引越し日は大安がいい?六曜を意識した縁起の良い悪い引越し日

引越しすると決めて親に報告したら「その日は仏滅だからやめたほうがいい」と言われて困ったことありませんか?だいぶ少なくなってきましたが、いまでも大安や仏滅を気にする人たちがいます。

冠婚葬祭ならまだわかるのですが、引越しまで気にすることはないと思うものの、「仏滅だから」と言われるとあまり気持ちのいいものではありませんよね。

それでは実際に引越しは大安がいいのか、そんなものは迷信だと笑い飛ばすのがいいのか、六曜と引越しの関係について紹介します。

六曜の基礎知識

すでに分かっている人もいるかもしれませんが、そもそも六曜ってなんでしょうというところから説明していきます。

六曜は中国から伝わってきた暦注で、事実かどうかは不明ですが、三国志の諸葛亮孔明が発案したとも言われています。日本に伝わってきたのは鎌倉時代で、明治時代に「暦注は迷信」として禁止されたのですが、なぜか六曜は禁止されずに、いまでも残っています。

六曜は「大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口」からなり、順番としては「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」になります。

先勝

「先んずれば即ち勝つ」の意味で、急いで行うのが吉の日です。「午前中が吉で、午後2時から午後6時までが凶」とされていますので、この日に何かを行う場合は午前中に行うとよいとされています。

友引

「凶事に友を引く」の意味で、勝負事がことごとく引き分けになる日でもあります。「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」の言葉通り、お葬式は友引にしてはいけないという言い伝えがあり、友引は火葬場を休業することもあります。

意外と知られていませんが、結婚式の引出物は、幸せをおすそ分けするという意味で、友引に発送されることが多くなります。

先負

「先んずれば即ち負ける」という意味で、なにもしないほうが良い日とされています。特に勝負事や急ぎの用は避けるべき日になります。「午前中は凶、午後は吉」とされている日でもあります。

仏滅

「仏も滅するような大凶日」という意味で、六曜の中で最も凶の日とされています。結婚式などの祝儀には向いていない日となり、仏滅に結婚式をあげる人はほとんどいません。ちなみにお釈迦様が亡くなられた日も仏滅ですが、これはただの偶然だそうです。

仏滅は「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」として、多くの人が何かをすることを避ける日でもあります。

大安

「大いに安し」の意味で、何ごとにおいても吉とされる日です。六曜の中でもっとも良いとされている日で、何をしても失敗しないということから結婚式など、何かを始める日には大安を選ぶ習慣があります。

赤口

午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)だけが吉で、それ以外は凶とされる日です。「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」とされ、火の元や刃物に気をつける日とされています。

六曜を活用した引越し術

引越しの日を大安に選ぶ人がいまでも少なくないようですが、最近は六曜を特に気にしない人が増えているようです。それでも大安は引越し料金が高くなり、仏滅は安くなる傾向にありますので、これを上手に活かさない手はありません。

あえて仏滅を選ぶ

六曜なんて迷信だと思えるのであれば、引越し料金が安くなりやすい仏滅を引越し日に選べば、他の日よりも割安に引越しすることができます。

とくに引越し一括見積もりサイトなどを使う場合は、複数社の見積もりが出てきますので「仏滅だから安い」見積もりを出してくる引越し業者がいくつか出てくるはずです。その業者の見積もりをベースに相見積もりを行えば、引越し料金はさらに下がることになります。

六曜を意識して気持よく引越しをする

六曜は迷信かもしれませんが、歴史上現在まで残っているものですから「何らかの意味はある」と考えるのも気持ちよく引越しをするためのひとつの考え方です。

とはいえ大安は引越し料金が高くなる傾向にありますので避けるとしましょう。狙い目は先勝の午前中、先負の午後、そして友引の昼以外ということになります。

大安と仏滅以外は引越し料金が変わることはありませんので、先勝の午前中、先負の午後、友引の昼以外の中で、引越しの都合のいい日を選ぶとよいでしょう。

まとめ

仏滅や大安なんて迷信だと言い切るのは簡単ですが、両親や親族の中に六曜への強いこだわりを持っている人がいて、その人が口を出してきたら引越しは大変なことになります。そんなとき「六曜なんて迷信」と言い切ると火に油を注ぐことにもなりかねません。

自分が意識するかどうかは別として、それを気にする人が世の中にいるということだけは頭に入れておきましょう。また、他の人の引越しに関しては六曜のことはなるべく口にしないようにしましょう。誰だって「仏滅だよ」なんて他の人に言われると気持ちよくありませんよね。

自分で引越しをするときは、六曜も気にならず引越しを少しでも安くしたい場合は仏滅を選び、吉を選ぶときは人気の高い大安ではなく、他の日の吉になる時間帯を選んで引越しするといいでしょう。