まざま

まずウォーターサーバーの扱いですが、これはウォーターサーバーの業者ごとに対応方法が変わってきますので、各社のサイトを確認するか担当者に連絡をしてください。

ウォーターサーバーの業者であるコスモウォーターは無料で新しいサーバーに交換するサービスや天然水を2本無料でプレゼントするサービスなどを行っている業者もあります。

多くのウォーターサーバー業者が「自分でウォーターサーバーを移動させてください」というスタンスですが、ウォーターサーバーが壊れやすい場合は、一旦回収し新居に新しいサーバーを送るスタイルの業者もいます。

いずれにしても水の配送先変更の連絡はしなくてはいけませんので、そのときにどのような対応をすればいいのか確認するようにしてください。

引越し業者が移動させるときの注意点

ウォーターサーバー業者に「自分で移動させてください」と言われた場合は、引越し業者に任せてしまえば問題ありません。

ただし、ウォーターサーバーとボトルは切り離しておかなければ輸送中に故障する恐れがありますので、引越し前にはボトルは使い切るようにしてください。

このときウォーターサーバーの水抜きを忘れないようにしてください。

すべての水を抜いておかないと輸送中にこぼれて他の荷物を濡らしてしまうこともありますので、水抜きは確実に行ってください。

背面にお湯用の水抜き口がある場合もありますので、しっかり取扱説明書を読みながら行うようにしてください。

ウォーターサーバーの交換になる場合

ウォーターサーバーの強度があまりないような場合は、ウォーターサーバー本体を業者が引き上げることになります。

このときに新しいサーバーになることもあれば、メンテナンスをしてそのまま新居に届けることもあります。業者によって対応が違いますので確認してください。

この場合もまずはウォーターサーバー業者に連絡し、いつ回収に来てもらえるのかのスケジュール調整を行いましょう。

ウォーターサーバーを使っていると、水道水は飲みたくないという人もいるでしょうから、ちょうどいいタイミングで回収・再設置をしてもらえるように早め早めに依頼してください。

引越し先でウォーターサーバーが使えない場合

引越し先の住所がウォーターサーバーの配送範囲外だった場合は、残念ながら解約するしかありません。

この場合は解約を行い、新居にも配送可能なウォーターサーバー業者に切り替えるようにしましょう。

契約期間内の場合は解約金がかかりますが、使えないウォーターサーバーを持っていても仕方ありませんので、解約をするようにしてください。

またいずれ引越しがあるかもしれない場合は、今度は全国配送可能な大手のウォーターサーバー業者を選ぶようにすると、次回の引越し時に解約せずに同じ水を使い続けることが可能です。

とはいえ好みの水というものがあると思いますので、もう一度ウォーターサーバーの選び直しから始めてください。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーの最初の契約は特に考えずに、ショッピングモールなどで試飲して決めた人は多いのではないでしょうか。ここではウォーターサーバーを新規で選ぶことにした人のために、ウォーターサーバーの選ぶポイントについて紹介します。

引越し先の住所での配達が可能かどうか

まず最初に考えなくてはいけないことは、引越し先の住所に水の配達が可能かどうかということです。どんなに気に入った水があっても、配達の範囲外だとそのウォーターサーバーを選ぶことは出来ません。

各ウォーターサーバー会社のHPなどで配達範囲を確認し、わかりにくようであれば、電話やメールで問い合わせするようにしてください。

水の種類は天然水かRO水か

ウォーターサーバーを使っている人でも意外とわかっていないのが天然水とRO水の違いです。

ウォーターサーバーには天然水のものとRO水のものがあり、天然水は読んで字のごとく天然の水になります。もちろん安全のためにろ過と加熱処理は行いますが、天然のミネラルを含んだ状態で口にすることが出来ます。

RO水は水道水などの原水をろ過して、RO膜と呼ばれるフィルターでミネラルも取り除き、いったん純水に近い状態にします。その純水にミネラル成分を添加したものがRO水になります。

RO水は原水を選ばないため、比較的低コストに抑えることができる特徴があります。RO水のほうが不純物が少ないため、安全というイメージを持っている人が多いようですが,安全性はどちらもそれほど変わらず高水準で安全性を保っています。

どちらが優れているというのではなく、味にこだわる人は天然水、不純物を徹底して取り除いた水を安く飲みたい人はRO水と、それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

ウォーターボトルは回収タイプか使いきりタイプか

ウォーターサーバーのボトルは大きく分けて2種類あり、ひとつが使用後に回収する回収タイプで、もうひとつが使用後に破棄する使いきりタイプです。

回収してリサイクルするほうが地球にやさしいように感じますが、回収したボトルの洗浄や、結局廃棄してしまうことも多いため、「エコ」という意味では、思った以上に回収タイプもエコでないということは頭に入れておきましょう。

むしろ回収タイプのボトルのメリットはボトル代がかからないため、低コストになるということのほうが大きいかもしれません。

使いきりタイプは使用後に小さく縮むため場所を取らず、しかもすぐに捨てることが出来ます。ゴミの日に捨てればいいだけですので、使いきったボトルが溜まっていくこともありません。

何よりも使い切りということで、衛生面での安心があります。

回収タイプのボトルはRO水によく使われ、使いきりタイプは天然水によく使われます。ボトルで水を選ぶというよりは、水を選んだ結果ボトルが決まったという人のほうが多いかもしれません。

どちらの水にしようか悩んでいる人は、回収タイプと使いきりタイプそれぞれのメリット・デメリットを考慮した上で検討すると、ウォーターサーバーを選びやすくなります。

おすすめのウォーターサーバー

1位 コスモウォーター

もっとも選ばれているウォーターサーバーがコスモウォーターです。

11種類のウォーターサーバー本体と3種類の天然水が特徴で、好みや使用用途に応じたウォーターサーバー選びができるのが人気のヒミツです。

女性やお年寄りでもボトルの交換が簡単なタイプのウォーターサーバーが人気で、面倒だったボトル交換をスムーズに行えるような工夫がされています。利用者の声を活かしたサービスを展開することで、信頼関係を築き上げていることがコスモウォーターの特徴でもあります。

  • 天然水(3種類)
  • 使いきりタイプ(ワンウェイ方式)
  • 送料無料
  • レンタルサーバー料無料

2位 サントリー天然水サーバー

サントリーの南アルプスの天然水を自宅で利用できる格安に利用できることが、サントリー天然水サーバーの特徴です。500mlで約74円という低価格で、安心のサントリーの天然水を飲めるということで人気が高いウォーターサーバーになっています。

サントリーという知名度と信頼で人気がありますが、サービスのレベルも高くウォーターサーバーもスタイリッシュですので、実用面でもサントリー天然水サーバーを選ぶ人が増えています。

水の種類:天然水
ボトルの種類:使いきりタイプ(ワンウェイ方式)
送料:無料
レンタルサーバー料:無料

3位 フレシャス

2016年オリコン日本顧客満足度ランキング「ウォーターサーバー ナチュラルミネラルウォーター」で1位を獲得したのがフレシャスのウォーターサーバーです。最新のウォーターサーバーdewoはグッドデザイン賞も受賞し、いま最も勢いのあるウォーターサーバー業者でもあります。

2種類の天然水から水を選ぶことができ、どちらも品質の高さと水の味に定評があります。ウォーターサーバーもライフスタイルに合わせて選ぶことができるため、1人暮らしでもウォーターサーバーを使用しやすいのがフレシャスの特徴のひとつになります。

水の種類:天然水(2種類)
ボトルの種類:使いきりタイプ(ワンウェイ方式)
送料:無料
レンタルサーバー料:無料