引越し時の車の輸送(陸送)の値段と日数と注意事項
引越しのオプションにある「陸送での車の輸送」ですが、意外と利用者が多いオプションのひとつです。

車なんて自分で運べばいいやと思っている人でも、「陸送での車の輸送」のメリットについて知っておくといいですよ。

意外とあなたの引越しが「陸送での車の輸送」に向いているかもしれません。

引越しで車を輸送してもらうメリット

引越しで「陸送での車の輸送」をしてもらう最大のメリットは「長距離の運転をしなくてもいい」ことにあります。

世の中には何百kmの運転も平気という人もいますが、あまり疲れない移動を考えると1日に300km程度が限界ではないでしょうか。

特に九州から関東のような1000kmを超える超長距離の運転にもなると、事故のリスクを考えたときに、自分で運転せずに引越し業者に輸送してもらうほうがよいでしょう。

家に2台以上の車がある場合も1台は輸送してもらうほうがいいかもしれません。2台を自分たちで移動させると、事故のリスクが単純に2倍になります。

また「陸送での車の輸送」をお願いすれば渋滞のリスクも避けることが出来ます。

荷物だけ先に到着して自分たちが渋滞のまっただ中なんてことにならないようにするためにも、移動は公共の交通機関を選び、車は輸送してもらうという選択肢もあります。

車を輸送してもらうときの値段相場

車を輸送してもらう場合、オプション価格はいくらぐらいになるのでしょう?

距離によって大きく値段が変わるのですが、一般的なセダンサイズで下記のような相場になっています。

東京−大阪 30,000〜50,000円
東京−福岡 50,000〜70,000円

車種や輸送時期によって多少のズレはありますが、おおよそですが100kmあたり7000円ぐらいになります。

ただしこれはすべて陸送だけという条件で、沖縄や北海道のようにすべて陸続きでないような場所への輸送はフェリーを使いますのでオプション価格は上がります。

車を輸送してもらうのにかかる日数

車の輸送を依頼したとき、100km圏内であれば即日の引き渡しということもあるのですが、遅くとも翌々日には車が手元に届きます。

関東から関西までの輸送で5日、関東から九州までの輸送で6日というのがひとつの目安になります。

思ったよりもかかると感じるかもしれませんが、長距離の場合は安全を考えてカーフェリーを利用することが多いため、どうしても時間がかかってしまうのです。

引越し先ですぐに車が必要な場合は、先行して車の輸送を行うなど時間に余裕をもって移動させるようにしてください。

車を輸送してもらうときの注意事項

引越しの移動ですから「ちょうどいい、荷物を車に積み込もう」という人が多いようですが、車には何も載せないのが基本です。

とはいえほとんどの人が車に荷物を入れています。

バックミラーで後方確認が出来ないような、過積載でないかぎり黙認してくれることがありますが、輸送中の物損は一切補償してもらえませんので気をつけてください。

また引火リスクを避けるためにガソリンを抜いておくようにと書いてあるサイトがありますが、素人が自分でガソリンを抜くことは非常に危険ですので、必要であれば業者に抜いてもらうか、カーディーラーなどの車のプロに任せるようにしてください。

まとめ

引越しの悩みのひとつが車の輸送ですが、長距離の移動が不安な人は積極的に利用したいオプションのひとつです。

引越しを少しでも安全に、そして疲れずに行うには、車の輸送は引越し業者に任せてしまうという選択肢も検討してみましょう。

ただし、長距離になると輸送に時間がかかりますので、できるだけ余裕を持ったスケジュールで移動させるようにしてください。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。