引越し業者にご祝儀は必要?スマートなご祝儀の渡し方

引越し業者に依頼して引越しをする場合、気になるのが引越し業者へのご祝儀ですよね。心付けやチップと呼ばれることもあるご祝儀は、どれくらいの額をいつ渡すのかで悩みますよね。そもそもご祝儀なんて必要なの?そんな疑問もあるかと思います。

ここではそんな引越し業者へのご祝儀の基本的な考え方と、スマートなご祝儀の渡し方を紹介します。

引越し業者へのご祝儀はなくても問題はない

以前は引越し業者へのご祝儀は当たり前にあったのですが、最近ではご祝儀があるケースのほうが少ないようです。きちんと引越し料金を払っているのだから、それ以上の出費は出したくないと考える人も少なくないでしょう。

引越し業者もご祝儀の要不要を聞かれると「不要」と答えるはずです。日本ではチップのような文化が根付いていませんので、引越し業者も表立って「必要」とは言えません。

傾向としては、一人暮らしの引越しのような場合はご祝儀を渡さず、家族での引越しの場合にはご祝儀を渡すことが多くなります。一人暮らしをしている若い人は、ご祝儀を渡すという感覚を持っていないのかもしれません。

特に引越し料金を1円でも安くしようと一生懸命になっていた人にとっては、ご祝儀なんて考えられないかと思います。そういう場合は無理してご祝儀を渡す必要はありません。ただし、ご祝儀を渡すことは決して無意味なことではありません。

引越し業者にご祝儀を渡すメリット

人の動きというのは感情によって大きく変わります。モチベーション高い状態で引越し作業をしてもらうのと、投げやりな状態で引越し作業をしてもらうのとでは、引越しの質がまったく変わってきます。

どんな状態でもベストをつくすのがプロですが、それはあくまでも理想論で、人はやっぱり「がんばろう」という気持ちが湧いてこないとベストはなかなか尽くせないものです。

そんな「がんばろう」を引き出すのがご祝儀の存在です。

ご祝儀を渡すことで、作業員のモチベーションが高くなります。そのため作業の質が上がるため、作業がスムーズに進むだけではなく、物損などの可能性も下がります。

これはご祝儀をもらえたからというよりも、作業員一人ひとりをきちんと見てもらっているということに対する気持ちの現われです。ですので、ご祝儀の額はそれほど重要ではありません。大事なのは「きちんと見てますよ」を伝えることです。

ご祝儀の額とスマートな渡し方

ご祝儀の額はそれほど重要ではないとはいえ、やはり気になりますよね。基本的な考え方として「作業員1人あたり1000円」くらいが相場になります。2人作業なら2000円、3人作業なら3000円といったところです。

もちろんこれより多くても少なくても問題はありません。繰り返しになりますが、金額そのものが重要ではなく、ご祝儀を渡すということが大切なのです。

渡すタイミングは作業開始前の挨拶をする時がベストです。作業後に渡しても「がんばろう」の気持ちは湧いてきませんよね。引越し作業が始まる前に渡しましょう。

できれば一人ひとりにぽち袋に入れて渡すようにしましょう。作業員のリーダーに渡すと、多くの場合で、その人のポケットに入ったまま他の作業員の手に渡ることはありません。この場合も作業員の頑張りにはつながりませんので、ご祝儀の意味がなくなります。

「お茶代にしてください」「お昼の足しにしてください」と言って渡すと、相手も気持ちよく受け取ってくれます。

ただし、引越し業者によってはご祝儀の受取を禁止している業者もありますので、そのような場合はあまりしつこく渡そうとしないでください。現金ではなく、作業中にペットボトルのお茶やお弁当などを渡してあげるだけで十分です。

まとめ

引越しの作業員にご祝儀が必要かどうかという議論は、これからもなくなることのないテーマですが、時代の流れとともにご祝儀を渡さない、ご祝儀を渡すという文化を知らないという人たちが増えています。

ご祝儀はあくまでも「よろしくお願いします」の挨拶のようなものです。建前上は渡しても渡さなくても引越し作業に差がでることはありません。

それでも、やっぱりもらえた側は嬉しいものです。そして引越し作業にプラスになることはあっても、マイナスになるようなことはありません。どうしようか悩むのであれば、ご祝儀の用意をしておきましょう。