる基準は何も引越し料金だけではありません。

信頼できる業者かどうか、任せて安心な業者なのかどうかという基準も必要になります。

金額だけで選ぶと、荷物の扱いがひどく、紛失が起きたり破損しても謝りもしないという引越し業者に当たる可能性は高くなります。

それならば少しぐらい引越し料金が高くても安心して任せることができる引越し業者を選びましょう。

引越し料金ばかり追いかけてしまうのが引越し一括見積もりサイトのデメリットですが、見積依頼前に業者選びの基準を決めておけば、値段だけに惑わされることはなくなります。

おすすめの引越し一括見積もりサイト

1位 引越し侍

最もオススメしたい引越し一括見積もりサイトが引越し侍です。
登録業者数:269社(2018年3月現在)
引越しをあまりしたことがない人にとって、あまり馴染みのないサイトかもしれませんが、引越し一括見積もりサイトとしては定番中の定番です。1万7千件以上の引越し業者のクチコミ件数がその証です。

基本的には引越し一括見積もりサイトとしては、引越し侍を使っておけば間違いありません。
どうしても引越し侍で見積もりができない業者の見積もりが欲しいときだけ、他のサイトを使う方が良いです(^ ^)

2位 LIFULL引越し

LIFULL引越しは利用時の特典も多く、特典を組み合わせることで最大50%も引越し料金を下げることが出来るのもLIFULL引越しを利用するメリットのひとつになります。
登録業者数:100社以上(2018年3月現在)

登録業者数が100社と少なめですが、主要な引越し業者はもちろんおさえてありますし、赤帽を選べますので、荷物が少ない単身の引越し時にオススメしたいサイトです。

3位 ズバット引越し

キャッシュバックキャンペーンや、引越し前後に役立つオプションサービスが他サイトよりも豊富で、引越しに関するサイトのコンテンツも充実しています。
登録業者数:220社以上(2018年3月現在)

94%以上の人が「次回も利用したい」と評価している引越し一括見積もりサイトがズバット引越しです。引越し侍よりは登録業者数が少なめですが、10数社の違いですからほぼ同じくらいの規模になります。

引越しが決まってもやることはいっぱいあります

引越し一括見積もりサイトを利用して引越し業者が決まっても、一息もついている暇はありません。役場への届け出を出さなくてはいけませんし、現住居の解約手続きなどやるべきことが幾つもあります。

やるべきことが多いのも、引越し一括見積もりサイトを使いたい理由になります。引越し一括見積もりサイトを使えば、とりあえず見積り依頼を出したらすぐに、手続きに移れます。ところが一社一社連絡していたのでは、手続きをする時間の余裕がありません。

人によっては、この時間の節約が引越し一括見積もりサイトを利用する最大のメリットになるかもしれません。

まとめ

引越し一括見積もりサイトのメリットとデメリットは把握できたでしょうか?

ネットではデメリットばかり強調しているサイトもありますが、デメリットも最初からわかっていれば、実はそれほど大きなものではありません。

メリットとデメリットを考えたとき、多くの人がメリットの大きさを感じるのではないでしょうか。

引越し一括見積もりサイトを利用しようと決めたなら、ぜひここで紹介した引越し一括見積もりサイトをご利用ください。どれも安心して一括見積もりを依頼できるサイトですのが、サイト選びで悩んだときは、定番中の定番の引越し侍をオススメします。